ひょんなことからNZでプロ野球選手になった25歳。NPB入りの夢を追う

ひょんなことからNZでプロ野球選手になった25歳。NPB入りの夢を追う

 ひょんなことからプロ野球選手になった男がいる。金子隆浩、25歳——。今年から四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスの捕手としてプレーしている。

 大学では野球部に所属せず、卒業後、ワーキングホリデーでニュージーランドに渡り、オークランドのクラブチームでプレーしていた。そんな彼に転機が訪れたのは昨年の冬、ニュージーランド初のプロ野球チームであるオークランド・トゥアラタの創設だった。


今シーズンから高知ファイティングドッグスでプレーする金子隆浩

 オーストラリアン・ベースボール・リーグ(ABL)に所属するこの新球団が、選手を募集すると聞き、金子はトライアウトを受けて見事合格したのだ。そして1シーズン(11〜1月)野球留学に来ていたロッテの選手らともに過ごすことになった。

 金子は大学野球の強豪・東海大学の付属校で甲子園を目指していた高校球児だった。当然、大学でもプレーするつもりでいたが、思わぬ落とし穴が待っていた。

 付属校からの内部推薦というかたちで、東海大への進学を早々に決めた金子だったが、名門野球部の敷居は想像以上に高かった。体育会系のクラブとして、すべての学生に門戸を開いている大学もあるが、東海大野球部はセレクションを通過した者でないと高校野球経験者であっても入部できない。甲子園常連の付属校には野球部の推薦枠があるが、金子の高校は甲子園出場経験がなく、推薦枠がなかった。

 そのことを合格後に知り、入学辞退の選択肢もないわけではなかったが、すでにあとの祭りだった。付属校からの内部推薦、しかも希望者の多かった体育学部に通してもらったこともあり、現実問題として入学をしたうえで、野球部をあきらめるしかなかった。

 結局、金子は大学でトレーナーになるための勉強をしながら、硬式のクラブチームで野球を続けた。その後、順調に単位を取得して大学を卒業したものの、そのまま就職することにためらいを感じていた。そして、両親の微妙な反応を尻目に、金子はあてもなくニュージーランドへ旅立つ決心をした。

「基本、あとさき考えずにやるタイプなんです。不安は一切なかったですね。どうにか生きていけるだろうって(笑)」

 オークランドにある知り合いの家に転がり込んで、語学学校へ通う毎日。やがて野球チームを見つけて参加することになった。その後、ニュージーランドで働きながら現地に滞在できると”ワーキングホリデービザ”に切り替え、月6万円のアパートを借りて生活し始めた。

 そうやってニュージーランドでの”自分探し”をしている金子に、突然、オークランドにプロ野球チームができるという話が舞い込んできた。さらに、選手集めのためにトライアウトを行なうと。

 ABLはシーズンを前にして、国境を越えたエクスパンション(球団拡大)を行なった。その結果、2013年の第3回WBCから予選に参加しているニュージーランドに市場価値を見いだし、オークランド・トゥアタラを迎え入れるというのだ。

 この新球団はニュージーランド人主体とのことだったが、国籍は問わないという。「とりあえず受けてみよう」と会場に向かうと、グラウンドには100人ほどの受験者がいた。そこから最終的に15人ほどに絞られたのだが、そこに金子も含まれていた。

 だがすぐに契約というわけではなく、シーズン前のキャンプに自費参加して、その後、チームの状況に応じて選手契約を結ぶというものであった。要するに、練習生だ。

 ABLは”一軍”しかなく、各チームそれなりの数の練習生を抱えていて、ケガなどでロースターに穴が空けば、練習生をコールアップして契約を結ぶ。ちなみに、給料は選手契約しない限り出ないという。

 決していい条件ではなかったが、金子に選択肢はなかった。どのみち年末にはビザが切れることになっており、シーズンが始まればオーストラリア遠征にも参加するつもりでいたので、それまで勤めていた職場には別れを告げた。

 ただ、ニュージーランド初のプロ球団とは名ばかりで、当初、改装して使用するはずだった本拠地球場は工事が間に合わず、郊外にある野原に外野フェンスを張り、内野に簡易スタンドを設置して開幕を迎えた。これにはロッテの選手も目を丸くしていた。

 結局、本拠地はシーズン中に完成せず、だからといっていつまでもスタジアムと言えないようなところで公式戦をするわけにはいかない。そこで、シーズン後半戦のホームゲームはオーストラリアに渡って消化することになった。

 一事が万事この調子で、遠征時のミールマネーも10ドルしか出ないときもあれば、突然50ドル支払われるときもある。金子は言う。

「基本、ニュージーランド人というのは、そんな感じなんです。普段の仕事も3時か4時には終わっちゃう。野球もそんな感じで、ロッテの選手はアップ時間があまりにも短いので驚いていました。ランニングもほとんどしない。だから、日本人と台湾人の選手は試合後に集まってやっていました。ある意味、野球観が変わりましたね」

 シーズン前のキャンプ終了後、残念ながら金子は開幕ロースターに入ることができなかったが、チームが最初の遠征から帰ってきた翌週の地元開幕シリーズからロースター入りできると告げられた。

 月給10万円ほどのリーグだが、ベンチ入りしてみると、さすがプロ。クラブチームとは比べものにならないレベルの高さだった。金子の役割は、正捕手、サブに続く第3の捕手。そんな金子にチャンスが巡ってきたのは、ロースター入りして2カード目の第2戦のことだった。正捕手のケガにより、先発でマスクをかぶることになったのだ。そしてこの日の先発投手は、ロッテの種市篤暉だった。

「試合前は全然できないんだろうなと思っていたんです。正直、足を引っ張るんじゃないかと……。でも実際は、2対1(5回1失点)とちゃんとゲームは成立しました」

 その試合の相手となったキャンベラ・キャバルリーの先発は、DeNAの今永昇太。金子は2打席立って、すべてストレート勝負の2三振に打ち取られたが、絶望感はなかった。

「すごい差を感じたわけではなかったですけど、やっぱり真っすぐはすごかったですね。プロ野球の一軍でローテーションを張る投手の球だなと思いました」

 その後、オーストラリアへの遠征中、2度目の出番が巡ってきたのだが、この試合でランナーに足を払われケガをしてしまった。チームには次のシリーズまで帯同したが、そこでニュージーランドに戻るよう告げられた。結局、金子の「プロ野球選手生活」は2カ月ほどで終わった。2試合に出場して5打数0安打、3三振という成績だった。

 失意のうちにオークランドに戻った金子だったが、またしても幸運が転がり込んできた。選手をトゥアタラに派遣していたロッテから、投手コーチの清水直行も現地に来ており、清水はオークランドで金子を見ると、歩み寄って声をかけた。

「独立リーグのトライアウトを受けてみたらどうだ?」

 ロッテの二軍球場で年明けの2月に行なわれる四国アイランドリーグplusのトライアウトを勧められた。また、唐川侑己が行なう自主トレのパートナーの仕事も斡旋してもらい、しっかり体をつくることができた。その甲斐あって、見事トライアウトに合格した。

 つい半年前までニュージーランドで「自分探し」をしていた金子が、ちょっとしたことがきっかけとなって、NPB入りという目標を持つようになった。

 いま金子は、高知で汗にまみれている。25歳という年齢も承知のうえで、NPBに行くことを本気で考えている。

「清水さんに勧められて、チャンスがあるんだったらという気持ちでトライアウトを受けて、なんとかプレーさせてもらっています。もっとスカウトにアピールしたいのですが、前期シーズンは不甲斐ない成績に終わってしまいました。でも今は、NPBという明確な目標があるので、そこに向かって何をすべきかが一番大事で、結果はダメだったとしても次の目標をつくればいいだけなので……」

 8月20日時点での成績は、43試合に出場して打率.139。正直、ドラフトは厳しいだろう。それでも、プレーするのは来年までと自覚しながら、今できることを精一杯やるだけと前を見る。

「この冬は、またトゥアタラでプレーしようかなと思っています。いろんなところでやってみたい……アメリカとかメキシコでもやってみたいですね。もちろん将来のことも考えないといけないんですが、不安を持ってやってしまうと野球に集中できませんし……。英語もそれなりにできるようになったので、なんとかなるとは思っているんです」

 そう話す金子にとって、野球は競技の枠を超えて、人生そのものと言っていいかもしれない。

「両親が共働きで、子どもの頃からあまりコミュニケーションがなく、うまくいっていなかったんです。極端な話、野球をしていなかったらグレていたかもしれないですね(笑)。野球をやって、いい指導者にも出会えて……もしそれがなかったらどうなっていたかわかりません。両親も最初は海外で野球をすることに反対だったのですが、ニュージーランドでプロ契約を結ぶとなったらすごく応援してくれました。そういう意味で、僕は野球のおかげでいろいろと救われているんです」

 今年も夏の甲子園は大いに盛り上がりを見せ、ここから多くの選手がプロの門を叩く。その一方で、檜舞台とまったく縁のなかった男が、片田舎の球場で今も夢を追い続けている。

著者:阿佐智●文 text by Asa Satoshi


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索