平昌に出られるのか。パラアイスホッケー日本代表の運命をかけた戦い

平昌に出られるのか。パラアイスホッケー日本代表の運命をかけた戦い

 冬季パラリンピックの人気競技・パラアイスホッケー(※)。来年の平昌大会の出場枠は「8」で、今年4月の世界選手権で上位に入った、カナダ、アメリカ、韓国、ノルウェー、イタリアの5チームがすでに出場権を獲得している。残り「3」枠は、今年10月の最終予選(スウェーデン)で決まる。日本はこの最終予選に出場し、強豪のスウェーデン、ドイツ、チェコ、スロバキアと「運命」をかけた戦いに挑む。
※アイススレッジホッケーから名称変更

 運命をかけた戦い――。これはあながち大げさな表現ではない。2010年バンクーバーパラリンピックで銀メダルを獲得した日本代表は、ソチ大会の最終予選では敗れ、長野大会から続くパラリンピック連続出場を逃した。世界のトップグループから外れたことで、それ以降、海外勢と交流する機会が減り、試合勘を養う手立てを失った。2015年の世界選手権では最下位の8位に沈み、2度目のBプール(2部に相当)降格を経験。昨季、そのBプール世界選手権で2位になり、Aプール再昇格を決めたものの、実戦不足は解消できていない。また、世代交代や新人発掘も思うようには進まず、いまだ長いトンネルから抜け切れずにいる。

 その間に日本を置き去りにするかのように、かつてのライバルだったカナダやアメリカなど、トップチームの競技力は数段上にレベルアップした。いかに世界との差を詰めることが難しいかを、今、日本代表は嫌というほど体感しているところだ。

 キャプテンの須藤悟は、「パラアイスホッケーは本当に素晴らしいスポーツ。でも、このままだとこの国からこの競技がなくなる可能性だってある。それだけは避けなければ。2大会連続でパラリンピック出場を逃すことは、絶対に許されない」と、強い口調でこれまでにない危機感をあらわにしている。

 崖っぷちの状態で迎えた今季、日本は最終予選突破を使命に掲げる。海外在住の中北浩仁監督不在の間は、代表合宿で高橋泰彦、町井清両アシスタントコーチに加え、今年5月からは、元男子日本代表GKで、かつて女子日本代表監督を務めた信田憲司氏がコーチとしてチームをサポートしている。当初はGKのみの指導に当たっていたが、今ではスタッフや旧知の仲である中北監督とコミュニケーションを取りながら、自身の多彩な経験と豊富な知識をもとにチームの再構築に力を注ぐ。

 信田コーチは、守りから試合を作る「ディフェンスファースト」のスタイルだ。世界に目を移すと、どのチームもディフェンシブで、須藤も「これが世界のスタンダードになっている」と言う。実力が図抜けているカナダとアメリカ以外のチーム、とくに下位チームは力が接近しており、最終予選においても、日本の守りを重視したシステムが機能し、イージーミスが減れば、勝機があるとみている。

 そんな日本代表が8月、久しぶりの国際試合に挑んだ。現在世界ランキング3位の韓国代表との親善試合で、平昌パラリンピックのパラアイスホッケー会場である江陵(カンヌン)ホッケーセンターで3日間にわたって行なわれた。日本代表にとっては、現在の実力を測り、課題を洗い出す絶好の機会。選手17人でさまざまなセットを組み、練習の成果を確かめるとともに、世界3位に通用する動きの可能性を探った。

 だが、初日から躓(つまず)いた。日本は試合開始早々に失点すると、ブレイクアウト(攻め出し)やディフェンディングゾーンカバリッジ(自陣ゴールのあるエリアの守りのシステム)が徹底できずにリズムを失い、0−3と完敗。「パスの判断が甘く、選択がすべて逆。今までやってきたことのほとんどができていない」と信田コーチからは厳しい言葉が出た。

「まだこのレベルなのか!?」と信田コーチに喝を入れられた選手たちは、試合のビデオミーティングで動きを再確認。気合いを入れて臨んだ2日目の試合では、序盤から落ち着いてポジションを取り、ゲームメークをした。しかし、第1ピリオド終了3分半前に、パワープレーのチャンスながら数的不利の相手にまさかのゴールを決められてしまう。第2ピリオドには日本ゴール前のフェイスオフから追加点を入れられ、第3ピリオドにはパワープレーのチャンスから吉川守のゴールで1点差に追い上げたものの、試合時間残り23秒で韓国にシュートのリバウンドを決められ、1−3で再び敗れた。

 平昌パラリンピックのホスト国・韓国は、国内選考が熾烈を極める。翌日の第3試合では、エースのチョン・スンファンら主力選手をベンチから外し、代表の生き残りをかけて若手選手を中心とした布陣を用意した。試合は日本が攻め上がる展開が続くが、先制点を挙げたのはやはり韓国。さらに第2ピリオドには日本がオーバーメンバーの反則から失点し、流れを引き寄せることができない。ようやく光明が差したのは第3ピリオドだ。開始直後のフェイスオフからパックをキープした日本は、熊谷昌治が待望のシュートを決めると、その勢いのまま相手のペナルティーから得たパワープレーのチャンスで再び熊谷が得点。2−2の引き分けに持ち込んだ。

 3試合して1分2敗。「試合ごとにレベルアップできたことは評価する」と信田コーチは言う。特に2、3試合目は、序盤から心掛けた丁寧なフォアチェック(アタッキングゾーンで相手選手に身体やスティックでプレッシャーをかけること)が韓国にボディブローのように効き、2ピリオド後半からは相手の動きを止めることに成功した。

 ただ、今回の最も大きな収穫は、「課題」が明確になったことだ。最後の試合では、引き分けまで持ち込みながらも逆転は叶わなかった。結局「1勝」もできなかった要因は、長年の課題である”得点力不足”に尽きる。シュート数の少なさ、さらにパス精度と枠に飛ばすシュート精度の修正は、早急に対策が必要だ。最終予選になれば当たりはより強くなり、体力と持久力を考えれば、「各セットの実力の平均化も不可欠」(須藤)だ。

 また、ピリオドの始めと終わりに点を取られたことも大きな反省点と言える。いつもと同じメンバーで行なう国内合宿では、同様の場面を想定して練習しても、危機感は生まれない。やはり、ゴール前での泥臭いプレー、ゴールへの執着心も含め、実戦で身に染みこませていくしかない。中北監督も、「本番では簡単に中に入らせてもらえない。どうやってオープンスペースを作るのか、もう一度、フォアチェックのシステムを構築していかなければいけない」と話す。

 その意味では、8月24日からのイタリア遠征は最終予選前に実戦感覚を磨くラストチャンスになる。世界5位のイタリアはスピードこそないが、ゴール前の守備が堅く、スウェーデンやスロバキアを想定したプレーの確認ができる。数少ない海外勢とのテストマッチでいかに多くを吸収し、選手自身が主体性をもって課題を克服し、次につなげることできるか。

 最終予選まで、あと2カ月。日本代表の底力が問われる時がきている。

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索