バルサ 立ちはだかる偉大な壁

バルサ 立ちはだかる偉大な壁

ジャンルイジ・ブッフォンは39歳となった今も記録を更新し続けており、その偉業はとてつもない偉業に思える。そして、ユベントスとイタリア代表での最後が近づいてきており、あと1年半で現役を引退するとしている。

なお、日曜日に行われたサンプドリア戦の65分、ジャンピエロ・ボニペルティを抜き、2001年8月26日ベニス戦でのデビュー以来ユベントスでの出場時間を39,705分に更新し、歴代1位となる最長出場記録を樹立している。
ボニペルティは、元ユベントスの選手であり1971年から1990年までユベントス会長も務めている。なお、ボニペルティの記録は1946年から1961年に亘り15年間プレーし、39,680分であった。

試合後、ブッフォンは次のように語っている。
「記録を達成できてとても嬉しい。しかも、ビッグクラブでタイトルをいくつも獲得しながらの記録達成に感激している。記録を誇りに思うが、これからも出場時間を更新し続けられることを望んでいる。」

また、ブッフォンは来たるチャンピオンズリーグ準々決勝FCバルセロナ戦について、「バルサと2試合を戦わなければならないのは非常に厳しいが、これがチャンピオンズリーグだ。それと同時に優れたチームと対戦ができることは、喜ばしいことだ。」とも述べている。

関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索