「世界選手権を終えて3月3日に帰国したあと5日間ほどオフを取り、再び自転車に乗り始めました。その頃に『東京五輪延期が検討されている』という報道が多くなり始めました。延期について議論されていた頃が一番つらい時期でした。(梶原悠未)」

 日本の自転車競技界には、世界が注目する若き逸材がいる。


今年2月の世界選手権で優勝し、世界のトップに躍り出た梶原悠未選手 photo by AFP/AFLO

 今年2月28日(現地時間)、ドイツ・ベルリンで開催された自転車のトラック世界選手権オムニアム部門(1日で4種目を行ない、その成績をポイントに置き換えて順位を決定。「スピード」「パワー」「持久力」「戦術」などすべてが求められ「トラック競技の花形」とも呼ばれる)で、梶原悠未(かじはら ゆうみ・23歳/筑波大大学院)は、日本女子選手として初の金メダル獲得という偉業を達成。世界選手権で優勝した者だけが1年間、着用が許される虹色のジャージ、「マイヨ・アルカンシェル」を手にした。

 梶原は、東京五輪日本代表の座を決定づけたばかりか、一躍、金メダル最有力候補となり、メディアでも紹介されるようになった。ところがそんな矢先にコロナ渦で東京五輪の延期が決定し、夢の舞台は思わぬ形で遠のいてしまった。

 緊急事態宣言が発令されたことで、思うようなトレーニングが積めない環境のなか、23歳の若き世界女王はどのように過ごしているのか。梶原は、『1年間、強くなるための時間ができました』と話し、今は気持ちを切り替えて、拠点を置く静岡県伊豆の国市で、新型コロナウイルスの感染予防に最善の注意を払い、前向きにトレーニングを続けている。そんな梶原の近況が知りたいと思い取材を申し込むと、快くオンラインインタビューに応じてくれた。

「世界選手権で優勝ができて『さあ次は東京五輪に向けて、より強くなるためにトレーニングしていこう』という段階でしたが、『もし延期されるのであれば、焦って練習しないほうがいいのではないか。でももし予定通り開催された時は、気持ちを切らせてしまうと準備が間に合わなくなってしまうのではないか』という不安や戸惑いでとてもつらい時期が続きました。

 自転車に乗っていても、『東京五輪延期』ということが頭の中でぐるぐるとまわって……。これからの不安と、考えていたプランが白紙になることに対して迷いが生じて、自転車で山に向かって走り出しても足に力が入らず、家に戻ってきてしまうこともありました」

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)への配慮から、東京五輪が1年程度延期されると発表されたのは3月24日だった。

 オムニアム部門で日本女子選手として初の世界女王となり、勢いに乗ったまま本番を迎えるはずが一転、迷いや焦りの中、苦しい時間を過ごすことになり、確実視されていた日本代表の切符もお預けになってしまった。梶原はそこからどのようにして『1年間、強くなるための時間ができました』と気持ちを切り替えたのか。

「延期が決まった翌日が、大学(筑波大学)の卒業式だったんですね。卒業式で久しぶりに友達とも会えて、『1年後になっちゃったけど、頑張ってね』と励ましてもらったり、卒業式に集まってくださったメディアの方々からは、東京五輪延期に対する思いを質問されました。

 最初はどう答えればいいかわからず、自分の中でいろいろな言葉を探して、つなぎ合わせるように答えていました。でもその1日で、たくさんの人に声をかけてもらい、取材を受ける中で、自分の思いがだんだんと明確になると、『1年間、強くなるための時間ができた』と捉えられるようになり、2021年に向けて気持ちを切り替えることができました」

* * *

 梶原は幼い頃から競泳に取り組み、小学生のときは全国大会で表彰台にも上がった。夢は日本一、そして、オリンピック出場だった。しかし、中学では表彰台に届かず、その悔しさとアスリートとして「一番(日本一)になりたい」という思いから、高校では競泳と並行して、新たな可能性を探るために自転車競技にも挑戦し始めた。

 それから、わずか2カ月でインターハイに出場すると、才能が一気に開花した。高1の終わりには出場した全国大会3種目すべてで優勝し、高2で早くもナショナルチーム入り。以後は戦いの舞台をアジアや世界にも移し、ジュニアアジア選手権では5種目で優勝し、ジュニア世界選手権でも2年連続で銀メダルを獲得した。

 筑波大進学後も、カテゴリーはジュニアからエリートに上がったものの、全日本5連覇、3種目の日本新記録保持、アジア選手権4連覇、日本人初のワールドカップ4大会優勝と圧倒的な強さは相変わらず続いた。

 そして今回、世界選手権で日本人初の金メダル獲得という、まさに破竹の勢いで世界の頂点まで一気に駆け上がったのだった。

■母の教えとサポートで培った適応力

 今や日本一を通り越して世界一になった梶原だが、トレーニング環境はかなり異色だ。専属コーチはつけず練習メニューは自分で考える。さらに、練習パートナーは自転車競技経験のない母親の有里さんというから驚きだ。

「強化指定のA選手は、日本代表の強化拠点でもある伊豆ベロドローム(東京五輪自転車競技の会場)の近くに住むように」と、日本自転車競技連盟の指示を受けて暮らし始めた静岡県伊豆の国市のアパートに、有里さんも住んでサポートをしている。

「練習パートナーでもあり、マネージャーでもあり、何より心の支え。毎日一緒に過ごしているので、些細な変化にも気づいてくれて声をかけてくれる」と、梶原は有里さんに全幅の信頼を寄せる。そんな有里さんとの、子供の頃のエピソードを紹介してくれた。
 

優勝後、母親の有里さんと笑顔で撮影する梶原選手 photo by Yuzuru Sunada/AFLO

「毎年、お正月にお年玉をもらう前に『1年の目標を発表する』という習慣がありました。小さい頃から『目標は何?』と問いかけられて、自分で目標設定をして口に出す、という習慣がありました。父からは、昔は『ビックマウスだな』みたいに言われていましたが(笑)。でも、ひとつひとつ有言実行していくうちに認めてくれるようになりました。

 思いはしっかり言葉にして声に出して宣言することで、その宣言に責任を持って、それを裏づけるための努力を積み重ね、有言実行できるようになってきたと思います」

 3月下旬に来日予定だった、米国在住の日本代表チームのクレイグ・グリフィン・トラック中距離ヘッドコーチも来日できなくなり、伊豆ベロドロームや付帯するトレーニング施設も使用禁止になった。

 モチベーションが下がり、心が折れてもおかしくない状況にあるが、それでもブレずに短期間で目標を切り替えられた理由は、子供の頃から目標設定を明確にし、有言実行してきたこと。そして、自分自身で答えを見つけ出す習慣が身についているからこそ、苦しい環境にも素早く適応し、前を向くことができたのかもしれない。

「オリンピックという舞台でしっかり勝つために、今は持久力のベースを上げつつ、トップスピードも向上させることに取り組んでいます。気持ちの部分としては、常に自分自身、『練習を楽しむ』ということを忘れずに取り組んでいます。

 ただ、疲れていることに自分では気づかず、そのままどんどんトレーニングを続けてしまうこともあります。そんな時、母は練習で走っている時のフォームやペダルの踏み方を見て、『少し疲れているんじゃない』と声をかけてくれます。そういうフィードバックを得ながらトレーニングを考えています」

* * *

 梶原は現在、朝7時頃と午後4時過ぎからおよそ2時間半ずつ、自宅でのウエイトトレーニングや、近隣においてひとりで行なうロードトレーニングを中心にトレーニングを続け、合間は大学院の授業をオンラインで受ける生活を続けている。

 梶原には、オリンピックで金メダルを獲得することともうひとつ、将来は競技者としてだけではなく、研究者としても自転車界の発展に貢献するという目標があるからだ。

 新型コロナウイルス感染のリスクを避けることを最優先に、免疫力を落とさない工夫や、ケガにも最善の注意を払いながらも、最大限の効果が得られるメニューを考える。

 世界選手権で優勝し、今勢いに乗るアスリートとして考えれば、今回の東京五輪延期は残念以外の何物でもない。しかし、2021年に向けて気持ちを切り替えて準備する過程は、長い目で見れば、研究者を目指す上でも役立つはずだ。

 ちなみに、梶原の爆発的なスピードの象徴でもある逞しい太ももまわりは、2カ月前の59cmから61cmに増した。それは、「STAY HOME」を最優先しながらも、やり方次第で成長できることを自ら証明しているように思えた。

「世界選手権で優勝したことで、東京五輪での金メダルをすごく期待されるようになりました。励みになる反面、『本番まであと4カ月しかない』と思い、『課題はなんだろう』と焦っていたようにも思います。自分でも無意識の内に、まわりに緊張感や、接しにくい印象を与えていたかもしれません。

 今年、東京五輪は開催されませんが、8月9日に開催(自転車競技の初日)されると思ってこれから4カ月間トレーニングを続けます。リハーサルを行なうことで、来年同じような時期もゆとりを持って、周りに接するようになれたり、自分自身を追い詰めてしまうような緊張感を取り除いて、支えてくださるまわりの方々と一緒に、気持ちよく東京五輪を迎えられるのかなと思います」

 梶原にはいつも心に留めている言葉がある。

「困難を乗り越える過程が人として成長させてくれる」

 母、有里さんから授かった言葉だ。

 今は、まさに困難を乗り越える時期。若さと勢いで金メダルを狙うのではなく、調子に関係なくいつ何時も変わらぬ自分であり続け、世界の絶対女王として金メダルを獲得する。それを成し得た時、梶原は、世界の自転車競技界の歴史に名を刻むようなアスリートに成長するに違いない。

著者:会津泰成●文 text by Aizu Yasunari