スペインの戦術家が説く森保Jの攻撃の特徴。「支持したいスタイル」

スペインの戦術家が説く森保Jの攻撃の特徴。「支持したいスタイル」

「ボランチに入った橋本拳人(FC東京)と柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ)のコンビは、長谷部誠(フランクフルト)と遠藤保仁(ガンバ大阪)の2人を思い出させた。ピッチに攻守のバランスをもたらすことができる。彼らのもたらす安定によって、サイドからの攻撃もアドバンテージを得られるのだ」

 スペインを代表する戦術家のひとり、ミケル・エチャリ(72歳)は、日本がミャンマーを0−2で下した試合をそう振り返った。

「森保一監督が率いる日本は、とてもバランスに優れたチームになっている。流動的なプレーのなかで、効果的にスペースを作り、使い、支配できる。ひとつひとつのパスを見ても、アングルを変え、タイミングを変え、創意工夫が見える。日本人選手の特長であるスピード、技術を最大限に駆使しており、個人的に支持したいプレースタイルだ」

 カタールワールドカップに向けた戦いの初陣を、エチャリはいかに分析したのか――。


日本の攻撃を特徴づけていた中島翔哉(右)と堂安律

「日本はパラグアイ戦とまったく同じメンバーで、4−4−2の布陣を選択。戦術的に整然と組織された戦いを挑んでいる。”ホームで大差での負けだけは回避したい”と必死になる相手に対して、力の差を示した。

 人海戦術で守る相手に対し、日本は立ち上がりから分厚い攻撃を見せている。まずは橋本、柴崎の2人で中盤を制圧し、サイドの中島翔哉(ポルト)、堂安律(PSV)がインサイドに入って、トップの大迫勇也(ブレーメン)、南野拓実(ザルツブルク)と連係。そこでサイドバックの長友佑都(ガラタサライ)、酒井宏樹(マルセイユ)が積極的に攻め上がって、攻撃が跳ね返されたら、中盤でセカンドボールを拾い、再攻撃を仕掛ける。

 攻守一体のプレーが徹底されていた。

 特徴は、中島、堂安の2人が、”逆足”(担当するサイドと逆の利き足)で果敢にインサイドへ入り、攻撃の形を作り出す点だろう。前半は中島と堂安が近い距離になってプレーすることも多かった。1対1で相手を外せるのは大きな利点だろう。2人は中に入って、サイドバックを上げて幅を作り出していたが、逆サイドの深い位置へパスし、サイドバックを侵入させ、攪乱する場面もあった。

 前半16分の先制点は、攻守一体の帰結だったと言えるだろう。相手を押し込み、敵陣で相手ボールを奪う。そのボールを受けた中島がドリブルで持ち込み、右足で逆サイドネットにねじ込んだ」

 エチャリは日本の攻撃を称揚しつつ、ひとりのアタッカーのプレーを激賞している。

「堂安はたったひとつのプレーで、ビジョン、スキル、プレーセンスの高さを証明した。23分、堂安はエリア付近で強烈なシュートを打っているが、GKに弾かれて戻ってきたボールに対して、間髪入れず右から入ってきた南野を見つけ、そのヘディングに合わせる正確無比のクロスを送り、2点目をアシストした。

 一瞬の判断。高いレベルではプレーヤーの即興性が問われるが、シュートを打ったあと、堂安はメンタル的にも途切れずプレーを続けていた。密集した地域で、最高の選択をし、精度も出色だった。

 堂安のパスに反応できた南野にも、評価を与えるべきだろう。日本の連係度の高さが出た得点だった。攻守にわたって、全員が連続してプレーすることができていた」

 格下相手に2点で終わった攻撃について、エチャリは理解を示した。

「2−0にしたあとも、日本は攻め続けた。しかしCKに吉田麻也(サウサンプトン)が合わせ、冨安健洋(ボローニャ)が放ったシュートや、同じくセットプレーからの吉田のボレーシュートなど、ミャンマーのGKの好守に防がれてしまった。攻める姿勢やプレークオリティは落ちていない。

 ただ、後半は、試合が進むごとに動きが少なくなっていった。中島、大迫、久保(マジョルカ)などがシュートチャンスを得たものの、精度が足りなかった。ほとんど相手に攻撃機会を与えなかったが、追加点は奪えていない。終了間際、交代出場の伊東純也(ゲンク)がスピードでサイドを抜け出し、カットインしてシュートを試みるが、GKの正面だった。

 ミャンマーは大量失点を避けるために守り続けていただけに、リードした日本には難しい試合だっただろう。勝負を考えたら、追加点はいらない。リスクをかけた強攻は得策ではないのだ」

 そしてエチャリは、最後にこう締めくくっている。

「日本はバランスを崩さず、わずかなスペースを利用しながら、決定機を数多く作った。中島、堂安の2人は、守りを固めた相手に対して戦術軸となっていた。大迫は中盤の選手のような連係を見せてプレースピードを上げ、南野はエリア内で脅威を与えていた。はっきり言って、攻撃トレーニングのような展開だった。

 カタールワールドカップに向け、日本が最高のスタートを切ったのは間違いない。今後の幸運を祈る」

(つづく)


著者:小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索