2020年クラシック候補たち
第8回:サトノフラッグ

 GI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)のトライアル戦、GII弥生賞(3月8日/中山・芝2000m)で、新たなクラシック候補が誕生した。

 美浦トレセンの国枝栄厩舎に所属するサトノフラッグ(牡3歳/父ディープインパクト)である。


弥生賞を制して、クラシックの有力候補に浮上したサトノフラッグ

 同馬は、競走馬のセリ市「セレクトセール」(2017年)において、当歳セクションで1億6500万円(税別)の高値をつけた血統馬だ。ただ、昨年10月のデビュー戦(東京・芝2000m)では、6着に終わった。

 勝ち馬から大差をつけられての敗戦で、「評判倒れ」といった声も聞かれたが、同馬が本領を発揮したのは、2戦目からだった。

 新馬戦と同じ舞台となった2歳未勝利(11月16日)。先行集団の後ろに取りつくと、直線で早め先頭に立って、そのまま突き抜けた。

 終わってみれば、2着に3馬身差をつける圧勝劇。勝ちタイムは1分59秒5と、2歳コースレコードを記録した。

 続く3歳1勝クラス(1月5日/中山・芝2000m)も、圧巻のレースぶりだった。3〜4番手の好位につけると、3コーナー過ぎから徐々に上がっていって、ここでも直線を迎えてすぐに先頭へ。あとは、後続を一気に突き放して快勝した。

 そうして、挑んだ弥生賞。2番人気に推された同馬は、11頭中8番手を追走し、3コーナー過ぎから大外を豪快にまくっていった。再び、直線に入って早め先頭に立つと、力強く伸び続けて、後続の追撃を振り切った。

 2着に退けた1番人気ワーケアは、昨年末のGIホープフルSで3着に入った実力馬。その馬をまったく寄せつかなかった完勝で、クラシックへの期待が大きく膨らんだ。

 初戦の大敗から、その後は抜群の内容で3連勝。その戦いぶりについて、国枝厩舎のスタッフはどう見ているのか。関東競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「初戦の負けについては、『あとから振り返ると、まだ暑さが残っていて、馬がボーッとしていた』とスタッフ。また、レース前にイレ込まないようにメンコをつけていたのですが、『それで、かえって落ち着きすぎてしまった』と話しています。

 実際、暑さが落ち着いて、メンコの着用をやめた2戦目以降は3連勝。これこそ、サトノフラッグの本来の姿なのでしょう。

 国枝厩舎では、姉のバラダガール(牝/父ハーツクライ)も管理していましたが、『タイプがまったく違う』とのこと。姉は長くいい脚を使うタイプでしたが、サトノフラッグは『素軽さがすばらしい』とスタッフは評価しています。それが、レコード勝ちや、4コーナーから直線にかけての反応のよさにつながっているみたいです」

 ちなみに、間近で見ているスタッフによれば、サトノフラッグは「まだまだ完成途上」だと言う。先述のトラックマンが続ける。

「ほとんど気にならないレベルではありますが、サトノフラッグはまだ少しソエ(※成長期の若馬に見られる骨膜炎)の傾向があるようです。事実、調教も100%ビシビシやっているわけではありません。逆に言えば、成長途上の段階であの走りですから、パンとしてきたらどこまで強いのか――楽しみでなりません」

 牡馬クラシック第1弾の皐月賞には、クリストフ・ルメール騎手とコンビを組む。そこでの走り次第では、最高峰の舞台となるGI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)に向けて、さらに希望が膨らむ。

 成長途上でありながら、凄まじい強さを見せるサトノフラッグ。強豪相手の大舞台でどんな走りを見せるのか、必見である。

著者:河合力●文 text by Kawai Chikara