次の説明が正しければ〇、間違っていれば×を選んでください。

日本では、親と同じ名前を子どもにつけることは原則認められていないが、母が「幸子(さちこ)」、子どもが「幸子(ゆきこ)」のように、読み方が違えば認められる。

答えはこの下
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【A】×


解説

人名に使える漢字は、戸籍法の施行規則で定められている。

現在は常用漢字2136字に加え、人名用漢字は863字。2015(平成27)年に巫女の「巫」、2017(平成29)年に渾身(こんしん)の「渾」が加わった。

この範囲内で子どもの名前をつけるわけだが、常用漢字の中にはよくない意味を持つものもある。難解なもの、卑猥(ひわい)な意味の場合は「命名権の乱用」と判断され、認められない場合もあるのだ。

ところで、海外では子どもに自分と同じ名前をつけ、親には「シニア」、子には「ジュニア」などと付記して区別したりもするが、日本では子に親と同じ名前をつけられるのか。

同じ戸籍内で、親と同じ名前を子どもにつけることは原則、認められていない。同じ戸籍内だと、兄弟、祖父母と孫の関係でもつけられないわけだ。

また、母が「幸子(さちこ)」、子どもが「幸子(ゆきこ)」のように、読み方が違っても、漢字が同じならばこれも認められない。