日本プロ野球名シーン
「忘れられないあの投球」
第6回 横浜DeNA・三浦大輔
ソフトバンクとの交流戦(2015年)

 両翼94m、中堅118m、フェンスの高さ5m。

 プロ野球界にあってフィールドが最も狭い部類に入る横浜スタジアム。この球場で投げることの難しさを最も知っているのが、現在、横浜DeNAベイスターズの二軍監督を務める三浦大輔だろう。

 現役生活25年、チームのエースとして浜風が強い日も雨の日もマウンドに立ち続け、2016年シーズンを最後に引退した。

 忘れられない名場面が星の数ほどある三浦だが、強靭なメンタルと老獪な投球術をいかんなく発揮したのが、2015年6月3日のソフトバンク戦である。


25年の現役生活で通算172勝をマークした三浦大輔

 この試合、語り草となっているのが柳田悠岐の超特大ホームランだ。6回表、三浦の高めに浮いたスライダーを柳田は完璧に捉え、推定飛距離145mのソロ本塁打を放ち、バックスクリーンのLEDビジョンの一部を破壊し大きな話題となった。

 しかし”忘れられない1球”は、このホームランにあらず。三浦が真骨頂を見せたのは、7回表に巡ってきた柳田の次の打席である。同じ轍は二度と踏まない──三浦は、あの日のことを振り返る。

「気持ちだけは絶対に負けないって思っていましたよね。あの強力打線を目の前に、しかも強いフォローの風が吹いていた。ソロホームランを怖がっていたら、自分のピッチングができない。それがハマスタでの戦い方。ただ、ランナーをためてドカンというのだけは避けないといけない」

 場面は同点の二死一、三塁。ヒットはおろか、キャッチャーが後逸すれば勝ち越しを許してしまう。並のピッチャーであれば、前の打席で強烈な一発を打たれた相手に、冷静なピッチングをするのは難しい。だが三浦は、焦る表情を一切見せることなく泰然自若としていた。この堂々としたマウンドでの立ち居振る舞いこそ、長年”ハマのエース”として君臨してきた所以である。

 そしてこの場面で、三浦は初球、2球目とフォークを連投。ワンバウンド処理のうまい高城俊人を信じて投げ切った。柳田は2球とも見送り、カウントは2ボール。ここで三浦は次のような選択をする。

「前の打席の印象からインハイのカットボールが有効だろうという感覚がありました。2ボールになった時点で、あくまでもストライクだけを取りにいくようなピッチングはしちゃいけないって。おそらく相手は外に張っていると思っていたので……」

 三浦はコースぎりぎりにインハイのカットボールを投げ、見逃しのストライク。続く4球目もインハイのカットボール。これは柳田が見極め、カウントは3ボール1ストライクとなった。苦しい状況になったが、三浦の選択肢はあくまで”攻め”だった。

「もう1球、インハイのカット。おそらく、最初のストライクが残像としてあると思ったので、手を出す可能性がある」

 三浦の読みどおり、インハイのカットを柳田が強振しファウル。これでフルカウントとなった。この時、三浦はこう確信したという。

「ここでアウトローが通る」

 マウンドに立つ者にしか見えない光の筋がそこにはあったという。三浦が選んだ決め球はアウトローのストレート。しかし、高城のサインはストライクゾーンから落ちるフォークだった。

「向こうはだぶんインハイかフォークを待っていたはず。だから、首を振りましたよ。ここだけは絶対に譲れない、と」

 サインを確認した三浦はセットポジションに入ると、ランナーを警戒するように長めにボールを持った。じつは、ここにも三浦ならではの計算があった。

「細かいことを言うと、少し長めにボールを持って、バッターを焦(じ)らせたというのはありますね。相手にいろいろと考えさせる。できる限りの準備をして攻めましたよ」

 間をたっぷりと取った三浦から放たれたボールは、糸を引くようにアウトローに構えた高城のミットに吸い込まれていった。柳田のバットはピクリとも動かず、この日最速となる140キロのストレートで見逃し三振を奪った。マウンド上で小さく拳を突き上げた三浦は、大喝采のなか小走りにベンチへと引き上げていった。

「踏ん張りきれましたよね。あそこで1点取られたら終わっていた大事な場面。あの回でマウンドを降りたんですけど、次の回も頼むと言われてもダメだったでしょうね。出し尽くしたという感じです」

 三浦はそう言って笑った。

 ボール半個分を動かす絶妙なコントロールと、相手の呼吸まで読む繊細な駆け引き、そしてプレッシャーに屈しない強靭なメンタルとここ一番の集中力。柳田に投じた渾身のストレートは、”ハマの番長”のすべてが詰まった1球だった。

著者:石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi