「浜高の野球で勝て」。兄の想いを胸に、和田毅の弟が古豪復活に挑む

 島根県立浜田高等学校――春夏合わせて15回の甲子園出場を誇り、現在、楽天を率いる梨田昌孝監督をはじめ、多くのプロ野球選手が輩出している島根県有数の名門校だ。地元では「浜高(はまこう)」の愛称で親しまれ、毎年のように県大会の上位に名を連ねる強豪だが、2004年夏の出場を最後に甲子園から遠ざかっており、全国的に見れば「古豪」に分類される存在となっている。

 その「古豪復活」を託され、2016年春から浜田高の指揮を執るのが和田誉司(わだ・たかし)監督。端正な顔立ち、和田という苗字……。ピンときた読者もいるかもしれない。そう、ソフトバンクに所属する和田毅投手の実弟である。松江商高で8年間監督を務めた後、兄、そして自身の母校でもある浜田高の監督に就任した。


2016年の春から浜田高校野球部の指揮を執る和田誉司監督

 兄・毅とは3学年違い。3年夏に甲子園ベスト8の実績を残した兄と入れ替わるタイミングで浜高へと進学した。

「僕が中学生のときにも甲子園に出ていて、『浜高に進んだら甲子園に行ける』と思っての進学でした。卒業後に大学でも野球を続けたいと思っていたので、進学校という点にも魅力を感じていました」

 兄と同じ進路を歩むなかでつきまとうのは、やはり「兄との比較」だろう。当然、現役時代にはそのような場面に出くわした。

「やっぱり高校生のときは単純に嫌だなと思ったりもしました。でも、いま思うと先輩にすぐ名前を覚えてもらえたり、得する場面も多かったです。指導者になってからも『和田の弟か!』と初対面の方との壁を取り払うきっかけになったりもしているので、助かっていますね」

 まだベンチ外の高校1年夏(1999年)にチームは甲子園出場を果たしたものの、自身は高校時代に甲子園の土を踏むことは叶わず。東京六大学野球への憧れ、1年間在学期間が重なる兄・毅(早稲田大)と神宮の舞台で対戦したいという思いもあり、卒業後は立教大に進む。おぼろげながらも「高校野球の指導者」になることをイメージしての進学でもあった。

「高校3年のときの担任の先生がすごく熱心な方で、その姿を見て教員もいいなと思っていました。それと、父親が抱いていた夢がプロ野球選手と高校野球の監督だったんです。兄貴がプロに進むので、僕がもうひとつの夢を叶えたいという思いもありました」

 立教大では内外野両方を守れる選手として奮闘していたが、足首の故障の影響もあり、大学3年の夏からは学生コーチに転身。選手時代とは異なる形でチームと関わるようになり、より指導者になることを意識するようになっていった。

 大学卒業時に社会科の教員免許を取得したものの、「高校時代、世界史が好きで社会の免許を取ったんですが、『好き』と『教える』は違うなと思った面もあって。自分が実際に教えるなら体育だと」と大学卒業後に、立教大、日本体育大の科目等履修生として通学し、保健体育科の免許を取得。現在も保健体育科教諭として教鞭(きょうべん)を執っている。

 高校野球の指導者となったのが2008年。講師として赴任した松江商高で監督に就任したことがキャリアのスタートだった。そこから講師として4年、教員採用試験を突破し、教員となってから4年。計8年間監督を務めた後、母校への異動となった。赴任が決定した当初の心境をこう振り返る。

「『いつかは母校で監督をしたい』という思いはもちろんありました。でも異動が決まったときは『自分みたいな若いもんが……』と、気後れする気持ちも正直ありました」

 さらに、和田が浜田高に異動する直前に同校野球部内でのいじめが発覚。2016年春に赴任した当時は対外試合禁止処分が言い渡されており、部内が大きく揺れている時期だった。

「赴任した当時はやっぱり大変でしたね。選手たちの気持ちもグラグラしていて。大会はもちろん練習試合もできない。目標を見失いかけている状況でした」

 和田は乱雑な使用が常態化していた部室の整理整頓や道具の扱いなど、プレー以外の部分から地道に立て直しを進めていった。6月には「ずっと同じグラウンドで過ごしていても気が詰まるという思いもあったので……」と、夏の島根大会の会場でもある松江市営野球場を使っての練習を行ない、試合ができないなかでも、夏へ向けて部員たちのモチベーションを保っていった。

 そして夏の島根大会開幕の前日、7月12日に処分が解除。「ぶっつけ本番」に近い形で母校の指揮官としての初陣を迎えることとなった。

 さらに初戦の相手は、奇(く)しくも昨年度まで監督を務めていた松江商高。偶然としては出来すぎと思える巡り合わせだった。

「決まってすぐは正直『やりづらいな』と思いましたね。でも『運命なのかな』とも同時に思いました。6月、松江に遠征したときに、松江商時代の指導者陣と食事をして、『なんか当たりそうだな』と冗談交じりに話していたんですけど、本当にその通りになって。当然、松江商での教え子たちも『絶対に倒してやる』という気持ちで向かってきていましたし、こっちのベンチから相手側のベンチやスタンドが目に入るので……。色々な思いがありました」

 様々な思いが交錯した初陣は9−4で勝利。一時は同点に追いつかれたものの、実戦不足を感じさせない戦いぶりでの初戦突破だった。最終的にその夏は8強進出。さらに2017年春、同年夏は連続で4強まで勝ち進み、着々と古豪復活への歩みを進めている。

 約2年間母校を率いていくなかで手応えもあるのでは……と投げかけると、こんな答えが返ってきた。

「甲子園に出ていた時代の浜高には、相手が勘ぐって自滅することもあるほどの『怖さ』があった。体格は今の選手たちの方が勝っているんですけど、まだそういった怖さがありません。そこを取り戻すためには練習の段階から『何のためにやるのか、何につながるのか』と目標や意図を理解して取り組まなければならないですし、『監督に言われなくてもやる』というような自立した姿勢も必要です。技術面以外にもそういった部分がまだ足りてないですね」

 勝負の分かれ目を見逃さず、必要なプレーを実行し、取るべき得点、奪うべきアウトを積み重ね、試合に競り勝つ。野球の「機微(きび)」を感じ取っているかのような試合運びを見せていたのが、往年の浜田高だった。

「浜高の野球は打ち勝つ、ねじ伏せるというよりも『こうしたら負けない』という野球。日頃から目に見えていることだけでなく、その奥にあるものを考えるクセが身につけば、試合のなかでも1球、ワンプレーの意図を感じ取ることができるようになるんじゃないかなと」

 復活を目指すなかで、もうひとつ気掛かりなことがある。現在、浜田高の野球部員数は2学年合計で16人。現2年生の入学時に対外試合禁止処分が重なっていた影響があるとはいえ、名門校の部員数としては寂しい数字だ。この「選手確保」も和田が危惧している部分だ。

「県西部に限らず、島根県全体に言えることですが、野球をやっている子どもが減っている。そういった状況のなかで、中学生が『浜高に行きたいな』と思える環境をつくらないといけないと感じています」
 
 高校野球の指導者として10年目を迎えるが、年を追うごとに「野球の難しさ」を噛みしめているという。

「難しい『すごろく』をやっているような感覚で。3歩ぐらい進んだかな……と思うと1歩下がってしまう。やればやるほどわからなくなっているような気もしますね」

 苦笑いにも近い笑みを浮かべながら、自身の10年間を振り返る。

「『野球がわかった』というような知ったかぶりは絶対にしたくない。でも、いろいろな方の話を聞いたり、自分が指導の現場で実践し、経験を蓄えていくなかで『これが基本なのかな』というものは少しずつ、本当に少しずつですけど、見えてきたかなという感覚もあります」

 この10年間、自身が指導するなかで明確に甲子園を意識できるチームがあった。前任の松江商高での最後の年となった2015年のチームだ。遜色ない実力を持つ右投手2枚が揃う投手陣、攻守に類いまれなる能力を見せる正捕手、控え選手ながらも抜群のキャプテンシーでチームを牽引し、指揮官として全幅の信頼の置けるキャプテン。自身の指導歴のなかで最も「全国」に近いと思えるチームだった。

「県西部に限らず、島根県全体に言えることですが、野球をやっている子どもが減っている。そういった状況のなかで、中学生が『浜高に行きたいな』と思える環境をつくらないといけないと感じています」
 
 高校野球の指導者として10年目を迎えるが、年を追うごとに「野球の難しさ」を噛みしめているという。

「難しい『すごろく』をやっているような感覚で。3歩ぐらい進んだかな……と思うと1歩下がってしまう。やればやるほどわからなくなっているような気もしますね」

 苦笑いにも近い笑みを浮かべながら、自身の10年間を振り返る。

「『野球がわかった』というような知ったかぶりは絶対にしたくない。でも、いろいろな方の話を聞いたり、自分が指導の現場で実践し、経験を蓄えていくなかで『これが基本なのかな』というものは少しずつ、本当に少しずつですけど、見えてきたかなという感覚もあります」

 この10年間、自身が指導するなかで明確に甲子園を意識できるチームがあった。前任の松江商高での最後の年となった2015年のチームだ。遜色ない実力を持つ右投手2枚が揃う投手陣、攻守に類いまれなる能力を見せる正捕手、控え選手ながらも抜群のキャプテンシーでチームを牽引し、指揮官として全幅の信頼の置けるキャプテン。自身の指導歴のなかで最も「全国」に近いと思えるチームだった。

 現に春はその実力を遺憾なく発揮し、県大会優勝。決勝で自身の高校時代の監督でもあり、「尊敬する存在です」という新田均が率いる島根中央高を下しての県制覇だった。しかし、満を持して臨んだ夏の大会はノーシード校に敗れてまさかの初戦敗退。練習試合を通じても抜群の安定感を見せていたエースが序盤に大量失点を喫しての敗戦だった。

「技術的な部分はもちろん、練習に取り組む姿勢やマイナスの出来事を力に変えていく精神面も含めて、『こういうチームなら甲子園に行けるんだろうな』と思えたチームでした。でもこちらの想定していた以上のことが起こっての初戦敗退。さっきのすごろくの話ではないですけど、ゴール直前に『ふりだしに戻る』になったような……。野球の難しさを実感した夏でした」

 松江商高時代に秋、春の優勝は経験したものの、夏は4強進出が監督としての最高成績。最後の甲子園出場を果たした2004年以降、5度の夏4強進出を果たしながら、「準決勝の壁」に跳ね返されている浜田高と重なる部分でもある。「あと2つ」の壁を乗り越えるにあたって何が必要になってくるのだろうか。

「極端な言い方をすると、高校野球の夏は、秋と春とは別競技と言ってもいいぐらいの違いがあると思うんです。体力的、精神的にも疲労を感じてくる準決勝、決勝で『よし!ここからだ!』と踏ん張れるか。技術力に加えて、一戦必勝の姿勢を保ちながらも、先を見据えた戦い方をすることができる体力や気力を培っていければ越えられるんじゃないかと思っています」
 
“松坂世代”にあたる兄・毅。世代の象徴である松坂大輔や球界屈指のスラッガーとして名を馳せた村田修一が移籍先を模索しているなど、年齢による衰えが目立つ同世代の選手も少なくない。そんななか、今もなお先発ローテーションの一角として奮闘する兄の姿は弟の目にどう映っているのか。

「身内の自分からしても『まさかここまでの選手になるとは……』というのが正直な気持ちでした。プロに進んでからは完全に『ひとりのファン』というような目線で見ていて、本当に応援することしかできないんですけど。やっぱり兄貴には1年でも長く現役を続けてほしいと思っています」

 そんな兄・毅に母校の監督に就任することを報告したときのことだ。「浜高を復活させてくれ」と激励されると同時に「『浜高の野球』をやり通して勝つことが、本当の意味での復活だと思うぞ」とも諭(さと)されたという。

「浜高の野球を塗り替えるのではなくて、復活させる。たとえば、ガンガン打てるチームにつくり変えて甲子園に行ったとしても、それは復活とは言わないと思うんです。もちろんウエイトトレーニングでの体づくりだったり、必要なものは取り入れるんですけど、根幹にある『浜高の野球』を決して見失わないように。伝統を積み重ねた上で甲子園に行く、勝ち上がることが本当の意味での”復活”だと思います」

 兄の現役生活は1年でも長く、そして復活の甲子園出場は1年でも早く――。

「久しぶりに袖を通して、身が引き締まる思いがした」と語る若き指揮官は、熱い思いを胸に秘め、挑戦を続けていく。

◆山?武司はソフトバンクドラフト3位・増田珠をどう評価していたか?>>

◆山本昌はソフトバンクドラフト5位・田浦文丸をどう評価していたか?>>

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索