スポルティーバ厳選! 
高校野球 47都道府県の注目選手
鳥取編

 新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を開催する。鳥取では、7月11日から「2020年夏季鳥取県高等学校野球大会」が開幕する予定だ。トーナメント制で県の頂点を争う真剣勝負の同大会で活躍が期待される選手たちを紹介する。


昨年夏の甲子園でも3安打を放った米子東の岡本大翔

 米子東の190センチの大型遊撃手・岡本大翔(ひろと)は、投手、野手を含めた大会全選手のなかで最注目の存在と言ってもいいだろう。

 昨夏の甲子園初戦で智辯和歌山の池田陽佑(現・立教大)から3安打をマークするなど定評のあった打撃だけでなく、今大会は守備にも要注目。オフに捕球時の姿勢、送球に移るステップの踏み方などの基礎的な部分から徹底的に鍛え直し、イージーミスが目に見えて減ってきている。

 投手としても最速140キロを超える強肩を生かしたスローイングは、安定感も備わってきた。公式戦でのアピールは夏のみに絞られたが、「高卒プロ入り」の目標を貫く。夢を叶えるためにも集大成の夏に成長した姿を披露したい。

 岡本の対抗馬としては、鳥取城北の河西威飛(いぶき)と、倉吉東の金居大太郎(かない・おおたろう)の2人の名前が挙がる。

 河西は、無類の勝負強さを誇る右の好打者。プレッシャーを感じる場面でも初球から果敢にスイングしていける度胸と積極性は目を見張るものがある。タイプとしては中距離ヒッターだが、昨秋の中国大会準決勝で創志学園(岡山)のドラフト候補右腕・三方陽登(みかた・はると)から本塁打を放つなど、ツボに来ればスタンドに叩き込むパワーもある。

 金居は豪快なフルスイングを見せてくれる左のスラッガー。ネクストでの素振りの段階からMAXの強度で振り抜く姿からは、清々しさすらも感じさせる。下級生時代は一塁手、三塁手での出場が多かったが、昨秋の中国大会から中学時代以来の捕手に復帰。最後の夏は、バットだけでなく、マスクの方でも存在感を示してほしい。

 その他では、鋭い上体回転で目の覚めるような打球を打つ米子東の山内陽太郎、確実性と一発長打の怖さを兼備した鳥取城北の吉田貫汰、フィジカルを生かした強烈なインパクトが売りの米子北の福井優伸、秋に準優勝した境の打線の中心を担う鍛冶晋之介、福家隆太郎(ふけ・りゅうたろう)の左右コンビが面白い。

 守りで注目したいのが、打球勘が優れた倉吉総合産の岩崎彰太(しょうた)、フットワークが軽やかな鳥取商の大石嵐太(あらた)、安打性の打球にも追いつく瞬発力がある倉吉東の政門友太(まさかど・ゆうた)の遊撃手たち。

 秋以降にも期待がかかる2年生では、パンチ力が魅力の鳥取城北・畑中未来翔(みくと)、甲子園に出場した兄を彷彿させる打撃センスを持つ境の林祐馬、スイング軌道の改善が結果に結びついてきた米子東の中本翔琉(かける)を覚えておいてほしい。

 投手に目を移すと、鳥取城北の分厚いブルペン陣に目を奪われる。春のセンバツでエースナンバーを背負う予定だった阪上陸は、先発、リリーフどちらでも気迫のこもったピッチングができる好左腕。上背は高くないものの、体を縦に使える投球フォームで、リリースに角度がある。

 阪上とエースの座を争い続けた右腕陣も好素材が揃う。中国大会で背番号1を奪取した松村亮汰は最速140キロ超。ストレート同等の強さで腕を振って投じる縦のスライダーのキレも強烈だ。秋の段階で最速145キロを叩き出した中川央(ひろき)の馬力も見逃せない。

 昨夏、甲子園のマウンドも経験した米子東の土岐尚史(とき・なおふみ)もグングン成長中。入学以来根気強く続けてきた柔軟性向上だけでなく、昨夏から現在までに体重6キロの増量に成功(昨夏は180センチ、81キロ)。パワーが数段アップし、ストレートの最速は142キロに到達した。強心臓のマウンドさばきを含めて、県内の左投手では頭ひとつ抜けた感がある。

 倉吉総合産のエース右腕・高嶋悠(ひさし)もオフを経て急成長したひとり。秋はチェンジアップを効果的に使うテクニックタイプだったが、山陽の強豪校との合同練習で学んだトレーニングをやり込み、最速140キロ越え目前まで球威を向上させている。

 ボールに強さが出てきたことで、制球力の高さとテンポのよさが際立ってきた桑本達(たつし)と、180センチ超の長身から投げ下ろす福庭尊龍(ふくば・たける)の倉吉東のダブル右腕、ストレートの威力は県上位クラスの鳥取商の山根脩(しゅう)、強打線相手でも集中力を切らさずに粘りのゲームメイクができる境の千種邑斗(ちぐさ・ゆうと)も忘れてはならない存在。公式戦での結果には恵まれていないものの、米子西の左腕・綿邉亮介が投げ込むストレートは力強い。

 低めのキャッチングとストッピングを猛練習してきた米子東の長尾駿弥(しゅんや)、動きにスピード感のある鳥取西の塩慶大、下級生時代から正捕手として経験を重ねた倉吉北の福丸聖悟、インサイドワークから視野の広さがにじみ出ている倉吉総合産の日野涼太郎ら、投手を盛り立てる好捕手たちのプレーも夏を彩ってくれるはずだ。

著者:井上幸太●文 text by Inoue Kota