どん底ヤクルトにも希望はある。ツバメの卵がようやく孵化し始めた

どん底ヤクルトにも希望はある。ツバメの卵がようやく孵化し始めた

 今年のヤクルトから明るい話題を探すのは難しい。川端慎吾、畠山和洋、雄平、バレンティン、大引啓次、中村悠平といったレギュラー陣が故障により相次いで登録抹消され、チームの柱である山田哲人も長く不振にあえいでいる。再建を予感させた投手陣もやがて疲弊し、10連敗以上を2度も喫するなど、現在セ・リーグ断トツの最下位に甘んじている。

 しかし今、二軍から這い上がってきた藤井亮太(4年目/29歳)、奥村展征(4年目/22歳)、山崎晃太朗(2年目/24歳)たちが躍動。チームにようやく”勇気”と”希望”が湧いてきた。

 7月下旬、神宮球場の外野でプロ12年目の飯原誉士と山崎が並んでランニングをしていた。早出練習のティーバッティングの前のことで、遠目からでも会話しながら走っていることが確認できた。

「飯原さんには、自分の考えを持って、準備をして打席に入ることの大切さを教えてもらいました。坂口(智隆)さんもよく話しかけてくださるので、一軍でソワソワしている自分にとっては本当に助かっています」(山崎)

 早出練習を終えた飯原にも声をかけた。

―― 連敗中、緊張感が保たれていたのはベテラン選手が積極的に若手に声をかけているからだと感じました。

「みんなで『今いる選手でなんとか走っていこう』と話し合いをしたなかで、僕にできるのは何かを考えたんです。若い選手に声をかけることで、彼らがやりやすい環境をつくれているのかはわかりませんが、今はうまいことできているのかなと。やっぱりチームがいい方向にいってほしいですし、勝たないと面白くないですからね」

 停滞が続くヤクルト打線に変化が起きたのは、7月25日の中日戦からだった。山崎、藤井、奥村の3人が先発起用され、揃ってマルチ安打(2安打以上)を記録。チームも9対8とサヨナラ勝利を果たした。

 山崎は、自慢のスピードと粘り強さ、つなぎのバッティングでスタメン出場を続けている。ここまでのバッティングについて聞いてみた。

「まず、フライを上げないことを意識しています。低く強い打球をセンターから逆方向へ打つ。ランナーがいる場面では、走者がアウトになったとしても自分は塁に残る。つながりという面では、坂口さんの出塁率が高いので、自分がバレンティンや山田さんにどういう形でつなげられるのか。そこを考えています」

 山崎はヒットであれ、凡打であれ「納得する打席が増えています」と話す。

「7月28日の広島戦で九里(亜蓮)さんから打ったヒットは、理想と違うところに飛んだのですが納得できるものでした。坂口さんが一塁走者だったので、『一、三塁のチャンスをつくろう』と、一、二塁間を抜くことを考えて打席に入ったんです。そのことを意識した上で、九里さんがストライクを取りにきたストレートを素直に三遊間に打つことができた。瞬時の状況判断ができた打席だったと思います。巨人のマイコラスとの対戦でも、アウトになりましたが理想とする打球が打てました。僕のプロ初打席はマイコラスだったのですが(2016年7月31日、3打数0安打、2三振)、その投手にも対応できる力がついたと実感できました」

 プロ4年目ながら29歳の藤井は、捕手登録ながらほとんど三塁手として試合に出場。ダイナミックな守備でチームの窮地を何度も救ってきた。

 奥村は2013年のドラフトで巨人から4位指名を受けプロ入り。2年目にFAで巨人に入団した相川亮二の人的補償としてヤクルトに移籍。エラーをしても次の打席で取り返そうとする必死さと、積極的なプレーでチームに活気をもたらしている。前出の飯原に、二軍で一緒にプレーしていたときの奥村の印象を聞くと、こんな答えが返ってきた。

「元気がいちばんありました。どんな点差であれ、集中して一生懸命でガッツもある。みんながそうあってほしいと思わせる選手です」

 奥村自身は、一軍での経験を重ねるごとに成長を感じとっている。

「試合に出ることで吸収することは多いです。『昨日、こんなプレーがあったから、今日はこうしよう』とか。ミスをしてもそれが経験となり、次に同じようなプレーになったときに、頭のなかで整理してできると思います。今は自分ができることをしっかりとやるだけです。結果を出すことに加えて『(監督が)奥村はこういう選手だったんだ。使ってみたいな』という気持ちになるようなプレーをしていきたいです」

 今シーズンのヤクルトは、主力選手に故障離脱が続いたことで、多くの若手にチャンスが訪れた。藤井、奥村、山崎のほかにも、谷内亮太(5年目/26歳)、西浦直亨(4年目/26歳)、廣岡大志(2年目/20歳)たちがそうだ。しかし、存在感を見せつけてくれる選手は、残念ながら出てこなかった。三木肇ヘッドコーチは、若手がチャンスを生かせなかったことについて、こう話す。

「若さという言葉でくくれば、たしかにがむしゃらさは必要です。ただ、チームとしては起用するからには結果を求めます。自分のスイングを一生懸命すれば凡打でもいいということはありません。思い切りだけで結果を出し続けられるほど、プロ野球の世界は甘くありません。若い選手は『結果を出さなければ』と、自分のやってきたことだけに全力になりがちです。それでは一軍レベルのピッチャーに簡単にやられてしまいます。自分のことを知り、相手のことも知ることが大事です。試合前の準備、試合中での予測や状況判断力を身につけた上で思い切ったプレーをする。練習にしても、汗を流して、一生懸命やりましたではなく、どんな目的をもって取り組んだのかを説明できるようになってほしい。そこが大事だと思います」

 奥村も山崎も、一発回答で今の活躍があるわけではない。奥村は昨シーズン、一軍で4試合に出場するも6打数0安打。今シーズンは6月23日に初昇格するも、出場機会なく1週間も経たないうちに二軍降格。そして2度目の昇格でプロ初ヒット、初打点を記録し、今に至っている。奥村は言う。

「去年は一軍の雰囲気に呑まれてしまいました。ガチガチになってしまい、自分のプレーがまったくできませんでした。代打から始まったのですが、『この1打席しかない』という気持ちが強すぎた。今はまず、自分の持っている力を素直に出す。それ以上のことを考えないように意識しています。同じ失敗を繰り返したくないですから」

 山崎は4月12日に今季初めて一軍昇格を果たしたが結果を残せず、23日に二軍降格。今回の再昇格までに3カ月の時間を要した。山崎が振り返る。

「ファームに戻ってからの1カ月は『今までやってきたことは何だったんだろう……』と落ち込んで、何も考えることができませんでした。そのなかで、松元(ユウイチ)コーチや北川(博敏)コーチと話し合い、そこから自分のスタイルを確立できそうな手応えを感じることができました」

 山崎はイースタンリーグで打率1位、盗塁1位の結果を残して再昇格。「あの3カ月が今の打席につながっています」と山崎は言う。松元コーチ、北川コーチとの会話はどんなものだったのか。松元コーチに話を聞いた。

「山崎は足を生かさないと、打者としての特長が生きません。だから、強い打球ではなく、強いゴロを打つように、しつこく言いました。試合になれば『きれいなヒットを打ちたい』という気持ちはわかります。でも、チームとしては足を生かしたバッティングをしてほしい。きれいな打球を打ったところで、結果が出なければ生き残れない世界です。内野安打でもヒットはヒット。自由に打たすことはなかったですね(笑)。

 逆に、奥村は山崎ほどスピードがないので、『バットを振り切ることが大事。強いライナーを打とう』と、しつこく言いました(笑)。もともと彼は、走り打ちをする傾向があったので、しっかり振り抜いてから走るように言いました。ふたりとも練習のときから常に考えてやっていたので、それが自分のためになりましたよね」

 チャンスをもらった若手たちのシーズンは、まだ終わっていない。廣岡は二軍でホームラン1位、二塁打1位と長打力を伸ばしながら、打率も昨年より大きく上昇している。一軍での経験を無駄にしていないと、廣岡は言う。

「追い込まれてからヒットや四球が増えていることが大きいと思います。三振も多いですが、去年と比べれば納得できています。(大差でリードされた9回の打席で四球を選んだ)昨日の打席も、去年なら間違いなく一発狙っていましたけど、粘って出塁することで逆転もあります。雑なことはできないですし、同じ失敗は繰り返したくないですから。これまで一緒にやってきた選手(奥村や山崎)が一軍で活躍していますが、負けたくない気持ちはあります」

 7月27日、チームはバレンティンの2本の本塁打などで中日に大勝。中日との3連戦でヤクルトは31得点を挙げた。試合後、クラブハウス前での囲み会見でバレンティンは言った。

「主力選手たちのケガで空いている穴を、若手が埋めてくれるようになりました。彼らの、何とかして塁に出ようとする気持ちが伝わってくるので、こちらも絶対にホームに還してやろうという気持ちが強くなります。いい相乗効果になっていると思います」

 囲み会見を終えて球場に戻ると、ベンチ裏にある鏡の前でバットを振る選手の姿があった。誰かと思ってのぞき込んでみると、西浦だった。少し離れたところからプロ13年目の大松尚逸がアドバイスを送っている。試合後の素振りは、球場の照明が落ちても続いた。

 今季、西浦は開幕からサードを任されるも、極度の不振に陥り、6月14日に二軍降格。7月上旬に再昇格を果たした。

「(試合後の素振りは)大松さんがいつもやっていたのですが、それを見て僕も取り入れてみようかなと。やっぱり、野球がうまくなりたいですから」(西浦)

 今は苦しい戦いが続いている。それでも若手たちの野球に取り組む真剣な眼差しを見ると、「絶対にやってくれるはず」と思えてくるのだった。

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索