スコアアップに不可欠な15〜20ヤードのアプローチを成功させる秘訣

スコアアップに不可欠な15〜20ヤードのアプローチを成功させる秘訣

世界一流コーチのメソッドで解消する
アマチュアゴルファーの悩み(2)
――アプローチ編




 若き日よりアメリカに渡った吉田洋一郎氏は、「世界ナンバー1のゴルフコーチ」とも称されるデビッド・レッドベター氏ら、およそ100名以上の一流インストラクターに最先端のゴルフ(レッスン)メソッドを学んできた。

 レッスンのプロが100人いれば、100通りの理論があるのが、ゴルフというスポーツ。本連載では世界のトップゴルファーが取り入れている技術、思考法、トレーニング法を、吉田氏が日本のアマチュアゴルファーのために特化して、伝授する――。

◆レッスン3:15〜20ヤードのアプローチ(理論編)
フェース面でボールを上げようとせず、
いかにバウンス部分を芝に滑らせるかが大事




 ドライバーショットも、パターも同じ1打です。しかし、ティーショットやセカンドショットに気を取られるあまり、ショートゲームを軽視しがちなのが初心のアマチュアゴルファーではないでしょうか。

 スコアメイクで重要なのは、パッティングとともにグリーン周りからの寄せ、アプローチです。とりわけ、ピンまで15〜20ヤードを確実に1パットの距離に寄せられることで、スコアは飛躍的に伸びていきます。

 15〜20ヤードというと、フルショットではなく、加減したショットが必要となります。また、ライやグリーンのアンジュレーションによって、ロブのように打ち上げるボールか、転がしていくかの選択も迫られます。

 まず、やや高いボールを打ちたい場合、ボールを右足寄りに置いてハンドファーストに構え、ボールに対してクリーンに、カツンと当てるようなスイング軌道を思い描くゴルファーが多いのではないでしょうか。

 しかし、この打ち方だとダフってしまって、いわゆるざっくり(リーディングエッジが芝に刺さってボールが飛ばないこと)になってしまう危険性が高いです。ボールを右側に置いてしまうと、クラブのバウンス部分を芝に滑らせることが難しくなるので、結果としてダフってしまうのです。

 アプローチで大事なのは、リーディングエッジではなく、バウンスをいかに使うか(滑らせるか)です。そして、フェース面でボールを上げようとしないことです。

 このバウンスを滑らせる打ち方をマスターするために、フェースを開いて打ってみるといいでしょう。フェースを思いっきり開くと、バウンスを使わなければ上手に打てません。

 リーディングエッジが右を向き、フェース面が上を向いた状態で、スイングの軌道の中でバウンスを滑らせ、ボールを捉えていくイメージです。フェースを極端に開くことに抵抗のあるゴルファーもいるでしょうが、意外にも容易に打つことができます。

 一方で、転がして寄せたい場合は、ヘッドを立たせて打たなければなりません。ですから、SW(サンドウエッジ)や58度のようなウエッジをハンドファーストに構えてロフトを立たせるのではなく、はじめからロフトが立っているクラブを選択すべきです。

 たとえば、8番アイアンであれば、リーディングエッジが刺さってしまう危険を未然に防げます。ポイントは、ボールを上げたい場合のショットと同様、バウンスを滑らせることです。

 転がしたい場合の打ち方は、パッティングと同じように、コックを入れずにクラブを振り子のように使います。ボールに当てにいこうとはせず、やはりクラブのソール部分を芝に滑らせるような意識を持ちます。ウエッジを使った場合よりも、振り幅は小さくなりますので、刺さり気味でもボールは転がり、距離感のミスが減ります。

 アプローチに臨む前の判断として大事なのは、キャリーとランの割合です。たとえば、残り20ヤードを、10ヤード先のところに落とし、10ヤード転がしたいのか。あるいは、5ヤード先に落として、15ヤード転がしたいのか。

 目安として、この割合が1対1ならAW(アプローチウエッジ)、1対2ならPW(ピッチングウエッジ)、1対3なら9番アイアンあたりがいいのではないでしょうか。

 アメリカのインストラクターで巨匠に位置づけられるスタン・アトレーは、通常のアプローチで大事なのは、下半身だと言います。インパクトからフォローにかけて、左足を縦に伸ばすように教わりました。下半身でボールを捉える感覚が芽生えます。

 一方で、ランニングアプローチに関しては、上半身だけを使います。パターと同様、クラブを振り子のように動かし、ボールを捉えていくのです。

 クラブのソールにあるバウンスを使ったショットを体得するには、バンカーで練習するのがいいと思います。砂地であればバウンスを滑らせる感覚を身につけられますし、何より多くのゴルファーが苦手意識のあるバンカー対策にもなります。

◆レッスン3:15〜20ヤードのアプローチ(実践編)
バウンスを滑らせる感覚を身につけて、
ダフリ、ざっくりをなくそう!

●キャリーとランの比率が1対1のアプローチ













トップやざっくりには気をつけたい。そのためには、ボールは中央もしくは中央より左に置く。ボールを右足寄りに置くと、バウンスを滑らせることができない。注意点としては、ハンドファーストには構えないこと。

●意識はソールに





フェースを開き、ソール部分を意識して、バウンスを滑らせる軌道の中でボールをとらえる感覚をつかめば、自然とボールは上がってくれる。

×




写真のようにリーディングエッジがボールに当たってしまえばトップになってしまう。

×




フェース面でボールをとらえようとすると、ざっくりの原因になってしまう。

●キャリーとランの比率が1対4のアプローチ













ランを出したい場合、SWや58度のウエッジをハンドファーストに構え、ロフトを立たせて打とうとすると、難度の高いアプローチになってしまい、シャンクなどにもなりやすい。最初からロフトが立っている8番アイアンを手にし、パターのように振り子運動でボールをとらえることで、容易にランの出るアプローチが可能になる。インパクト後、ヘッドを前方に出すようなイメージを持つ。


●ハンドファーストは禁物
×




ウエッジにしろ、8番アイアンにしろ、アプローチではハンドファーストには構えないこと。リーディングエッジが芝生に突き刺さってしまう原因になる。

著者:吉田洋一郎●レッスン lesson by Yoshida Hiroichiro


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索