神野大地、MGCで惨敗も納得。ファイナル挑戦は「狙いたいけど…」

神野大地、MGCで惨敗も納得。ファイナル挑戦は「狙いたいけど…」

神野プロジェクト Road to 2020(36)

前回の記事はこちら>>

 神宮外苑前のイチョウ並木に設けられたMGCのゴールライン。神野大地は、フィニッシュすると静かに歩みを止め、大きく呼吸をして息を整えた。

 2時間17分40秒の17位。残念ながら大きな目標として掲げていたMGCで東京五輪・男子マラソンの出場権を獲得することはできなかった。だが、その表情はどこか清々しかった。


MGCに出場した神野大地だったが、20キロ地点で遅れて17位に終わった

 MGCは30名の選手で争われ、8時52分にスタートした。その直後、設楽悠太(Honda)が飛び出した。だが神野は、その独走を「気温が上がってきたので、このまま逃げ切れないだろう」と冷静に判断し、大きな集団となった第2グループのなかで力をためつつ、様子を見ていた。

 モニター画面を見ていた高木聖也コーチは、「落ち着いてレースをしている」といいスタートを切ったことに安堵していた。

「レースに出る際、『落ち着いていこう』と神野に言いました。あと、『こんなレースはなかなか経験できることがないので、誰よりも楽しんできてね』って伝えました。レース前は非常に落ち着いていましたね。やることをやって、自分のなかで自信を持っていたからだと思います。過度にナーバスになることもなく、いろんなことを気にすることもなかったので、メンタルの持っていき方は成長したなと感じました」

 レースは依然、設楽が独走していた。10キロ地点で、後続集団と1分44秒の差がついていた。

 ペースが上がらない第2集団の大きなグループは、誰も動かない。というよりは、動けない状態にいた。設楽との距離を意識しつつ、周囲にも気を配らなければならず、しかも気温はどんどん上がっていく。選手たちは後半勝負に向けて極力体力を消耗しないように、互いにけん制しながら走っていた。

 そんななか、12.5キロ地点で神野と山本憲二(マツダ)が第2集団の前に出た。膠着した状態を崩しにかかったのだ。

「この集団のなかでいいリズムで走ろうと思っていたのですが、この時は上にいけるんじゃないかという気持ちで前に出ました。あれで人数が絞られたので、自分としてはいい仕掛けだったんじゃないかなって思います」

 神野の言葉どおり、大集団が分裂し、若干ペースが上がった。

 15キロで大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)らに吸収され、再び第2グループで走ることになったのだが、17.55キロを越えると、神野のスピードが落ち始めてきた。大迫をはじめ、服部勇馬(トヨタ)、中村匠吾、鈴木健吾(ともに富士通)の4人の選手が前をいく。神野は「勝負どころは35キロを越えた坂」と考え、そこまで喰らいついていける足をつくってきた。しかし、ここにきて早くも歯を食いしばって走る表情が、テレビ画面に映し出されていた。

「15キロぐらいからすごくペースが上がっていったんです。あそこ(大迫らに抜かれたところ)で1、2キロ我慢できていれば、その後ペースは上がっていかなかったので、自分のなかのレース展開も変わっていたかもしれない。でも、ついていけなかった。自分の力不足を突きつけられた感じがありました」

 そして19キロを越えると、神野は第2集団から離れていった。それでも沿道からの大声援を受けて、懸命に走った。

「沿道の声援とか盛り上がりは、箱根よりも上だったんじゃないかな。それぐらい、この大会の大きさを感じました」

 神野は青学大時代から声援を受けてパワーをもらい、それを走る力に変えてきた。だが今回は、これまでにない声援をもらうも、体力は消耗していった。

 折り返し地点では、トップを走る設楽、そして大迫らの第2集団から離れ、第3集団のなかにいた。トップを走る設楽の足は止まりかけていたが、神野も「前と離れてしまった」という状態で、五輪の椅子は遠のいていくばかりだった。力強く走る前の選手を追えず、神野はマラソンの難しさを痛感していた。

 レースは中村がトップでゴールに駆け込み、2位には服部が入り、ともに東京五輪への切符を勝ち取った。大本命だった日本記録保持者の大迫は3位に終わり、残り1枠はMGCファイナルチャレンジ(※)の結果を経て、決定されることになった。

※福岡国際マラソン、東京マラソン、びわこマラソンの3レースのなかで、派遣設定記録(2時間05分49秒)を上回り、最も速いタイムを出した選手が代表に内定。突破する選手がいない場合は、MGCで2枠に入らなかった次点のランナーが選ばれる

 神野は、中村がゴールしてから6分後にフィニッシュした。

「今日までしっかり準備をやってきましたし、自分の力を出した結果だと思うので、この結果を受け入れたいと思います」

 悔しさを噛みしめながら、神野は冷静にそう語った。

 高木コーチの言葉にもあったように、このレースに向けてやれることはやってきた。中野ジェームズ修一フィジカルコーチも「この2年の成長はすごかった」と、神野のマラソンランナーとしてのレベルが急速に進化したことを評価していた。

 だが、それでも最後まで勝負できるポジションにはいられなかった。中野コーチは言う。

「マラソンの強化を本格的に始めて、まだ2年ちょっと。そんな簡単に五輪の選手にはなれない。これをさらに4年続けていくことで、五輪レベルになれる感じだと思います」

 レースを振り返れば、20キロぐらいまでは互角に戦えた。しかし、そこからラップがガクンと落ちていった。

 15キロから20キロまではペースが上がった分、前の5キロ(10〜15キロ)よりも22秒速くなっていた。だが、第2集団から離れた20キロ以降は急激に落ち込んだ。とりわけ25キロから30キロは16分43秒で、前の5キロ(20〜25キロ)より1分近くタイムを落としている。その後も30〜35キロは17分13秒、35〜40キロは17分46秒と、ペースダウンは顕著だった。

 逆に、優勝した中村や服部、大迫らは一番苦しいはずの35〜40キロでペースを上げていた。神野がマラソンで勝つためには、レース終盤でペースを上げられる体づくり、足づくりが必要になる。

 レース前、神野は「36キロの坂からが勝負」と語っていた。優勝した中村が見せたように、トップ集団でポジションをキープし、35キロ以降で勝負に出るようなイメージを神野も抱いていたはずだ。だが、12キロと予定よりもはるかに早く前に出て、集団から選手を振るい落とすようにレースを引っ張り始めた。

 なぜ12キロだったのか。なぜそこで前に出たのか。今回のレースを今後に生かすためにも、検証すべきところは多々ある。

 そして残された1枠、MGCファイナルチャレンジをどうするのか。レース後、そのことについて神野はこう言った。

「東京五輪を目指してやってきたので、可能性がある限り、狙っていきたいと思いますけど……2時間5分49秒というのは、そう簡単に出せるタイムではないと思います。いつもなら『2時間5分49秒を狙っていきたいです』と言うと思うのですが、僕のベストが2時間10分18秒。今の時点ではそのタイムが見えないのが現実です」

 気持ちはあきらめたくないが、現実的には相当に厳しい。5分近くもタイムを縮めるのは並大抵のことではない。

 まだMGCが終わったばかりで、次のことなど考えられないだろう。ただ、個人的には3つのレースのうち、どれかを走ってほしいと思う。代表権がかかったレースを走るというのは、普通のそれとは違う。痺れるような経験が、神野をワンランク上のランナーへと押し上げてくれるような気がするからだ。

 MGCのあと、神野はこれまでとは異なり、敗れたとはいえ充実感を漂わせていた。

「今、涙が出ていないのは、やり切った結果だと思います」

 神野はキッパリとそう言った。

 最大の目標にしていたMGCのレースは終わった。次に、神野は何をモチベーションに、どんな目標を掲げ、どう動くのか。MGCファイナルチャレンジへの挑戦を含め、神野が次に発する「言葉」が楽しみだ。

著者:佐藤俊●文 text by Sato Shun


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索