ソフトバンクのチームリーダー・内川聖一が、開幕前の練習試合で21打数1安打と不振にあえぎ、まさかの二軍スタートとなった。そんな不測の事態が起き、ソフトバンクの一塁は捕手登録の栗原陵矢(りょうや)が務めている。


プロ6年目にして初の開幕スタメンを果たしたソフトバンク栗原陵矢

 若手、若手と思っていたら、もうプロ6年目。ここまでの5年間、一軍での通算成績は46試合に出場し、打率.196、1本塁打……この数字を鑑みれば、今シーズンは自らの”存亡”をかけた勝負の1年なのかもしれない。

 6月29日現在、9試合に出場して打率.359(39打数14安打)、1本塁打、9打点、出塁率.419と大健闘を見せている。

 もともと”面”で打てるバッターだと思っていた。バットをテニスラケットのように使って、インパクトで相手投手にしっかり面を見せてミートする。つまり、ピッチャーの投げるボールを”線”でとらえることができるからミートの精度が高く、すぐれたアベレージヒッターの資質を持ったバットマンと見ていた。

 ファームでタイミングよくバットの芯でとらえていたら、それだけで3割近いアベレージは残せたはずだ。しかし、いつまでもスリムな体型で、せっかくミートしても140キロ台後半のボールに力負けしてしまう。それが昨年までの栗原だったのではないか。

 それが今年の宮崎キャンプで見た栗原は、まったく別人に変わっていた。威力のあるボールに対しても、インパクトで「パチン!」と弾き返せる小力(こじから)が備わったように見えた。

 肩と足はすでに一軍レベル。台頭の足かせになっていたバッティングでアピールし、6年目にして初の開幕スタメンを勝ち取った。

「2番・一塁」で出場を果たした栗原だったが、いきなり大ピンチがやってきた。ロッテの開幕投手・石川歩のピッチングが冴えわたっていたからだ。立ち上がりから150キロを超すストレートが両サイド低めにピタッと決まり、シンカー、フォークの変化球も自在に操った。

 そんな石川のピッチングについていけない。三振が2つ続き、やっとミートした打球は石川のグラブに収まりピッチャーゴロ。

 だが、ピッチャーが石川から3番手のジェイ・ジャクソンに代わった0対0の8回裏。一死二塁から栗原はレフト前に弾き返してチャンスを広げ、続く柳田悠岐の犠牲フライでソフトバンクは待望の先取点を挙げた。

 その後、同点に追いつかれるも、10回裏、二死二塁での第5打席。栗原は小野郁の149キロのストレートをセンターへ運ぶサヨナラ安打。大ピンチから一転、飛躍のきっかけとなるチャンスを自らのバットでつかんでみせた。

 今から8年前の2012年11月。秋の北信越大会を制した春江工業高(福井/2016年に閉校)は、明治神宮大会に出場していた。

 スタメンのなかに1年生が5人。そのなかのひとりに栗原もいて「4番・捕手」で試合に出ていた。当時は175センチ、70キロといかにも1年生らしい線の細い体つきだったが、それでもプレーは上級生のようなしたたかさがあった。

 初回、いきなり4点を先取され、なおも一死満塁の大ピンチ。この場面でややリードが大きかった三塁走者を矢のような送球で刺してみせたのだ。その後も、気を抜いて離塁している走者がいると、二塁であろうとも積極的に刺しにいく。その送球が白い糸を引くように美しい軌道だった。

 打撃でも、コースに逆らわず打ち返す技術力の高さ。線は細かったが、機敏かつ強肩で、しかも強いハートを持ったキャッチャーが現れたと、胸が高鳴ったものだ。

 それから半年経った2013年春の北信越大会。どれだけ成長しているのか……と楽しみにして行ったが、思わず「ありゃ」と頭を抱えてしまった。

 シートノックに備えてダグアウト前でキャッチボールを始める春江工の選手たち。そのなかでプロテクター、レガースを身にまとった栗原はなかなかボールを投げず、楽しそうに隣の選手と語り合っているばかりで、いっこうに肩を温めようとしない。

 そのままシートノックが始まったが、ボール回しでの栗原のスローイングは腕のしなりだけで投げる”手投げ”で、フットワークを使って投げないから、せっかくの”強肩”も生きず、送球もあちこちに散らばっていた。

 センバツに出たことで変わってしまったのか、それとも注目されるのが早すぎたのか……チームの指導方針である「のびのび」が悪い方に出てしまったと思った。

 試合中でも「自分たちはうまい」と思ってプレーしているような振る舞いが端々に見えて、このままだったら才能の開花は期待できない……そんな思いだったから、プロに進んだ栗原のことは逆に気になっていた。

 ホークスの次期レギュラーマスク──それが栗原に課せられた”将来”だったはずだ。だが、ファームでともに汗を流した育成出身の甲斐拓也がその座を奪い取って、今は不動の地位を築いている。

 そんな逆風のなか、一級品のバットコントロールと持ち前の敏捷性を生かし、常勝・ソフトバンクの”隙間”にスッと忍び込んできた。悔しさのなか、懸命にバットを振り続けたのだろう。

 いまにして思えば、ソフトバンクというチームに入ったことがよかったのかもしれない。このチームは”野球上手”な人が集まっているだけではなく、若手も中堅もベテランも、みんなが必死になってポジションを獲りにいく。そんな環境に置かれたら、栗原だって目の色を変えてやらざるを得なかったはずだ。

 本当の戦いはこれからだ。内川だってこのまま黙っているはずはないし、本来の捕手としてプレーしたいなら、甲斐を追い抜かさなければならない。

 ただひとつ言えることは、ホークスに確かな実力を持った選手がまたひとり現れたということだ。本当に強いチームというのは、強力な”アンダースタディ”がいる。ここまで6年を要したが、その分、心身ともにたくましくなった栗原陵矢がいる。

著者:安部昌彦●文 text by Abe Masahiko