日本プロ野球名シーン
「忘れられないあの投球」
第3回 西武・松坂大輔
プロ初先発・初勝利(1999年)

 高校野球で”怪物”と恐れられていても、夏の甲子園決勝でノーヒットノーランを達成しても、プロ野球はレベルが違う。同じ野球という競技であっても、高校野球とプロ野球は地続きではない。18歳の高卒ルーキーが、修羅場をくぐり抜けた打者たちをバッタバッタと切って取るシーンなんて見られるはずはないだろう。1999年4月7日、東京ドームの外野席に座っていた筆者はそう思っていた。


プロ初先発の日本ハム戦で勝利を挙げた松坂

 1998年春のセンバツで優勝、夏の甲子園ではPL学園(大阪)、明徳義塾(高知)など強豪に勝ち、決勝では京都成章(京都)をノーヒットノーランで抑えて深紅の大優勝旗を手にした。1998年の松坂大輔は確かにすごかった。しかし、PL学園時代に甲子園で通算20勝を挙げた桑田真澄でも、読売ジャイアンツ入団1年目はわずか2勝に終わっている。松坂が呼び名通りの”怪物”でも、「プロの洗礼を浴びるのではないか」と見る向きも多かった。

 西武ライオンズにドラフト1位で入団した松坂が、プロデビュー戦で対戦したのは北海道に移転する前の日本ハムファイターズ。”ビッグバン打線”の異名をとるだけあって、破壊力はすさまじい。1番はいぶし銀の井出竜也、2番はのちに2000安打を達成する強打の小笠原道大。3番には、1987年に甲子園春夏連覇を果たしたPL学園の主砲・片岡篤史が座っている。

 1回裏、井出は148キロのストレートで見逃し三振。小笠原にはピッチャーゴロを打たせ、落ち着いてツーアウトを取った。片岡に対しては、キレのいいスライダーでカウントを整え、最後は155キロの快速球で空振り三振に仕留めた。片岡が後ろに倒れ込んだ瞬間、東京ドームは大きなどよめきに包まれた。甲子園を沸かせた”平成の怪物”が、プロ野球の壁を軽々と飛び越えた瞬間だった。

 5回裏には、(マイカ・)フランクリンに投じた内角のボールによって、両軍が入り乱れて乱闘寸前になったが、松坂は冷静さを失うことなく、6回途中までノーヒットピッチング。8回裏には小笠原に一発を浴びたものの、8回を被安打5、9奪三振で2失点に抑えて、プロ初登板を初勝利で飾った。

 松坂はルーキーイヤーに16勝(5敗)を挙げて最多勝利のタイトルを獲得。新人王にも選ばれ、ベストナイン、コールデングラブ賞まで手に入れた。

 高卒ルーキーはなぜ1年目からプロ野球で活躍できたのか?

 要因のひとつは、投げること以外の部分がプロのレベルに達していたこと。横浜高校の小倉清一郎部長(当時)は、プロで活躍が見込めるピッチャーにはバント処理やけん制など、フィールディングの練習を課すことで知られている。デビュー戦の初回、小笠原の打球は、マウンドの右後方(ショート前)に跳ねる難しい打球だったが、松坂は下がりながら簡単に処理した。松坂は「プロ入り前から、フィールディングには自信を持っていた」と語る。

「プロに入ってから、一番の助けになったのはフィールディングじゃないですか。高校時代、毎日、嫌になるくらい練習させられましたから。バントがありそうな場面では、『バントしてこい』と思っていました」

 そして何より、彼を支えていたのは自分のボールに対する信頼だろう。松坂は高校時代を振り返って、こう言った。

「高校2年の秋からは、ストレートが速くなったこともあって、相手のバッターが『もう打てない』という雰囲気になっていました。実際に打たれないし、点も取られない。それからはもう、自分がどんなボールを投げるかだけ。普通に投げれば『まあ、打たれないだろうな』と思っていました。バッターと勝負をする必要がなかった」

イチローから3連続三振を奪ったあとに「今日で、自信が確信に変わった」という名言を残したのは、5月16日のオリックス・ブルーウェーブ戦。プロデビュー戦も、イチローとの初対戦でも、完全に相手を見下ろして投げていた。打ち取られた打者は天をあおぎ、すごすごとベンチに下がるしかなかった。

 そのシーズンの途中、私は他の投手の取材を待つ間に、西武ライオンズの二軍グラウンドで松坂のピッチング練習を見る機会に恵まれた。守備位置には野手は誰もおらず、松坂だけがマウンドに立っていた。無音のグラウンドに、キャッチャーミットを叩く音だけが響く。右腕がしなやかに体に巻きつき、ボールは獲物を狙うカメレオンの舌のようにホームベースに向かって伸びていった。

 あれから21年。松坂は9月に40歳になる。日米で通算170勝を挙げた右腕は、その代償として数々の傷を負った。かつてのしなやかさや若さも、もうない。10代の頃のようにバッターを見下ろして投げることが難しくなっている。

だが、好打者の片岡がひっくり返るほどの空振りをした155キロのストレートが、今も私の頭の中に残っている。

著者:元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro