ルイス・スアレスは6年間で獲得した13個のトロフィーに加えてレオ・メッシらチームのキャプテン達と一緒にカンプ・ノウのピッチでポーズをとった。

ルイス・スアレスのFCバルセロナ最後の日を最高の形で送り出そうと、コロナウイルスの流行によって入場が制限されたなか、妻のソフィア・バルビと子供達をはじめ、バルトメウ会長やクラブの責任者達、そしてメッシと妻のアントネラ・ロクソ、ジェラール・ピケ、セルヒオ・ブスケツ、セルジ・ロベルト、そしてジョルディ・アルバの姿もあった。

「プレイステーションで見た人たちと並んでプレーする夢が叶った」と話したスアレスは、偉大なチームメイトと写真に納まりカンプ・ノウに別れを告げた。この写真はスアレスの思い出に永遠に刻まれるだろう。