1994年7月17日アメリカ。パサデナのローズボウル・スタジアムは、9万4200人の観客で埋め尽くされていた。W杯アメリカ大会決勝のブラジル対イタリア戦。ともに優勝回数3回(当時)を数える強豪同士の対決に、スタジアムは熱気に包まれていた。試合は0−0のまま90分が過ぎ、延長戦も経過し、W杯史上初の決勝でのPK戦となった。

 私も記者として、その場に居合わせたひとりだった。お恥ずかしい話だが、私は取材する立場をすっかり忘れて、ブラジルに声援を送っていた。ハラハラするシーンが続き、何度も爪を噛んだ。

 真の記者は、たとえ自国のチームの試合でも、肩入れしてはいけないと思っている。それぞれ応援チームはあっても、記者もテレビクルーも、冷静を保つのが普通だ。しかしあの試合だけは違った。誰もが自分の仕事を忘れ、試合の行方に一喜一憂した。そしてPK戦のイタリアの最後のキッカー、ロベルト・バッジョのシュートがカリフォルニアの青空に向かって飛んだ時、私は飛び上がっていた。あの時の歓喜は今も忘れない。

 あの日のパサデナは暑かった。気温は40度近くあったろう。そして今年の1月9日も、同じくらい暑かった。この日、ブラジル北東部の都市フォルタレーザで、1994年W杯の決勝ブラジル対イタリアの再戦が行なわれた。当時からのサッカーファンならば、思わず手を打って喜びたくなるようなメンバーがそろった。


元ブラジル代表カフー(左)と元イタリア代表フランコ・バレージ

 ブラジルはキャプテンのドゥンガこそ欠いたが、ほぼ94年のメンバーがそろった。クラウディオ・タファレル、カフー、マルシオ・サントス、アウダイール、ジョルジーニョ、マウロ・シルヴァ、ジーニョ、マジーニョ、パウロ・セルジオ、ベベート、ロマーリオ、リカルド・ローシャ、ロナウダン、ヴィオラ。また、94年のメンバーではなかったが、ナポリでマラドーナとコンビを組み、日本の柏レイソルでもプレーしたカレッカがサプライズで登場した。

 イタリアもあの日と同じアッズーリのユニホームを着ており、チームを率いるのも94年と同じアリゴ・サッキだった。サッキは73歳になるが、いまだにエレガントだった。

 メンバーは若干、94年とは異なっていた。フランコ・バレージ、パオロ・ロッシ、ロベルト・ムッシ、アントニオ・ベナリーヴォ、アレッサンドロ・コスタクルタ、ルイジ・アポローニ、クリスティアン・パヌッチ、ステファノ・エラーニオ、デメトリオ・アルベルティーニ、ジャンフランコ・ゾーラ、ダニエレ・マッサーロ、ピエルルイジ・カシラギ。また、1990年イタリア大会の得点王、トト・(サルバトーレ・)スキラッチも参戦し、悪くないプレーを見せた。

 残念なのは、ロベルト・バッジョの姿がなかったことだ。なぜなら、少し前にもバッジョはあの日のPK失敗を嘆いていたからだ。

「今でもときどき、あのPK失敗を悔やんで眠れない夜がある。僕の子供のころからの夢は、W杯の決勝でブラジルとプレーし、1970年W杯(メキシコ大会)のリベンジを果たすことだった。しかしその夢まであと一歩のところで、僕は大きなミスを犯してしまった」

 バッジョにはぜひこの機会にリベンジを果たしてほしかった。欠場の理由は体調の問題だというが、それだけではないだろう。元ブラジル代表ブランコのように、参加だけしてプレーはしないという形もとれたはずだ。

 もちろん、この試合は勝負というよりも、お祭りだ。試合が始まると、みな現役時代よりは大きくなったお腹を抱えて笑っていた。だが、かつては世界のトップに君臨していた選手たちだ。試合が進むうちにだんだんと真剣みが増してきた。ヴィオラのシュートがオフサイドの判定でノーゴールにされた時は、みな真剣に悔しがっていた。

 試合は1−0でイタリアの勝利に終わり、イタリアは26年ぶりに雪辱を果たした。ゴールを決めたのはミランや日本の清水エスパルスでもプレーしたマッサーロ。バッジョ同様、94年の決勝でPKを失敗した選手であり、彼自身もリベンジを果たした形になった。

 マッサーロは58歳になるが、まだ十分に走ることができた。試合後、私が祝福の言葉とともにコメントを求めると、どこか苦しそうにこう言った。

「ゴールできたのは嬉しいけど、本当なら26年前にアメリカで勝っていたかったよ。この勝利があの時だったら……そう思うとちょっと泣けてくるね」

 ロマーリオにそのマッサーロの言葉を告げると、彼はこう言った。

「そう、我々は正しい時に負けたのさ」

 53歳になるロマーリオは、この夜の一番のスターだった。昔と変わらず、決して屈せず、チームを引っ張っていた。

 この試合が実現したことは別の意味を持つ。なぜならブラジルはいま、マスターズのW杯を開催しようと画策中だからだ。ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、イタリア、フランスなど、少なくとも8カ国は出場する大会にしたいと考えている。実現すれば面白いものになるだろう。

 試合後、ゾーラは嬉しそうにこう言っていた。

「やはりサッカーはすばらしいよ。26年たっても、みんなこうして見に来てくれて、人々を笑顔にできる。サッカーは世界をひとつに結びつけるために大事なものだと思うよ」

 すばらしい試合は、たとえ何年たっても、我々に喜びを与えてくれるものなのだろう。


著者:リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon