宇野昌磨に戻った笑顔。感情を伝える相手「ステファンがいてよかった」

宇野昌磨に戻った笑顔。感情を伝える相手「ステファンがいてよかった」

 11月16日のグランプリ(GP)シリーズ・ロステレコム杯のフリー、宇野昌磨は表彰台を狙ったが、演技終了後に苦笑いを浮かべてしまう結果になった。

ロステレコム杯で4位に終わった宇野昌磨

「4回転フリップは跳べる気がしなかったので、昨日ステファン(・ランビエル)と話して『サルコウをやってみたら』と言われて。『跳べなくてもいいからとりあえずはやって、そのあとをまとめることが大事』という話をして、サルコウに変えることを決めました」

 宇野がこう話すように、朝の公式練習から挑戦していた4回転サルコウを冒頭に持ってきた。だが案の定、転倒。それだけではなく、次に予定していた4回転トーループ+2回転トーループは、ジャンプに入る構えをとっただけで跳ばずにスルーしてしまった。

「サルコウを失敗してコケたら、左足が靴の中で動いてズレてしまったんです。それでどうしようかと思って、『ワンチャンス、跳べるかな』とも考えたけど、跳ぶ瞬間に『でも無理だよな』と思ったらスルーしていて……。『おっ』と思ったけど、そこから『どうしよう!』ではなく、笑いながら『どうしよう……?』という感じだった。

 とりあえずもう1本(のジャンプ)をどこに入れようかとずっと考えながら滑っていて、『後半になればなるほど忙しくなるな』と考えていたけど、入れるところが全然なかった。でも終わってみたら意外と後半もまとまっていました」

 靴の中の足のズレは、「少し滑れば直るだろうなと思っていた」とおりすぐに直った。その後、リカバリージャンプを入れられなかったが、「靴のズレを気にするよりスルーのインパクトが強烈だったので、そのおかげか次のトリプルアクセルは練習どおりに跳べました」と言うように、トリプルアクセルはGOE(出来ばえ点)加点2.74点を獲得する出来にした。

「そのほかのジャンプも練習どおりに跳べたので、あのスルーはよかったということになりますね。本来やってはいけないし、選手としては『どうかな?』という行為かもしれないけど、それが何か、逆に気持ちの切り替えになるポイントになった」

 宇野は、すべてのジャンプが終わってから滑っているはずのステップシークエンスの最中も、「とりあえず何かを跳ばなければ点数にならない」と考えていた。だが、自分が4回転+2回転を跳んだのか跳んでないかも忘れてしまうほど、何も考えられなかった。3回転ジャンプを跳ぶという選択肢もあったが、どれを跳んだらいいのかわからなくなってしまっていたため、安全を考えて4回転トーループを跳ぶことを決断。コレオシークエンスを短くしてそのあとに単発で入れたが、回転不足を取られて転倒という形になってしまった。

「最後の4回転は跳べる気はしなかったけど、ジャンプをスルーしたのは初めてだったし、思わぬ行動になったので自分でもビックリしていました」と振り返る宇野は、演技終了の瞬間は苦笑いを浮かべるしかなかった。

 結局、フリーの得点は164.95点で、合計252.52点。ショートプログラム(SP)で3位のマカル・イグナトフ(ロシア)を追い抜くことができず、0.63点差で4位に終わった。

「ジャンプをスルーしたあとは『すぐ跳ぼうかな』とも思ったんですけど、『そのままスルーにした方が次に切り替えられるなかな』という気もしたから、あわてて跳ばずに、とくに焦ることもなくやっていました」

 こう話す宇野は、公式練習でもジャンプに関しては跳び急ぐそぶりはまったく見せず、ウォーミングアップの滑りをしっかりしてから淡々と挑んでいた。そんな姿勢が、的確な判断をさせたと言える。ランビエルが帯同してくれている安心感もあるのだろう。

「演技後の苦笑いは『やっちゃったな』という気持ちもありましたけど、スルーをしてから大崩れはしなかった。『やっちゃったー!』という感じよりも、笑いながら『やっちゃったな』という感じ。あの失敗を笑いに変えられたからこそ、そこからちゃんとやることができたのだと思います。

 ただ、今日のようなちょっと変わったミスをしてしまったとき、もしフランスのようにひとりだったら、終わったあとにああいう顔はしていなかったと思います。僕はあの時は間違いなく、ステファンに向かってああいう顔をした。その時に思っている感情を、そのまま表現できる相手がいるということは、すごくよかった」

 今大会ではSPもフリーもミスが出て、表彰台を逃した。だが宇野自身、この試合で目指したのは、練習ではかなりいい状態の自分の演技が、試合でどう出るかを確認することだったという。その点では最後に4回転トーループに挑むこともでき、「練習は無駄になっていなかった。それがちゃんと生きたなと感じることができた」と言う。それが今回の大きな収穫だ。


宇野の次戦は12月の全日本選手権の予定

 宇野はこのあと一度帰国し、1週間ほどしてから再びスイスへ行き、ランビエルの下で指導を受ける。そして12月の全日本選手権の1週間から10日前に帰国して、大会に備える予定だ。

 今季GPシリーズは大崩れとジャンプのスルーという、予想していなかったことを連続で経験することになった宇野。本人は「ホントですね、ビックリしました」と言うが、その表情には明るい笑顔が戻ってきた。それは、次に向かって進む気持ちがこれまで以上に高まったとことの証と言える。

著者:折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る