「ガガちゃん」こと臥牙丸にとって、日本は「夢の国」だった

「ガガちゃん」こと臥牙丸にとって、日本は「夢の国」だった




向正面から世界が見える〜
大相撲・外国人力士物語
第2回:臥牙丸(前編)

 身長186㎝、体重200㎏超。パワーあふれる取り口で、ファンから「ガガちゃん」の愛称で親しまれる臥牙丸は2005年、グルジア(現・ジョージア)から来日し、角界入りした。明るく人懐っこい性格で、力士仲間たちからも愛されている臥牙丸。現在、十両で相撲を取る彼が、これまでの相撲人生を振り返る――。

       ◆       ◆       ◆

 十両2枚目で迎えた今年の名古屋場所(7月場所)は、「悪い夢を見ているんじゃないか」と思うくらいの場所だったよ。

 3日目の豊山との相撲で、流れの中で右ヒザを骨折してしまったから……。場所前は部屋での稽古、ジムでのトレーニングと順調に仕上がってきていたし、再入幕も狙っていたから、本当にショックで……。

 立っているのもいっぱい、いっぱい。患部にテーピングをきつく巻くと、スムーズに動けなくなってしまうから、それもできない。翌4日目からは、土俵に上がるのが精一杯という状態になってしまった。

 だけど、僕は休まなかった。2日目に東龍に勝って1勝を挙げてから連敗が続いたけれど、西2枚目の地位で1勝だけで終わってしまうと、秋場所(9月場所)では十両から落ちてしまうからね。

 土俵に上がり続けていれば、調子は最悪でも、勝つことがあるかもしれない。お相撲さんになって14年、関取になって10年が経つけれど、その中でつかんだ土俵勘みたいなものはある。それに、僕はこれまで一度も休場の経験がない。丈夫な体に産んでくれた両親に感謝しなくちゃいけないよね(笑)。

 ようやく2勝目を挙げたのは、9日目の大翔丸戦。翌10日目には負け越しが決まってしまったけれど、あきらめなかったよ。14日目、翔猿に勝って3勝目を挙げた時は、ホッとしたね。来場所も関取でいられることが、ほぼ決定したから。

「関取」の地位は、給料がもらえて、付け人が付く、特別な地位。それだけに、僕にもプライドがある。

 実は昨年の秋場所、十両12枚目で6勝9敗と負け越して、翌九州場所(11月場所)でずっと守ってきた関取の座から陥落したんだ。僕の中では「幕下に落ちたら、引退する」と決めていたし、気力もほとんど残っていなかった。

 だけど、師匠(木瀬親方=元前頭・肥後ノ海)から「もう1回、がんばってみろ!」と檄を飛ばされて、頭を冷やした。幕下に落ちたと言っても、僕の番付は東の筆頭。この地位は勝ち越し(4勝)さえすれば、優先順位1番で十両に上がれる。もし、もっと番付が落ちていたら、あきらめモードに入っていたかもしれないけど、「これなら、がんばれるかも……」と心を奮い立たせた。

 そうして、九州場所では5勝2敗と勝ち越して、再十両の座をつかんだけど、若い力士たちの台頭がめざましい中、今32歳の僕がどこまでやれるのか、これからちょっと不安なところもあるね。

 僕が生まれたのは、ジョージアの首都・トビリシ市。日本の人に「ジョージア」って言っても、どこにあるのかわからない人も多いと思うけれど、1年を通して気候も温暖なんだ。ロシアの隣の国だから、「冬はすごく寒いんじゃないの?」って聞かれたりするけど、トビリシの場合、冬でも最低気温がマイナス1度くらいだから、冬のグルジアは僕の中ではオススメだね。

 質のいいぶどうが獲れるジョージアでは、ワインの製造が盛んで、トビリシの実家でもワインの醸造をしていた。僕は6歳からサンボと柔道の道場に通っていて、16歳の時には、サンボと柔道でジョージアのジュニアチャンピオンになった。

 相撲の大会に出るようになったのは、18歳の時。あまり知られていないけれど、世界相撲選手権やヨーロッパ相撲選手権で、ジョージアの選手は結構活躍している。垣添関(元小結=現雷親方)が大学時代、世界選手権で優勝とかしていた頃、彼を破って優勝したレヴァン・エバノゼ選手は最強だったし、団体トーナメントでもジョージアはだいたい3位以内につけているんだよ。

 そんな土壌もあって、2005年7月、両国国技館で行なわれた世界ジュニア相撲選手権に、僕はジョージア代表として出場し、無差別級で3位に。栃ノ心(現大関)と一緒のチームで出た団体戦では、2位という成績を収めることができた。

 それより少し前(2001年)、ジョージアからは黒海関(※欧州出身の最初の関取。最高位は小結)が大相撲に入門していた。2年後には関取になって、ジョージア国内でも大きな話題になっていたんだ。

 彼の活躍もあって、僕も日本という国に憧れていた。パソコンや電化製品で有名なソニーも日本にあるし、経済が発展しているというイメージ。当時の僕にとって、日本はまさに「夢の国」だったんだ。

 だから、ジュニア選手権が日本であると聞いた時に、「これはチャンスだ!」と思ったし、「もしかして、黒海関のようなお相撲さんになれるかもしれない」とワクワクしたよ。

 ジュニア選手権がきっかけとなって、僕は日本のアマチュア相撲関係者と知り合って、日大相撲部の田中英寿監督を紹介してもらった。そしてしばらくは、日大相撲部の合宿所に住んで練習をさせてもらいながら、入門のチャンスを待っていた。

 そんな時、声をかけてくれたのが、今の師匠(木瀬親方)。早速8月に木瀬部屋への入門が決まって、テスト期間が終わった11月の九州場所で初土俵を踏むことになった。

 四股名は、「臥牙丸」と決まった。僕の本名は「ジュゲリ・ティムラズ」っていうんだけど、小さい頃からのニックネームは「ガガ」。だから、その「ガガ」に横綱・武蔵丸関のように強くなってほしいという意味を込めて「丸」を付けた。ちなみに、レディー・ガガとは、なんの関係もないよ(笑)。

 2005年九州場所で初土俵を踏み、2006年の初場所(1月場所)、序ノ口でいきなり優勝。序二段も1場所で通過して、三段目も3場所で卒業。入門1年で、順調に幕下まで番付を上げた僕。

「これなら、すぐに十両に上がれるかも!」

 そんな気持ちがちょっとあったことも確か(笑)。

 でも実際には、幕下には強いお相撲さんがいっぱいいて、ずっと足踏みしてしまった。一緒に日本にやってきて、2場所遅れで初土俵を踏んだ栃ノ心は、入門から2年足らずで新十両を決めたのに、僕はなんでダメなんだろう……って落ち込んでいたね。

 番付は低迷していたけれど、体重のほうは順調に増えていったよ。入門した時に150kgだったのが、1年で10kgくらいずつ増えていって、入門から4年後、幕下10枚目で優勝した時には190kgまで増えていた。

 ちょっと話が逸れるけど、お相撲さんって激しい朝稽古をするから、朝ゴハンは食べない。相撲部屋での生活が始まってからは、朝ゴハンは抜きだから、僕は「日本人は全員朝ゴハンを食べないのか」と勘違いしていたほど。

 あと相撲部屋には、お金のことを「お米」と言ったり、女性のことを「星」と言ったり、独特の言葉があって、それが普通の日本語の使い方だと思っていたら、全然違っていたりとか……。困ったこと、わからないことがあった時は、先輩の黒海関に聞いたり、栃ノ心と相談したりしながら乗り越えてきたよ。

 僕の体重がそこまで増えたのは、やっぱり日本のゴハンがおいしすぎたからだな。白飯が苦手な外国人力士もいるけど、僕は全然大丈夫だったし、ふりかけをかけるといくらでも食べられた。ふりかけは、最高だね!

 師匠の故郷の熊本ラーメンも、めちゃくちゃうまいし。あと、アイスクリーム。『ピノ』っていう小さな粒みたいなチョコアイスがあるけど、あんなうまいものを食べたのは初めてだったし、いくらでも食べられるなと思ったね(笑)。でも僕の場合、水を飲んだだけでも太るタイプみたい。

(つづく)




臥牙丸 勝(ががまる・まさる)
本名:ジュゲリ・ティムラズ。1987年2月23日生まれ。ジョージア出身。木瀬部屋所属。200㎏を超える巨体とパワフルな突き押し、明るいキャラクターで、子供からお年寄りまで相撲ファンの人気を集めている。2019年名古屋場所(7月場所)時点での番付は、十両2枚目。


著者:武田葉月●取材・構成 text&photo by Takeda Hazuki


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索