◆「和製ロナウド、小野伸二2世...。消えていった天才Jリーガーたち」はこちら>>>

 1993年の開幕時からJリーグに参戦する10チームは、俗に"オリジナル10"と呼ばれている。横浜フリューゲルスが横浜マリノスに統合されたことで現在は9チームとなっているが、それぞれのチームには初期メンバーとしてのプライドが備わるだろう。

 開幕から27年が経過し、J2に降格経験がないのは鹿島アントラーズと横浜F・マリノスの2チームのみとなった。最多8度の優勝を誇るアントラーズと、4回で2位のF・マリノス。この両チームがこれまでのJリーグを牽引してきたことは間違いない。


近年は低迷を続けている清水エスパルス

 一方、9チームのうち、いまだJ1リーグ優勝経験のないチームがふたつある。ジェフユナイテッド市原(現千葉)と清水エスパルスだ。前者はすっかりJ2生活にはまっており、後者も低空飛行が続いている。

 リーグだけでなく、天皇杯とJリーグカップも合わせた3冠で見ても、オリジナル10でもっとも優勝から遠ざかっているのはエスパルスだ。ジェフは2005年と2006年にヤマザキナビスコカップ(現ルヴァンカップ)を制しているが、エスパルスは2001年の天皇杯優勝以降、19年もの間、歓喜の美酒を味わってはいない。

 エスパルスの歴史を振り返れば、"惜しい"という言葉が当てはまるだろう。開幕イヤーの1993年は、ニコスシリーズ(2ndステージ)でヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)に次いで2位。翌1994年のサントリーシリーズ(1stステージ)でも、優勝したサンフレッチェ広島に1勝差で2位に終わっている。

 最もリーグ優勝に近づいたのは、1999年だ。スティーブ・ペリマン監督のもとで躍進を遂げたチームは、1stステージこそ3位となったものの、2ndステージでは優勝を成し遂げた。そして迎えたジュビロ磐田とのチャンピオンシップでは、第1戦を1−2で落としながら、第2戦では意地を見せ、2−1と勝利を奪い取る。

 結局PK戦の末に涙を飲んだが、年間勝ち点65は、優勝したジュビロの49を大きく上回るものだった。当時、1シーズン制が採用されていれば、この時、エスパルスは悲願のリーグ優勝を成し遂げていたはずだった。

 2000年代前半まで、エスパルスは毎年のように優勝候補に挙げられる強豪クラブの位置づけだった。1996年にナビスコカップを制し、2001年には天皇杯優勝も成し遂げている。

"バンディエラ"である澤登正朗を筆頭に、堀池巧、長谷川健太、大榎克己ら王国産のタレントを軸に、強化を推し進めてきた。また、伊東輝悦、斉藤俊秀、森岡隆三、戸田和幸、市川大祐、三都主アレサンドロと、ワールドカップメンバーも数多く輩出している。とりわけオズワルド・アルディレス→ペリマンと続いた1996年から2000年までは、エスパルスにとっての黄金時代と言える時期だっただろう。

 しかし2002年以降は、優勝争いに絡めない日々が続いた。2005年から6シーズン続いた長谷川健太体制下では、藤本淳吾や岡崎慎司らの台頭があって上位争いを演じる時期もあったが、優勝を成し遂げるには一歩及ばなかった。

 以降は低迷の道をたどり、2015年には年間17位で、ついにJ2降格の悪夢も味わった。1年でJ1に復帰して以降も、優勝とは無縁の生活は続いている。

 なぜ、エスパルスは優勝できないのか。

 その原因はひとつではないだろう。クラブの予算規模もあれば、タレント不足もあるかもしれない。あるいは監督の選択にも問題があるのかもしれない。原因の追求は困難だが、ただし優勝チームに共通するものは示すことができる。それは継続性とタレント力。このふたつに尽きるだろう。

◆「日本サッカー『天才』ランキング」はこちら>>>

 リーグ黎明期を席巻したヴェルディには、圧倒的なタレント力があった。2強時代を築いたアントラーズにはジーコがもたらした揺るぎない哲学があり、ジュビロにはまばゆい個性と革新的な戦術が備わっていた。2003年・2004年と連覇を達成したF・マリノスは緻密な監督の頭脳と、その戦術を高いレベルで体現する強力な個の力を兼ね備えた。

 2005年に初優勝を成し遂げたガンバ大阪は、西野朗監督が長年にわたって築いた攻撃スタイルと、強力なブラジル人の存在があった。2006年の浦和レッズは強烈なタレント軍団が、求心力の高い指揮官のもとでひとつにまとまった。

 2010年の名古屋グランパスはカリスマ監督によって、継続的なチーム作りが実を結んだ。2011年の柏レイソルは、名将がJ2時代に蒔いた若手の種が劇的な成長を遂げ、質の高いブラジル人選手と上手く融合した。

 2010年代をリードしたサンフレッチェ広島と川崎フロンターレは、似た道を歩んでいるかもしれない。独創性の高い前任者のロマンを引き継いだ後任が、スタイルを継承しながらも現実的なエッセンスを加え、勝てるチームへと仕立て上げている。

 むろん、継続性という意味ではエスパルスにもあった。前述のアルディレス→ペリマン時代、そして長谷川健太監督が指揮を執った時代である。そのいずれもで、一定の成績を得ることができていた。ただし、足りなかったのは個の力だったかもしれない。強烈な個性があれば、タイトル奪取を実現できていた可能性は高い。

 2002年の高原直泰、2005年のアラウージョ、2006年のワシントン、2008年のマルキーニョス、2010年のケネディ、2012年の佐藤寿人、2017年の小林悠、2019年の仲川輝人とマルコス・ジュニオール。とりわけ近年は、優勝チームから得点王が生まれるケースが増えている。

 果たしてエスパルスの歴史を振り返った時、圧倒的なストライカーは存在しただろうか。実は、エスパルスはオリジナル10のなかで唯一、得点王を輩出していないクラブでもあるのだ。

 継続性とタレント力。この両輪を走らせることが優勝の条件のひとつとなる。そこにもうひとつ加えるなら、育成力になるだろう。

 黄金時代のアントラーズやジュビロには生え抜きの選手が多かったし、補強優先と思われたレッズでも、長谷部誠や鈴木啓太、坪井慶介、田中達也ら自前の選手が主軸に育っていた。ガンバには宮本恒靖、大黒将志、二川孝広、橋本英郎らユース出身者が各ポジションに君臨し、3連覇時代のアントラーズにも内田篤人や岩政大樹、イタリアから復帰した小笠原満男の存在が大きかった。

 レイソルも酒井宏樹、工藤壮人らユース育ちの若手の台頭が大きく、サンフレッチェでは森崎兄弟、高萩洋次郎、青山敏弘らが主軸を担い、フロンターレには言わずと知れた中村憲剛の存在がある。昨季のF・マリノスも喜田拓也と遠藤渓太のユース出身者に加え、仲川輝人も専修大から見出した選手である。

 もちろん、エスパルスにもアカデミー出身者や生え抜きの選手は多数在籍する。今季加入したルーキーにも、ポテンシャルを秘めたタレントは多い。

 今季より指揮を執るピーター・クラモフスキー監督は、クラブの長期的な戦略のもとで白羽の矢が立った人物だろう。昨季、優勝を成し遂げたF・マリノスでコーチを務めていた指導者であり、同様のスタイルの構築が求められているはずだ。

 特殊なスタイルなだけに、時間はかかるだろう。実際、第16節終了時点でエスパルスは最下位に沈んでいる。しかし、F・マリノスのような成果が生まれるかもしれない。今季は降格がないのも幸いするだろう。どこまで我慢できるかが、エスパルスの未来を左右するはずだ。

 もちろん、見極めも大事だが、大きな成功を手にするためには、忍耐が求められる。継続路線を突き進み、タレント力を補いながら、若手の台頭を促すことができれば......。信じた道のその先に、栄光が待っていることを願う。

著者:原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei