【連載】チームを変えるコーチの言葉〜大家友和(1)

 コーチとして迎える3度目の春季キャンプが始まる直前のことだ。大家友和に新しいシーズンに向けての抱負を尋ねると、すぐに笑顔になってこう答えてくれた。

「新任のコーチが来てくれるので、彼といろんな取り組みができればいいな、と思っています。そのうえで、結果を残してくれる選手がたくさん増えればいいなと。それだけですね」


2018年からDeNAの二軍投手コーチを務めている大家友和

 2020年、DeNAのコーチングスタッフは一部改編され、一軍投手コーチだった三浦大輔がファーム(二軍)監督に就任。それに伴い新たなファーム投手コーチに牛田成樹が就任し、大家の相棒となった。

 牛田は10年前、大家が米球界から横浜ベイスターズに復帰した年、セットアッパーで活躍した元同僚。5歳年下の後輩でもある新任コーチとの共同作業を楽しみにしているようだった。

 メジャー通算202試合登板で51勝の実績があり、日本プロ野球と日米の独立リーグでもプレーして現役生活24年。それだけ豊富なキャリアを持つ大家にも、牛田と同じく「1年目のコーチ」の時があった。17年春先の引退決意から約6カ月後、古巣から声をかけられていざチームに帯同した時、まず、何を、どうしたい、と考えたのだろうか。

「何もないです。何も自分の考えを持ち込むのではなく、まず選手を見る。見なきゃ何も起こらないですから。幸い、就任前年の秋季練習からチームを見る機会をいただいて、いろんなことを把握できました。翌年2月から初めて、ではなく、事前に選手を見る、選手から聞く時間があったのでスムーズでしたね。これは僕が現役の時、マイナーでしていただいたのと同じことです」

 1998年12月、憧れていたメジャーに挑むためベイスターズを自由契約になった大家は、ボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ。翌99年3月、レッドソックスのマイナーキャンプに参加して以降、2Aのトレントン・サンダーの監督、コーチから見られる日々が続いた。

「どういう選手かわからない、というところが根本的にあるので、いま振り返れば、ずっと見られていたなと思いますね。言語の違いで、僕のコミュニケーション能力がその時点では高くなかったこともあって、より、見ることに重きを置かれたんじゃないかと」

 野茂英雄(元・近鉄ほか)が95年に海を渡ってから四半世紀。今でこそ、米球界において日本人投手は一定の評価を得ているが、99年当時はまだ”黎明期”だった。野茂のあと、大家の前、メジャーのマウンドに上がった日本人投手は6人しかいなかった。

 まして大家自身、京都成章高からドラフト3位でベイスターズに入団し、94年からの在籍5シーズンで一軍ではわずか1勝。日本での実績はないに等しかったから、なおさら「わからない」投手だった。見るという言葉は、「観察」に置き換えられるだろう。

「まさに、そうですね。いろんなことに対しての適応力も見られていたと思いますし、マイナーリーグでやらなきゃいけない仕事をこなす内容だったり、取り組む姿勢だったり。

 その点、僕が2Aの試合で結果を残すにつれ、いったい何をどう過ごしていて、どういう練習をして結果を出しているのか、という興味もおそらく持ってもらったと思います。そこに行き着くまで、もちろん会話はするんですけども、やっぱり、見られていたと思います」

 大家が出した結果は、開幕8連勝。12試合に先発して8勝0敗、72回を投げて防御率3.00という好成績だった。もっとも、勝ち続けたなかで毎試合、好投していたわけでもなく、何度も味方打線に助けられたという。

 そのなかで、コーチからはどう指導されたのか。アメリカでは、メジャーのコーチは選手のほうから聞かないとほとんど技術の指導はしない、マイナーのコーチは細かい技術指導もする、とよく言われている。当時、実際にはどうだったのだろうか。

「技術については、ここに欠点がある、とコーチが判断したら、『こうだよ』といった話はもちろんしていました。ただ、それはコーチ自身のアプローチの仕方にもよりますし、そこは日本もアメリカも一緒であって、メジャーはこう、マイナーはこう、と決まっているわけではありません。

 たとえば、日本のプロ野球での実績があって行かれる方は、ある程度の技術やルーティンを持たれてメジャーでプレーする。となれば、そのレベルの選手に対して、あまりコーチは言わないでしょう。僕自身、日本で十分な実績があって行っていたら、何も言われなかったかもしれません」

 2Aの投手コーチに言われたアドバイスは「ステイ・バック」。投げる時の軸足にしっかりと体の重心を残せ、という意味だ。当時の大家は、ピンチになると気持ちの焦りが投球フォームに出る悪癖があり、投げ急ごうとして体が前のめりになってしまっていた。それを修正するための助言だった。

 コーチの助けもあって2Aで結果を出した大家は、6月半ばに3Aに昇格。ポータケット・レッドソックスでプレーし、マイナーでの連勝を11に伸ばすと、7月18日にメジャーに昇格する。やはり、3Aでもコーチに助けられた面はあったのだろうか。

「助けていただいたことはたくさんあって、それらを総合的に実践していけたことが大きかったですね。一つひとつ、コーチに言われたことを選択して、つなぎ合わせていくのが選手の仕事だと思うし、選手自身、選択していかないといけない。それは僕自身、うまく選択していけたので、与えられたものに対して、押しつけ、という印象はなかったです。

 その後、メジャーで結果を出せるようになってからも、コーチと話したことがいろんなところで助けになったり、ならなかったり(笑)。そのあたりは人にもよりますし、環境にもよります。だから、アメリカで出会ったコーチ全員が僕を助けてくれたかというと、その限りではないです」

 翻って、DeNAの若い投手たちを助ける立場になって、選手を見る、選手から聞くという期間を経てアプローチしていく時、必然的に選手それぞれ違う形で関わっていったのだろうか。

「それは身長が190センチの選手もいれば、160センチの選手もいますから、当然のことですね。あるいは、いろんなことの理解度の違いがありますから、しっかり見定めなければいけないなと思っています。そのためにはある程度、付き合う時間も必要です。

 何せ、最初、こちらへの信用度はあるわけないんで(笑)。お互いの信頼、信用という部分で、お互い知らなきゃいけない、知ってもらわなきゃいけない。とくに若い選手においては、なかなか、それなしにできませんから。時間と手間をかけないといけないのは、間違いないですね」

つづく

(=敬称略)

著者:高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki