スペインの目利きが森保監督に拍手。「若手を戦力にしつつある」

スペインの目利きが森保監督に拍手。「若手を戦力にしつつある」

「日本のプレースピードは際立っていた。コンビネーションのなかで見せる技術は高く、スペースを作りながら、ゲームを支配し、優位性を保っていた。とくに前半はパラグアイを圧倒した」

“スペインの目利き”ミケル・エチャリ(72歳)は、日本代表が2−0でパラグアイに勝利した試合をそう振り返っている。レアル・ソシエダ、アラベス、エイバルなどの有力クラブで強化部長、育成部長、監督など要職についてきたエチャリは、日本のプレーに賛辞を惜しまなかった。厳しい目を持つ彼はこうも付け加えた。

「パラグアイはマンマークに近い戦術を基本にしていたが、日本の攻撃にかく乱され、翻弄されていた。あられもないほどスペースを与え、なす術がなかった。パラグアイの試合マネジメントにも問題はあったと言える」

“完璧主義”と言われるエチャリは、克明に試合を分析した。


パラグアイ戦で2点目のゴールを決めた南野拓実

「ロシアワールドカップから約1年、森保一監督がチームを若返らせた点に、まず拍手を送りたい。あれだけの成果を挙げたチームをアップデートするのは、容易ではないだろう。先発メンバーの半分以上が入れ替わっている。堂安律(PSV)、冨安健洋(ボローニャ)、そして久保建英(マジョルカ)のような若い選手を抜擢し、戦力にしつつあるところも評価するべきだ。

 日本はすでにひとつの形となった4−2−3−1の布陣で、南米のダークホース的存在、パラグアイを迎え撃っている。

 前半、日本は完全にイニシアチブを握っていた。ボランチの橋本拳人(FC東京)、柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ)の2人が防御線を安定させると、両サイドでボールを受ける堂安、中島翔哉(ポルト)の2人が積極的にインサイドに入り、代わってサイドバックの酒井宏樹(マルセイユ)、長友佑都(ガラタサライ)が駆け上がる。そのスペースは橋本、柴崎が埋め、南野拓実(ザルツブルク)、大迫勇也(ブレーメン)が前線でダイナミックに連係。中央を固めてセカンドボールを拾い、サイドの攻撃を分厚くして押し込むことで、”スペースの陣取り合戦”で圧勝している。

 もっとも、パラグアイが自滅に近かったのも事実だろう。エドゥアルド・ベリッソ監督はマンマーク戦術信奉者だが、まったく機能していなかった。人に食いつく強度が足らず、闇雲にスペースを明け渡すだけで、そこを使われてしまった。長旅や時差による体調不良もあったのだろうか。

 個人的な意見を言えば、マンマーク戦術は勧められない。エリア内では人のマークを見失うべきではないが、オールコートでは破綻する可能性が高いだろう」

 エチャリは戦術家としての視点で語り、こう続けた。

「日本のサイド攻撃は特筆に値した。たとえば前半15分過ぎ、中盤に下がった中島が持ち上がり、右サイドを攻め上がった酒井へパス。インサイドにポジションを取った堂安はスルーし、エリアに入った大迫勇也がシュート。連係の高さがうかがえて、戦術レベルは出色だった。

 それは23分の先制点につながっている。橋本からの縦パスをインサイドで受けた中島は、近くに寄ってきた堂安にパス。さらに左サイドでフリーになった長友にパスが出ると、ニアに走りこんだ大迫がダイレクト左足で合わせた。パスの方向が目まぐるしく変わって仕留めたゴールだ。

 そして、30分の得点シーンはこの日のベストプレーだったかもしれない。橋本が左サイドに開いて起点になると、インサイドに入ってフリーになった中島にパス。中島はすかさず右サイドの酒井へボールを入れると、その折り返しを南野拓実が押し込んだ。左で作って、右へ大きく展開し、深みを作り、それを中央で合わせる。模範的な攻撃と言えるだろう。

 日本は外、中、外と、ボールの動きを一定させずに変えていた。ボールを入れるアングルも常に変化させ、相手に的を絞らせていない。スペースの戦いで優勢なだけに、選手が余裕を得てプレーしていた。チームの練度の賜物だ」

 2−0とリードした前半の戦いを語ったあと、エチャリは後半の戦いにも及第点を与えた。

「後半も、日本はリードを生かして試合を進め、多くのチャンスを作っている。

 原口元気(ハノーファー)が左サイドを深く攻め上がり、折り返したボールに対し、南野がマークを引き連れ、スルーしたボールを久保が背後で受け、左足シュートに持ち込んだ場面も秀抜だった。原口のパスは南野に向けたものだろうが、南野、久保は即興的な判断をし、決定機作っているのだ。

 後半から登場した久保は、敵の脅威になっていた。その証拠に、なりふり構わないファウルを何度も受けている。久保はテクニックが注目されるのだろうが、戦術的にとても賢い。ポジション的準備で勝っているため、相手を劣勢に追い込める。右サイドをタイミングよく抜け出し、角度のないところから左足で狙い、シュートがバーを叩いたシーンも目を見張った」

 エチャリは久保について語った後、こう試合を総括した。

「日本は、その特長であるスピードとテクニックを最大限に使っていた。チームとしての連係は確実に深まりつつある。ミャンマー戦に向け、いい準備ができたと言えるだろう」

(つづく)

著者:小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索