新型コロナウイルスの感染拡大により、大学野球の春季リーグは一部を除き開催中止が決まり(開催を表明しているのは東京六大学野球、関西学生野球、関西六大学野球のみ)、全日本大学野球選手権も史上初の中止となった。

 昨年まで豊富な実績を残し、実力をいかんなく発揮してきた選手はNPBのスカウトたちもある程度の評価を下しているだろう。だが一方で、昨年まで十分な実績を残せず「最終学年の今年こそは!」と意気込んでいたプロ志望の選手たちにとっては痛恨だったに違いない。

 それでもまだアピールチャンスは残されている。選手層の厚い強豪校に埋もれていた選手、注目度の低い地方リーグで頭角を現してきた選手……。そんな”隠し玉”的存在のドラフト候補を紹介したい。


全国経験はないが、最速151キロを誇る東亜大・中内亮太

「すごいですよ。ブレイクすると思います。あいつを見たら、スカウトの方もびっくりするんじゃないですか」

 コロナ禍のさなか、練習している大学が少なかったため、ドラフト候補の近況を知りたく各大学の監督に電話取材したのだが、そのなかで法政大の青木久典監督はとくに熱のこもったトーンで語ってくれた。

 その青木監督が情熱を向けているのが、身長185センチの左打ちの外野手・村田雄大だ。

 小学6年でベイスターズジュニア、世田谷西リトルシニアで全国優勝、横浜高校でも1年秋からレギュラーを獲得し、高校3年の夏は甲子園出場を果たした。

 この華やかな球歴を見ると、”隠し玉”という表現は不似合いだ。だが法政大では、これまでリーグ戦は2試合のみの出場で、ヒットは1本も打っていない。

 それでも青木監督は、村田の変化をこのように語る。

「固定概念が強いところがあったのですが、今年は捨て身というか、いい意味でがめつくなりました。目つき顔つきが全然違います。インナーが強くなってバッティングの際に体が開かなくなりましたし、心身ともタフになって練習もたくさん課せるようになりました」

 野手ではほかにも、ともにリーグ戦通算4安打ながら、それぞれ青木監督が「器用で内野ならどこでもこなせて肩も強い」と評する佐藤勇基、「ヤクルトにいった中山翔太ぐらいのポテンシャルがある」と語る身長185センチの大型内野手・羽根龍二らも、選手層の厚いなか3年間埋もれていたが、プロにいくだけの力は備えているという。

 いずれにしても、8月開催予定の短期決戦の春季リーグ(1回戦総当たりで各チーム計5試合)に調子を合わせることができるかどうかも、今後の進路を大きく左右しそうだ。

“戦国東都”と称される東都大学野球には、公式戦未勝利ながらNPB入りを狙う投手がいる。国学院大の上出拓真と立正大の倉田希の両右腕だ。

 上出は最速148キロを投じる本格派。札幌第一高時代は2年秋にエースとして北海道大会を制し、チームを翌春のセンバツ出場に導いた。

 高校時代からプロ注目の存在だったが、国学院大に進学。2年冬にウエイトトレーニングの効果で球速が5キロほど上がると、3年春は抑えとして8試合に登板。「ボールに力があるし、ピンチでも動じない精神力もあったので」と鳥山泰孝監督から厚い信頼を得ていた。

 だが夏に右ヒジを故障し、クリーニング手術を行なった影響で秋は登板機会がなかった。それでも今年は、最上級生として「自分がチームを勝たせる投球をしたいです」と意気込んでおり、鳥山監督も1回戦の先発起用を決めていたという。

 立正大の倉田は最速145キロを誇るサイドハンド。常総学院時代はエースナンバーこそ鈴木昭汰(現・法政大)に譲っていたが、負けず劣らずの好投で3年夏の甲子園8強に貢献した。

 立正大でも1年春から登板したが、2年時はケガで未登板。3年時は16試合に登板するも、チームが低迷し0勝6敗に終わった。それでもサイドハンドからの威力のあるストレートに加え、「上の世界でも通用する」と坂田精二郎監督が太鼓判を押すスライダーもある。

 両投手とも経験は豊富なだけに、秋に好投を続けることができればプロ入りする可能性は大いにある。

 また東都の2部には、昨年春に6勝を挙げ、スカウトからも「すごい球があるわけではないが不思議と抑える」と実戦力の高さを評価されている左腕の佐藤奨真と走攻守三拍子揃う大型遊撃手の大庭樹也(おおば・たつや)の専修大コンビや、3部にも最速153キロ右腕の近久輝(ちかひさ・あきら)と強肩捕手の白石翔樹(しょうき)の東農大バッテリーなど、虎視眈々とプロを目指す逸材が揃っている。

 日本一の経験がある上武大には佐藤蓮と小林亮介というスケールの大きな選手がおり、ふたりとも出場機会は少ないが大化けする可能性を秘めている。

 佐藤は188センチの長身から150キロを超えるボールを投げ込む本格右腕。これまで制球に課題があったが、谷口英規監督が「まとまってきています」と
話すように、今シーズンはエース格として期待されていた。

 また、身長183センチの大型遊撃手・小林は、昨年までレギュラー定着にはいたらなかったが、高い身体能力に加えて「ようやく考えて動けるようになりました」(谷口監督)と判断能力が身についたことで、プレーの質が飛躍的に上がった。

 九州産業大では強肩強打の捕手・揚村彰斗(あげむら・あきと)が「勝負の年。チームが勝てるように全力で臨みたい」と、春のリーグ戦に向けて意気揚々と語っていた。昨秋はレギュラーを外され、明治神宮大会では捕手ではなく一塁手として先発出場し、途中からマスクを被ったが初戦敗退に終わるなど、この春にかける思いは人一倍強かった。

「練習に取り組む姿勢が甘く(レギュラーを)外されたのですが、そこで考え方が変わりました」と、悔しさを糧に鍛錬を積んできた。社会人野球まで捕手として活躍した大久保哲也監督は、揚村についてこう評価する。

「リードで失敗して打たれても深く考えずに切り替えができる。そうしたいい意味での横着さって、じつは捕手には大事なんです」

 また、九州産業大にはサイドハンド左腕・岩田将貴も左ヒジの故障が癒え、秋のリーグ戦で完全復活を誓う。

 今春、唯一”実績”を残したのが東亜大・中内亮太だ。4月4日に開幕した中国地区大学野球(開幕節は通常開催したが、以降は中止)で、広島文化学園大を相手に1戦目を9回1失点完投、翌日の2戦目は抑えとして投げ、チームを連勝に導いた。

 中内の最大の特長は、最速151キロのストレートでねじ伏せるだけでなく、カットボールやツーシームなどボールを動かしてテンポよく打ち取ることもできるなど、幅広いピッチングにある。

 また四国学院大の最速149キロ右腕・水上由伸は、1年春に「4番・レフト」で全日本大学野球選手権に出場している。帝京三高(山梨)時代もエース兼中軸打者の”二刀流”だったが、大学3年秋から投手に専念。

 秋のリーグ戦で4勝を挙げるなど頭角を現し、シーズン前には「必ず(チームを)全国に連れていくという気持ちです」と意気込んでいただけに、リーグ戦中止は無念だったに違いない。

 中内も水上も主将を務めるなどチームの大黒柱である。自らの奮闘がチームにも、自身の将来にも大きな影響を与えるだけに、秋にどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、今から楽しみだ。

 アピールの場が奪われた春を乗り越え、「プロ志望」という信念を貫く彼らのもとに、この秋、ひとりでも多くの吉報が届くことを願っている。

著者:高木遊●文 text by Takagi Yu