人気薄のディープ産駒が狙い目。小倉記念は3頭の穴馬がアツい配当を生む

人気薄のディープ産駒が狙い目。小倉記念は3頭の穴馬がアツい配当を生む

 8月6日に行なわれるGIII小倉記念(小倉・芝2000m)。「夏のローカル競馬」「小回り」「ハンデ戦」……と、まさに”荒れる要素”が詰まったレースは、過去の結果を見てもそのイメージどおり、頻繁に”波乱”が起こっている。

 例えば昨年は、ブービー人気(12頭中11番人気)のクランモンタナが勝利。2着は4番人気のベルーフ、3着には6番人気のエキストラエンドが入って、3連単の配当は32万1730円もついた。

 2009年も、16番人気のダンスアジョイが勝って大波乱。単勝が6470円、3連単は97万8500円という超高配当となった。さらに、翌2010年も9番人気のニホンピロレガーロが快勝し、続く2011年も15番人気のキタサンアミーゴが2着に突っ込んでくるなどして、荒れるケースが続出している。

 今年は13頭立てと比較的頭数が落ち着いたレースとなるが、12頭立ての昨年も波乱の決着だった。であれば、今回も荒れると踏んで、貪欲に「穴馬」を狙っていくべきだろう。

 そこで、過去10年の傾向をもとにして、波乱の立役者となる「伏兵馬」を探っていきたい。

 小倉記念の傾向として、まず取り上げたいのは「父の父がサンデーサイレンス」という馬の強さだ。2008年〜2016年までなんと9年連続で、その血統の馬が勝ち星を挙げている。

 もちろん、今やサンデーサイレンス系は、日本の競馬界を制圧しようかという状況にある。それだけに、その血筋が強いのは当然のことと言える。ただ、9年連続というのは、そう簡単なことではない。父方が「サンデー系」という血統が強いGI有馬記念でも、一昨年は父の父が”非サンデー”のゴールドアクターが勝っている。

 とすれば、今回も「父の父がサンデーサイレンス」という馬が狙い目。特に最近は、人気薄のディープインパクト産駒の好走が目立つ。昨年の勝ち馬クランモンタナや、同3着となったエキストラエンド(6番人気)、あるいは2014年に2着と好走したマーティンボロ(6番人気)などがいい例だ。

 その点を踏まえると、今回浮上するのは、フェルメッツァ(牡6歳)とケイティープライド(牡7歳)。どちらも、父ディープインパクト、父の父サンデーサイレンスという血統である。


 フェルメッツァは今年1月にオープン入りすると、前々走のオープン特別・福島民報杯(4月16日/福島・芝2000m)で2着、前走のGIII七夕賞(7月9日/福島・芝2000m)で5着と奮闘し、着実に結果を出しつつある。

 しかも、今回と同じような条件となる、小回りの2000m戦で好走しているのはプラス材料。長らく条件馬だったが、2歳時にはあのモーリスと接戦を演じ、3歳時にはGIIIアーリントンC(阪神・芝1600m)で3着入線を果たすなど、重賞でも通用する資質を秘めている。一発があっても、不思議ではない。

 ケイティープライドは、3カ月の休み明けとなった前走のGIII函館記念(7月16日/函館・芝2000m)で5着と健闘した。それも、勝ち馬からコンマ2秒差という接戦だった。

 しばらく勝ち星からは遠ざかっているが、昨年の函館記念で2着、12月のGIIIチャレンジC(阪神・芝1800m)で3着と、重賞での好走歴もある。それぞれ、13番人気、11番人気での結果だけに、今回も人気薄での激走を期待してもいいのではないか。

 さて、冒頭で過去の小倉記念で波乱の立役者となった面々の名前を挙げた。クランモンタナ、ダンスアジョイ、ニホンピロレガーロ、キタサンアミーゴの4頭だが、これらに共通する部分から、今回の「穴馬」候補を絞り出してみたい。

 4頭に共通するのは、いずれも「重賞では勝ち切れないものの、善戦の経験がある」こと。さらに、「近走でもオープン特別以上で、それなりの走りを見せている」ことだ。

 クランモンタナは、2年前にGIII新潟記念(新潟・芝2000m)で2着に入っていた。そして、小倉記念を勝つ直前は、前年末のディセンバーS(中山・芝2000m)で3着、同年春の福島民報杯で4着と、オープン特別では善戦していた。

 ダンスアジョイも、2年前のGII京都大賞典(京都・芝2400m)と、GIIアルゼンチン共和国杯(東京・芝2500m)で、ともに4着と奮闘。レース直前には、2走前のオープン特別・メトロポリタンS(東京・芝2400m)で3着という結果を残していた。

 ニホンピロレガーロは、前走のGIII新潟大賞典(新潟・芝2000m)で3着と好走していたうえ、2走前にはオープン特別を勝っていた。また、キタサンアミーゴは2走前のオープン特別で5着と踏ん張って、同年2月のGIIIダイヤモンドS(東京・芝3400m)で3着と重賞での好走歴があった。

 今年のメンバーから、これらの馬と似たような存在を探すと、1頭の候補が浮かび上がってきた。

 スピリッツミノル(牡5歳)だ。

 今年はここまで6戦して勝利はないものの、GII阪神大賞典(3月19日/阪神・芝3000m)、GIII鳴尾記念(6月3日/阪神・芝2000m)と重賞で2度、5着と善戦。年明けの万葉S(1月5日/京都・芝3000m)では3着と、オープン特別ではそれなりの結果を残している。まさしく、過去に波乱を起こした4頭の「共通点」と一致している。

 そもそも3歳時にはオープン特別のすみれS(阪神・芝2200m)で3連勝を飾って、牡馬クラシックに挑んだ馬。重賞戦線でもまれてきた近走の経験を生かせば、この舞台での大駆けがあってもおかしくない。

 夏真っ盛りの中、熾烈を極めるハンデ戦。今年も”熱い”配当を期待して、大胆な勝負を挑んでみてはどうだろうか。


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索