試合が始まる前から、無観客試合ということが惜しまれるシーンが見られた。

 ジャイアンツ球場の一塁側ファウルエリアで大遠投を繰り返す2人組がいた。キャッチャーミットをはめてホームベース付近にいたのは現役選手ではなく、日本体育大の辻孟彦コーチだった。かつて中日で投手としてプレーし、近年は松本航(西武)ら好投手を続々とNPBに送り出している敏腕コーチである。

 辻コーチの相手はライトフェンスを背にして立つ、小柄な左腕だった。2014年に現役を退いた辻コーチが投じたワンバウンドのボールをキャッチすると、軸足一本でケンケンをする。その反動を生かして左腕をしなやかに振ると、ボールはぐんぐん加速して辻コーチのミットに大きな音を響かせた。ボールの勢い、回転、球筋、どれをとっても惚れ惚れするボールだった。


藤嶺藤沢高時代からプロ注目の投手だった矢澤宏太

 この左腕は巨人三軍とのオープン戦で先発する矢澤宏太である。藤嶺藤沢高(神奈川)から日本体育大に進んだ新2年生。昨冬の大学日本代表候補合宿には1年生ながら招集され、再来年のドラフト候補と言っても差し支えないだろう。

 遠投の後、徐々に距離を縮めて約20メートルの距離から立ち投げに移る。このときのボールは凄まじかった。辻コーチはミットを弾き飛ばされそうになりながら、やっとの思いで捕球していた。強烈なスピンのかかった快速球。試合が始まる前から、とんでもないものを見せてもらった。

 試合後、矢澤に試合前の遠投とキャッチボールについて聞くと、まずは辻コーチのリアクションについて突っ込みが入った。

「辻さん、よくやるんですよ。試合前のピッチャーに気持ちよく投げてもらおうと、ちょっと大げさに捕るんで」

 そう言って矢澤は苦笑した後、こう続けた。

「遠投は結構好きで、自分の一番いいフォームで投げられるんです。平地ではいいけど、マウンドに立つと傾斜もあるし、距離も近いので変わってくる。マウンドでも遠投の感覚で投げられたらいいんですけどね」

 はっきり言って、試合ではさほどアピールはできなかった。2回2/3を投げて被安打4、奪三振2、四死球5。大量に出塁を許したものの、3併殺を奪ったため失点は2で収まった。制球に苦しみ、ストレートも最速141キロ止まり。それでも時折、スピンの効いた快速球を投げ込み、素材のよさは見せた。矢澤本人にも焦りはない。

「今日は感覚のいい球がなかったですけど、指先とか細かい部分にこだわらずにまずは体を作ることを考えたいと思います。大学進学という選択肢を選んでいるので、目先の試合よりも2年後に自分がどうなるかを考えながら、長い目で見てやっていきたいです」

 矢澤は高校時代にプロ志望届を提出しながら、ドラフト指名漏れに終わっている。日本体育大に入学後は基本的に投手の練習メニューをこなしながら、打撃練習にも毎日参加。1年時はおもに野手としてプレーした「二刀流」である。

 二刀流は現在も継続中で、矢澤は「保険をかけるつもりならやらないほうがいいと思いますが、ピッチャーでも野手でも勝負しているつもりです」と語る。

 思えば、高校時代から独特な感性を持った選手だった。ウエイトトレーニングを好まず、身体感覚に強いこだわりを持っていた。打者としては対戦相手が右投手の場合はすり足、左投手の場合は足を上げるなど、タイミングの取り方を変えた。

 3年夏の公式戦では、こんなプレーがあった。矢澤が放った内野ゴロをセカンドが弾き、ライト方向に転がった。それを見た矢澤は、一塁を回って大きくオーバーランすると、あわてて一塁に戻る仕草を見せた。それを見たライトが一塁に送球した刹那、矢澤は踵を返して猛然と二塁に向かって全力疾走し、余裕で二塁を陥れた。試合後にこのプレーについて聞くと、矢澤は平然と「狙っていました」と語った。とにかく鋭敏なフィーリングを持つ野球選手なのだ。

 高校時代の体のサイズは身長172センチ、体重63キロ。いかにも線が細かったが、前述したように本人には体の使い方に強いこだわりがあった。それでも、大学に入学後は辻コーチとコミュニケーションを重ねるなかで、心境の変化が生まれた。

「自分の場合は走ることも腕の振りも、スピードが持ち味なので、それを生かしたいと思っていました。でも、高校時代はそれではプロに行けなかった。技術練習だけした場合と、筋力を上げた上で技術練習をした場合の成長幅を比べてみたら、明らかに筋力を上げたほうが成長できると思ったんです」

 2018年には松本、東妻勇輔(ロッテ)が、2019年には吉田大喜(ヤクルト)がプロに進み、今年は森博人がドラフト上位指名候補に挙がる。矢澤を含めて、全員175センチ前後の大型とは言えない投手である。そんな先輩たちを見ながら、矢澤は筋力の重要性を肌で感じてきた。

 現在は体重69キロまで増量。とはいえ、「筋力をつけることも大事ですが、それを動かせるようにしないと意味がない」と身体操作へのこだわりは持ち続けている。

 高校時代にドラフト会議で指名されなかったことは、不幸なことには違いない。だが、順調なステップを歩む今の矢澤の姿を見ると、日本体育大に進学したことは結果的に幸福な進路になったような気がしてならない。

 そんな印象を本人に伝えると、矢澤は「僕もそんな気がします」と答えた。

「今をどう生きるかももちろん大事ですが、4年後のためにどうあるべきかを考えて、どう過ごすかがとても大事だと思います。大学はその計画が立てやすいので」

 寮生活では夕食に1時間半から2時間かけて食事に取り組む。たとえ試合前であっても、矢澤は辻コーチからこう言われるそうだ。

「今のために調整するのか、2年後のためにご飯を食べるのか?」

 矢澤の大学生活は2年目に突入したばかり。それは、野球ファンにとって逸材の成長を見守る時間がまだまだ残されていることを意味する。

著者:菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro