アルビレックス「らしさ」を失い降格。荒野からの再生に何をすべきか

アルビレックス「らしさ」を失い降格。荒野からの再生に何をすべきか

 とうとう、”その日”はやってきた。

 クラブに関わる誰もが、おそらくはもはや不可避と知りつつ、それでも信じた奇跡は、ついに起きなかった。

 J1第32節、最下位のアルビレックス新潟は、15位のヴァンフォーレ甲府を1−0で下した。J1残留のためには、ひとつの引き分けさえ許されないなかでの2連勝である。

 しかし、無情にも同時刻に行なわれていた試合で、16位のサンフレッチェ広島がヴィッセル神戸に2−1で勝利したとの知らせが届いた。

 新潟の16位以下が確定、すなわち、J2降格の決定である。

 降格決定を受けて試合後に会見を行なった、新潟の中野幸夫社長が「(昨季から)かなり選手が入れ替わったなかで、スタートダッシュが利かなかった」と話したように、今季の新潟は開幕当初から苦しい戦いを強いられた。ようやく初勝利を挙げたのは第7節。1勝7敗2分けで第10節を終えると、今季就任したばかりの三浦文丈監督が早くも辞任するに至った。

 その後、呂比須ワグナー監督を迎えるも、6連敗と4連敗を含めた16試合未勝利が続くなど、浮上の兆しは見えず。10月以降の最近4試合は3勝1分けと、ようやく勝ち点が伸び始めたが、時すでに遅し、だった。

 実際、降格決定は第32節まで引き延ばされたが、第30節を終えた時点で事実上、”詰んでいた”。残り4試合で、15位の甲府との勝ち点差は12。新潟が全勝し、甲府が全敗すれば勝ち点のうえでは追いつけるが、その時点で得失点差が21もあっては、現実的には逆転不可能だった。今季初の連勝も、間違いなく訪れる”Xデー”を先延ばしにするだけに過ぎなかった。

 新潟は昨季、一昨季と2年連続でJ1残留ギリギリの15位に終わっていた。しかも、昨季の勝ち点はわずかに30。J1が18クラブに固定された2005年以降の残留ライン(15位の勝ち点)としては最低の数字で、例年なら降格していても不思議はなかった。

 にもかかわらず、新潟の反応は鈍かった。

 今季、新たに就任した三浦監督は「堅守からスピーディーな攻撃」を掲げ、シーズンに臨んだ。それ自体は否定されるべきものではないとしても、昨季、新潟を率いた吉田達磨監督がポゼッションサッカーを志向する指揮官だったことを考えると、一貫性の欠如は否めない。

 しかも、三浦監督にしても、後任の呂比須監督にしても、堅守のベースとなるべき「どこでボールを奪うためにどう守るのか」という、基本的なチーム戦術をなかなか確立することができなかった。

 キャプテンのDF大野和成は、「アグレッシブさがアルビらしさだと思うが、それが全然出ていなかった。もどかしさがあった」と言い、こう振り返る。

「監督それぞれに目指すサッカーがある。守ってカウンターというのもあるだろうが、それがうまくできず、チームとして変わるのが遅かった。(キャプテンで)チームをまとめる立場として、自分の力不足もあるが、戦い方が定まらず、まとめるのは難しかった」

 アルビレックスらしさ――。そう聞いて思い出すのは、2013年シーズン大詰めのJ1第33節、横浜F・マリノス戦だ。F・マリノスは9年ぶりのJ1制覇に王手をかけ、勝てば優勝が決まる大一番とあって、会場の日産スタジアムには6万人を超える観衆が詰めかけていた。

 ところが、新潟は出足のいいハイプレスでF・マリノスを圧倒。シーズンMVPに選ばれたMF中村俊輔を中心に、ポゼッションでよし、ショートカウンターでよしの多彩な攻撃を繰り広げて首位を走ってきたF・マリノスを向こうに回し、ほとんど何もさせずに2−0で完勝を収めたのである。

 結果的にF・マリノスは最終節でも敗れ、広島に逆転優勝を許すことになるのだが、新潟のアグレッシブさ、すなわちアルビレックスらしさがどれほどの威力を持ち、どれほど大きなダメージを与えるかを物語る試合だった。

 同じJ2降格でも、そんなアルビレックスらしさを貫いたうえでの結果なら、もう少し納得感もあっただろう。

「やっと10月くらいに戦い方が定まった。うちには若くて走れる選手、戦える選手が多い。走るとか、球際で戦うとかいうことができるようになって結果がついてきた。もっと早くそれができればよかったが……」

 大野はそう語り、表情をゆがめる。

 中野社長とともに会見の場に立った神田勝夫強化部長は、新潟のサッカーとはどんなものかと問われ、「ポゼッションであろうとカウンターであろうと、どのタイミングで攻めるのかを、ピッチ上で選手が判断できなければいけない。その判断ができないと、どういうサッカーかは見えてこない」と語った。

 それが理想であることはよくわかる。だが、高い志も、悪く言えば具体性に欠く。昨季15位でJ1残留が現実的な目標となるクラブとしては、考え方があまりに漠然とし過ぎている。

 もちろん、スタイルの転換はあっていい。呂比須監督が「狙うサッカーと、できるサッカーは違う」と話したように、現有戦力に応じた戦術変更は当然、ありうる。

 だが、スタイル転換をするならするで、それを前提にチーム編成がなされたのか。あるいは、選手がそれを理解し、納得していたのか。大野の「モヤモヤしたなかでやっていることが多かった」という言葉を聞くと、そこに疑問を感じざるを得ない。

 思えば昨季最終戦、J1残留の瀬戸際にいた新潟は、広島に1点をリードされているにもかかわらず、あたかも勝利を放棄したかのようにボールを奪いにいこうともしなかった。残留を争うライバル、名古屋グランパスがその時点でリードされており、名古屋と勝ち点で並び、得失点差で上回っていた新潟は、勝つことよりも大敗しないことを選んだからだ。

 恥も外聞もないその様は、いわば最悪な形での残留確定だった。お金を払って試合を見に来てもらうプロとして見せてはいけない試合は、せめてそれを前向きに考えるなら、危機感を抱くのに、これ以上ないチャンスだったのだ。

 にもかかわらず、事態は深刻に受け止められてはいなかった。そう思わざるを得ない。新潟は進むべき針路を曖昧にしたまま、新たな航海に飛び出し、当然のごとく座礁した。

 1999年のJ2創設時に新規参入した”J2オリジナル10”のひとつである新潟は、2004年にJ1昇格を果たして以来、一度もJ2に降格することなく、日本のトップリーグで戦い続けてきた。

 J1での連続14シーズンは、今季J1の18クラブのなかでは、鹿島アントラーズ、F・マリノス(いずれもJ2降格経験なし)、浦和レッズ(2001年から連続17シーズン)に次ぐ、J1連続在籍記録だった。

 14シーズンもの間には、何度もJ2降格危機に陥った。だが、そのつど苦境をくぐり抜け、J1の座を死守してきた。

 オレンジは落ちない――。サッカーファンの間で、そんな噂がまことしやかにささやかれたこともあった。毎シーズン、オレンジのユニフォームを身にまとうクラブが残留争いに巻き込まれながら、不思議とギリギリのところで踏みとどまってきたからだ。

 しかし、大宮アルディージャが、清水エスパルスが、立て続けにJ2降格の憂き目に遭い、ついに最後の牙城、新潟も陥落した。残留争いをくぐり抜けてきた経験が、成長の糧ではなく、「いずれ何とかなる」と慢心の種になってしまえば、降格危機も”危機”ではなくなる。

 とはいえ、客観的に戦力を見れば、いつ新潟がJ2に降格しても不思議はなかったのも事実だ。主力選手を引き抜かれ、戦力ダウンでスタートしたシーズンは、これが初めてではなかった。

 J2を制した2003年までさかのぼっても、当時の新潟は決してJ1昇格の有力候補だったわけではない。どちらかと言えば、サプライズでの昇格だった。

 にもかかわらず、開幕前には優勝候補に挙げられていたクラブがJ2に降格してしまうほど、何が起こるかわからない世界でも稀なリーグで、ここまで生き残ってきたのである。今季、ついに力尽きる結果となったが、クラブの予算規模を考えれば、14シーズンもの長きにわたってJ1を戦い続けたことは、グッドルーザーと称えられていいだろう。

 まだ夢の第一幕が終わったばかり。また第二幕を始めればいい。J2降格をきっかけに、より強くなってJ1に戻ってきた例も少なくないのだ。

 ただし、その一方で、第二幕を始めるのが、そう容易(たやす)いことではないのも確かだ。

 現在のJ2は自分たちのスタイルにこだわりを持つ、”キャラの立った”クラブが増えた。年々、リーグ全体のレベルが上がり、群雄割拠の様相を呈しているだけに、これを勝ち抜くのは簡単ではないだろう。

 中野社長は「1年でJ1に戻るということを目標に掲げ、今年の反省を踏まえてチーム作りをしたい」と語る。絶対に1年でJ1に戻るとは、J2降格が決まったクラブの誰もが口にする言葉だが、実際に成し遂げられるケースはそれほど多くない。新潟もまた、大なり小なり壁にぶつかるはずだ。

 湘南ベルマーレ在籍時代にJ2を経験している大野も、「全然楽なリーグじゃない。クラブ、サポーターがひとつになって進んでいかなければいけない」と、自戒を込めて語る。

 まずは、どんなクラブを、どんなサッカーを目指すのか。そのために何をしなければいけないのか。何が足りなかったから、この結果に至ったのか。J2降格が決まった今こそ(本当は昨季気づくべきだったのだが)、それをしっかりと検証することから始めたい。

 長くクラブが存在しようと思えば、その歴史のなかでは必ず苦境も訪れる。だが、本当に必要な痛みなら、サポーターもきっと受け入れてくれるはずである。

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索