高校野球・名将たちの履歴書
第3回 小倉全由(日大三)

 2018年12月、東京都の高校生選抜チームがキューバに遠征した。戦績は1勝3敗1分。年齢制限も曖昧で、ナショナルチーム候補もいる相手に負け越したのは仕方ないとして、すごかったのは東京選抜チームの首脳陣だ。

 監督は前田三夫(帝京)、コーチ陣は小倉全由(まさよし/日大三)、和泉実(早稲田実業)、市原勝人(二松学舎大附)。市原以外は全国制覇経験を持ち、その市原も二松学舎大附のエースとして1982年のセンバツで準優勝を果たすなど、とにかく豪華布陣だった。この時、誰よりも感慨にふけていたのは小倉だった。

「前田さんとあんなかたちでご一緒できるなんて……かつては思ってもいませんでした」


圧倒的攻撃力で2度の全国制覇を達成した日大三・小倉監督

 小倉は前田の8歳下。駆け出しの監督だった関東一高時代は何度も煮え湯を飲まされ、しかも同郷という敬意もあり、小倉にとって前田は雲の上の存在だった。実際、顔を合わせてもあいさつ程度がせいぜいで、私的な話ができるようになったのは、50歳を過ぎてからだという。

 小倉は1981年に関東一の監督となり、85年夏に同校を初めて甲子園へと導き8強入り。1987年春のセンバツでは準優勝に輝いた。そして1997年からは日大三を率いて、2001年夏、2011年夏に全国制覇を果たすなど、誰もが知る高校球界の”名将”となった。

 ただ、そもそも日大三OBである小倉が、なぜ関東一を率いるようになったのか、その背景は意外と知られていない。

 1957年に千葉・一宮町で生まれ育った小倉は、銚子商への進学を考えていたが、当時日大でプレーしていた6歳上の兄・博活さんから「レベルが高い」と勧められた日大三への入学を決めた。

 入学後に投手から三塁手に転向した小倉は、1年の夏前には練習試合に抜擢されるなど、素質を高く評価されていた。秋の新チームではベンチ入りを果たし、チームは東京都大会で優勝を飾った。だが、小倉は左肩に脱臼グセがあり、明治神宮大会ではベンチ入りから漏れ、翌春のセンバツでも背番号をもらえなかった。

 2年になると、今度は右肩を痛めるなどツキもなく、最後の3年夏は背番号13だった。

「先発全員安打でコールド勝ちした初戦、控えの僕も代打で使ってもらいました。『ここで一発……』と思っていたらデッドボール(笑)。バットを叩きつけてマウンドに向かっていきました。当時のチームメイトからは『おまえが高校野球の監督なんてわかんねぇよなぁ』って」

 高校卒業後、日大に進んだ小倉だが、野球をすっぱりと辞め、学生生活をエンジョイしようと考えていた。ところがその矢先、日大三でコーチを務め、秋から監督に内定していた小枝守から声をかけられた。

 小枝は小倉の兄・博活さんと大学時代の同級生で、小倉の高校時代も学生コーチを務めていた。その小枝から「遊んでいるなら練習を手伝え」と声をかけられた。当時、先輩の言葉は絶対で、合宿所に住み込んでのコーチ見習いが始まった。

 大学4年だった1979年夏、日大三は西東京大会を勝ち抜き17年ぶりの甲子園出場を果たした。初戦で天理(奈良)に敗れはしたが、小倉は試合前に任されたノックを今でもはっきりと覚えている。

「芝がきれいで、スパイクの刃が土にサクッと入ってね……もし監督としてここに来られたらどんなにいいだろうと、その時に初めて指導者という進路を考えましたね」

 甲子園のあと、当時の野球部長から「学校に残れ」と言われた。その言葉に安心し、就職活動はしなかった。だが新年度、秋から新監督を迎えることが決まり、小倉の就職はご破算となった。名門ゆえ、OBの力は大きい。そういえば、敗戦報告でOBの長老宅を訪れると、小枝監督が正座し、叱責される姿を何度も見てきた。

 仕方なく地元に戻って教員採用試験に備えていたその年の暮れ、気の毒に思ったある日大三OBから関東一を紹介された。

 野球部強化を進めていた関東一は、じつは実績のある小枝を招きたかった。だが、日大三を追い出された格好の小枝には「東京のチームではやらない」という意地があった。そこで、自身は千葉の拓大紅陵に新天地を求め、関東一は小倉に譲ったというのだ。

 当時の関東一は、1979年夏の東東京大会で過去最高のベスト4進出を果たすなど伸び盛り。当時にしては珍しい雨天練習場と合宿所を備え、小倉は奮い立った。

 1981年4月に関東一の監督に就任すると、早稲田実業や帝京といった強豪から声がかかっていないレベルの選手たちを鍛え抜き、また一緒に合宿所に住み込んで掃除の方法や食事の作法も教え込んだ。

 初めて東東京大会の決勝に進んだ1983年夏は、前田監督率いる帝京に2対3と惜敗。

「前田さんの存在が……。就任した81年の秋は勝ったのですが、82年の秋は準決勝で負け。そして83年夏、84年の秋は『ここで勝てば甲子園』というところで、ことごとく帝京にやられました」

 そして1985年、春の都大会はセンバツで準優勝した帝京に決勝で敗れたが、夏の東東京大会決勝で再び対戦。帝京のエース・小林昭則(元ロッテ/現・帝京五監督)のビデオを擦り切れるほど見て12対5と圧勝し、ついに甲子園出場を果たす。

 甲子園では「ノックで空振りするんじゃないかと思ったほど緊張していた」という小倉だったが、選手たちは初出場とは思えない堂々としたプレーでベスト8入りを果たす。

 1986、87年はセンバツに出場。87年は三輪隆(元オリックス)を中心に準優勝を果たし、「関東一? どこの県や」と言われていた校名は一躍、全国区となった。

 だが……新興校にありがちなことだが、知名度が上がるとともにさまざまな人間が口を挟むようになる。「あいつをコーチにしろ」という売り込みや、父兄からの誹謗中傷……。1987年の夏は修徳にコールド負けし、翌年は甲子園に出られなかったからなおさら風当たりは強くなった。

 そして1989年3月、新コーチを押しつけられたことに反発し、小倉は辞表を提出した。センバツ準優勝からわずか2年での出来事だった。小倉が当時を振り返る。

「実質的にはクビです。『高校野球ってこんなものか』と一生懸命やってきたことがバカらしくなったんです。そこから一教員となり学校帰りに(ゴルフの)打ちっ放しに行ったり、夏休みにはまだ小さかった子どもたちと海に行ったりしていました」

 そう語る小倉だが、野球から離れた4年間はなんの抑揚もなかったのではないだろうか。監督時代は合宿所で苦労をともにした敏子夫人も「あの4年間は、私の記憶にもないくらい」と話してくれたことがある。

 ただ”クビ”が唐突なら、”復帰”も突然だった。父兄とのトラブルから前監督が退くと、学校側が小倉にすがってきたのだ。ムシのいい話だが、野球の虫がうずいてはどうしようもない。

 1992年12月に復帰した小倉は、日常生活から選手を叩き直すと、翌1993年夏は東東京大会で準優勝。この時のメンバーには、現在、関東一の監督を務める米沢貴光がいた。米沢は「もっと早く(小倉)監督が来てくれていたら……」と悔しがった。

 そして1994年夏、小倉自身4度目の甲子園出場を果たす。東東京大会決勝で戦った相手は、またしても帝京だった。

 母校から監督就任の打診があったのは、それから間もない1996年だ。当時の日大三は、夏に限れば1985年の出場が最後で、1995年は西東京大会で屈辱的な初戦敗退を喫するなど、低迷していた。そこで小倉に白羽の矢が立ったわけだが、母校からの誘いとはいえ心中複雑だった。なにしろ、大学を卒業する時に就職を反故にされているのだ。

「内心、わだかまりはありました。でも、外に出て母校の偉大さがわかったのも事実です。現実問題、生徒の進路などでも(日大)三高の名前は大きいですから。OB会にも出ていましたし、根本(陸夫)さんといった偉大なOBから『小倉、頑張れ』っていつも声をかけてもらって……。自分はなんとなくOB会に反感を持っていたのですが、みなさんはあたたかく見てくださっていた。なにより『もう1回、甲子園に出してくれ』というのが殺し文句でした。母校が困っているなら、助けるのが男だろうと思いましたね」

 学生コーチを務めていた時代、新宿で任侠映画をよく見ていたという小倉らしい決断だった。そうして1997年4月、日大三の小倉監督が誕生した。

 就任3年目の1999年にセンバツ出場を果たすと、夏も14年ぶりの甲子園に導いた。2001年にも春夏連続出場すると、夏はチーム打率.427という圧倒的な攻撃力で念願の全国制覇を遂げた。「打つことが好き」という小倉は、その後も攻撃的なチームをつくり上げ、2011年夏にも全国制覇を遂げている。

 甲子園通算37勝は歴代9位タイ。山あり谷ありの小倉の指導者人生だが、谷に落ちた時に決まって「どこからか手を差しのべられるのは幸せ」と小倉は言う。

 そして関東一時代、何度もはね返された帝京・前田監督の存在も大きかった。

「2010年のセンバツは帝京とアベック出場したのですが、前田さんは自分のところの選手にこう言ったらしいんです。『日大三の打者は点差がついても最後まであきらめないだろう』と。なんか、うれしかったですね」

(文中敬称略)

著者:楊順行●文 text by Yo Nobuyuki