◆2020年ドラフト戦略〜巨人編>>

 2017年のドラフトで清宮幸太郎(早稲田実→日本ハム)と安田尚憲(履正社→ロッテ)を外し、2018年は小園海斗(報徳学園→広島)と辰巳涼介(立命館大→楽天)を、そして昨年は石川昂弥(東邦→中日)を抽選で外したソフトバンク。

 これまでのソフトバンク打線を支えてきた内川聖一、松田宣浩、長谷川勇也が30代後半に差しかかり、いかに「強者(つわもの)」といえども陰りが見え、近未来どころか、来季の日本人スラッガー探しは急務だ。

 今年は3、4年後にスラッガーの期待をかけられる高校生は何人かいるが、即戦力となると、重複覚悟で佐藤輝明(近畿大)を1位指名するしかない。


3年春に東都大学リーグで首位打者に輝いた中央大・牧秀悟

 現在のチーム構成を見ても、若手野手は1、2番タイプばかりで、クリーンアップを任せられる選手は見当たらない。

 ドラフトというのは、意外と"クセ"がつくものだ。抽選に弱い球団はとことん弱いし、またその逆もある。ソフトバンクの場合も、今年1位で野手を獲りにいって外したら、立派な「1位野手外し」球団のレッテルを貼られてしまう。

 仮に佐藤を獲りにいって外しても、即戦力となるスラッガーを獲得しておかないと将来のチーム構成に穴が空く。

 右打者なら牧秀悟(中央大/内野手)に目がいく。とくに今年は打てる内野手が極めて少なく、牧を狙ってくる球団はほかにもありそうだ。1位を誰でいくかは、ドラフト当日まで悩むことになるだろう。

 個人的に注目しているのは、地元・福岡出身のパナソニック・片山勢三(内野手)だ。社会人2年目の昨年は不振に陥り、また176センチ、105キロの体型を疑問視する球団もあるが、もともとは圧倒的な飛距離を誇り、右打席から右中間スタンド最深部に運べる技術を兼備した優秀なバットマンだ。

 加えて、あまり評価されていないが、じつは俊敏性があってスピーディーな身のこなしができる選手で、サードも守れるんじゃないかと思っている。

 一方、投手陣はどうか。9月28日現在、パ・リーグ首位を走っており、チーム防御率3.20堂々の12球団トップ。絶対エースである千賀滉大が本調子ではなく、昨年中継ぎ陣の一角として奮闘した甲斐野央も右ヒジを痛めて早々に戦線離脱。

 だが、二保旭が先発投手として4勝を挙げ、甲斐野と同期入団の泉圭輔が中継ぎとして26試合に登板し、防御率1点台と奮闘している。不測の事態が起きても、これだけの成績を残せるだけの人材がいるのがソフトバンクの最大の強みである。

 用意周到、準備万端......期待に応える選手も立派だが、常に先の先までを考えている球団もたいしたものだ。投手陣の補強には抜かりがない。

 今年は地元・福岡に本物の"怪物"がいる。福岡大大濠の大型右腕・山下舜平大(しゅんぺいた)だ。つい先日、実際に彼の全力投球を受けたのだが、高校生レベルをはるかに超えるとんでもないボールだった。

◆ドラフト1位指名候補はこの12人だ!>>

 近い将来、あっさりと"160キロ"をマークし、球界を代表する投手になるのではないか......それほどの超大器だけに、1位でないと獲れない。喉から手が出るほどほしい逸材だが、先述したように今のソフトバンクに必要なのは即戦力スラッガーだ。ここは涙を飲んで見送るしかない。

 そうはいっても、2位で投手を獲っておきたい。おそらく即戦力は残っていないだろうし、今のソフトバンク投手陣のレベルを考えたら、ちょっとやそっとの投手では競争にも入っていけない恐れがある。ならば、将来性優先の"大器"だ。

 筆頭は、145キロ前後のストレートと5種類とも6種類ともいわれる多彩な変化球を持つ横浜高の大型左腕・松本隆之介だ。

 今年の高校生は、本当の意味で"大器"と呼べる投手が少ない。山下を指名できないとなると、松本はぜひとも獲得しておきたい。

 さらに余裕があれば、即戦力投手もほしいところ。ハートの強さとキレのあるボールが武器のサイドハンド右腕・川瀬航作(日本製鉄広畑)や、スライダー、チェンジアップが勝負球になる左腕の山野太一(東北福祉大)が候補に挙がる。

 とくに山野は、巨人・田口麗斗のように上背はなくてもボールに角度があって、打者に向かっていく勝負根性も一級品。

 リリーフ左腕・嘉弥真新也は昨シーズンまでの3シーズン、連続して50試合以上に登板している。まだまだ健在だが、そんな時こそ万全の準備が必要だろう。山野にはその後継者の資質があり、近い将来「獲っておいてよかった......」とみんなが口を揃えるような心強い存在になることだろう。

著者:安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko