引用----
私は「お日柄」をとても大切にしています。たくさんある企業から、当社を選んで下さったお客様に、私も出来ることはすべてしたいと思い、「お日柄営業」をはじめました。

「お日柄営業」はメリットが本当に多いのです!

まず、金融業界は保険や投資信託などリスクがある商品販売が多いんです。そんな中で、大安でのご契約にお客様はとても喜んで下さいます。

また、「お日柄」は一定のペースでサイクルします。なので「大安」を契約(ゴール)として、クロージング→提案→契約を逆算し、計画的に行動することができるようになります。

このサイクルがあることで、ゴールが先にきまるので安定した提案ができるようになりました。

さらに、ご契約の際の最後のひと押しにもなります。とても悩まれるお客様も「今日、大安だしな……」と言って、最後のひと押しになるパターンが実は多かったりするんです。

「大安」なんて、現代人なかなか気にしないですが、やっぱりお日柄が良いと言われて、嫌な気分になるお客様はいらっしゃないかと思います。なので、これからもお日柄営業を極めていきたいと思っています。

ちなみに、お日柄営業のデメリットは契約が大安に重なるので、繁忙日が生まれてしまうことです。逆に仏滅の日は基本的に、事務作業したり営業計画を練ったり、インドアに過ごすようにしています。

(20代女性・金融業)
----

「お日柄営業」なるものを初めて知りましたが、メリットいっぱいなんですね。

考えてみれば車、結婚式、保険、家など数々のライフイベントで、お日柄に合わせて契約をした覚えがあります。たしかに大安の日の契約は縁起担ぎ的なものがあって、お客側としても気分がいいです。

営業マンは大安の日に契約できるよう逆算して計画立てることができますし、お日柄が良いことを契約の際のひと押しにできるのは心強いですね。

普段の生活で「六曜(仏滅、大安など)」を気にしたことがありませんでしたが、仕事にメリハリつけるためにも素晴らしい戦略だなと思います!


漫画・文=えりた