「シブコ・フィーバー」に衰えなしも、渋野日向子が振るわなかった理由

「シブコ・フィーバー」に衰えなしも、渋野日向子が振るわなかった理由

 前日の2日目に「75」を叩き、オーバーパーなしのラウンド記録は「29」でストップした渋野日向子だったが、”シブコ・フィーバー”がひと息つく様子は微塵もなかった。

 試合会場となるチェリーヒルズゴルフクラブの最寄り駅、神戸電鉄粟生線「恵比須駅」に到着すれば、駅前広場には長蛇の列が伸びていた。会場行きのシャトルバスを待つ観衆の列である。「嵐のコンサートに来たみたいやなぁ〜」とは、行列の前で並んでいたおばさんの言葉だ。

 マイカーで駆けつけた観衆は、その専用駐車場に到着するまで、大渋滞に巻き込まれたと聞く。渋野の出身はお隣の岡山県。彼女は、地元の誰もが誇りたくなるヒロインなのだろう――。


大勢のギャラリーに囲まれてプレーする渋野日向子

 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯3日目。

 通算1オーバー。トップをいく畑岡奈紗と9打差でスタートした渋野だったが、2日目同様、ボギースタートとなった。2番のパー3でボギー。しかし、3番のパー5でバーディーを奪い返す。

 予想をはるかに超えた混雑で、こちらが現場に到着して生でそのプレーを見たのは、5番(パー4)からで、右のラフからのセカンドショットだった。その直前にほぼ同じ場所から打った同組のフェービー・ヤオはフェアウェーに出すだけで、3打目勝負を狙ったが、パワーのある渋野は果敢にもグリーンを狙い、2オンに成功した。

 さすがシブコ。しかし、グリーン右からのロングパットが残った。結果は、3パットのボギー。

 今大会のコースの特徴は、ラフがとても深いことだ。ティーショットでラフに捕まると、2打目は精度が極端に落ちる。一方で距離は短いので、フェアウェーに落とせば、ピンは狙いやすくなり、チャンスの芽が膨らむ。渋野はその流れに乗れていない。

 その後、7番、9番でバーディーを奪い、通算スコアはイーブンパー。この日、1アンダーで前半を折り返した。

 それとほぼ同じタイミングで最終組がスタート。トーナメントリーダーの畑岡は、その出だしの1番で早速バーディーを奪い、通算スコアを9アンダーとする。その差9打は変わらずだったが、そこから畑岡がバーディーを量産していったのに対し、渋野は逆にスコアを後退させる。

 一方で、気温はグングン上昇した。それでも、大ギャラリーは真夏を思わせる炎天下、岡山が生んだヒロインに熱い視線を送る。黒山の人だかりとはこのことだ。

 この日、一番の見せ場が訪れたのは、16番のパー4だった。そのセカンド。ピンまでの距離は129ヤードで、使用したクラブは「9番アイアンでした」と言う。

 高々とした弾道がほぼ真上から着弾したその先は、まさにピンの根元。ボールはドスンと落ちたあと、微動だにしなかった。こちら側の位置からはピンに対して縦位置だったので一瞬、そのままカップインしたかのように見えた、まさしくスーパーショットだった。

 だが、その直後の17番、パー3で渋野は再びボギーを打ってしまう。下りのロングパットを1ピン以上オーバーし、3パットとした。

「今日、いちばん足を引っ張っていたのはパッティング。ロングパットの距離感が全然合っていなかった。方向性が合っていても、距離感が合わないとカップにかすりもしない。スコアが悪くなっている分、『決めたい』という気持ちが強くなって……、それも(距離感が合わない要因に)あるかもしれません」

 とは、試合後の会見場での渋野の言葉だ。

「身体はまったく疲れていません。飛距離は出ているので、飛距離に(疲れが)現われていないということは『(身体は)大丈夫だ』ということなので。でも、こんなゴルフをしていたら、気持ちは疲れますね。(大ギャラリーを)プレッシャーに感じているわけではないですけれど、見ている人のほうが疲れると思います(笑)」

 壮観だったのは、最終18番(パー5)の眺めだ。左サイドに大きな池がフェアウェーに沿うように延々と伸びる、チェリーヒルズゴルフクラブいちばんの名物ホール。ギャラリーは池とは反対の右サイドを歩くわけだが、渋野が引き連れる大ギャラリーは、その全長525ヤードを延々と何重にも埋め尽くしていた。集まった入場者は1万人を超えていたという。

「見てわかるとおり、全英女子オープンで優勝する前とは(ギャラリーの数が)違うので、”シブコ・フィーバー”はやっぱりうれしいです。ただ”シブコ・渋滞”は、私のせいにしないでください(笑)」

 人とのコミュニケーションに慣れているというか、とにかくこの人は気さくだ。うっかりしていると、こちらに喋りかけてきそうなフレンドリーさを感じる。30年、40年後は、まさしく関西のおばちゃん系になっているのではないか……。

 それはともかく、優勝争いの行方は、畑岡が13アンダーで、2位吉本ひかる以下を2打差引き離す展開だ。

 畑岡は一時、15アンダーまで伸ばしていた。それが13アンダーにへこむことになった”事件”は、渋野がナイスショットを放った例の16番で起きた。

 畑岡はその第2打をグリーンの奥にわずかに外す。そこには深いラフが待ち構えていた。アプローチの難易度はメチャメチャ高そうに見えたが、畑岡がそこで空振りするとは想像もしなかった。

 正確に言えば、ラフの上に浮いたボールの下をクラブヘッドが、だるま落としのように抜けていったわけだが、間近で見ていたこちらはびっくりだった。見てはいけないものを見てしまったような沈黙が、ギャラリーの間に走った。

 ゴルフは、大袈裟に言えば事件の連続だ。よい事件もあれば、悪い事件もある。最終日は、いったいどんな事件が起きるのだろうか。

著者:杉山茂樹●取材・文 text by Sugiyama Shigeki


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索