【お悩み】職場の上司がネチネチと文句ばかり言ってきて雰囲気も悪いです。人間関係も悪くなりがちで……。どうすればいいでしょう?

■龍神ガガの言葉


仲間を作って上司を除(の)け者にしたまえ。

ただし、その上司にも立場がある。

それを少し考えたうえで、少々お灸をすえてやるがね。

よほどの馬鹿でない限り、ネチっこさは直るだろう。

◇ ◇ ◇

もし、その上司に問題があるということであれば、周りの人たちを味方に付けてその上司を除け者にしましょう。

もし、あなたの意見に賛同する人がいるのであれば、きっと成功するでしょう。

上司も自分の行動を改めてくれるはずです。

しかし、そのためにどれだけの人が協力してくれるかが問題です。

「上司のほうが正しい」

「性格は悪いけど、仕事はできるから」

「私は、そんなに気にならない」

という人が多いようであれば、あなたの意見は少数派ということになります。

周りの人は、そんなことをするよりも今の状態を選択したということになります。

また、上司を除け者にしたことで仕事の効率が下がって、会社の業績が落ちるようであれば本末転倒です。

もちろん、会社の業績や給料よりも、環境が良くなったほうが良ければ問題ありませんが。

そう。ここで大事なのは、あなたを含めた会社の人たちが何を望んでいるのか? ということです。

当然、良い雰囲気の中で気持ちよく仕事ができて、業績も良くなれば最高です。こんな良いことはありません。

ですが、そう理想通りにいかないのが人間社会というものです。

理想を求めたらきりがありません。

多かれ少なかれ、誰でも不満を抱えた状態で生きているんです。

いろんな人がいるのが人間社会と、割り切ってつき合うことも大事ということ。

とはいえ例外の場合もあります。

もしあなたが職場環境に耐えられずに身体を壊してしまうということであれば、そんな会社はすぐに辞めてしまうのが良いでしょう。

何よりも身体、命が一番大事ですから。

そういうときに「せっかく長く働いてきたから」とか「次の職場が見つかるか不安」と手放すことを恐れると状況は変わらないどころか、悪化する一方です。

動物には本来そなわっている本能があります。

それが「生きる」ということ。

生きるためには「戦う」か「逃げる」かの判断を迫られるときがあります。

もし、戦っても勝てないと判断したとき、躊躇(ちゅうちょ)なく逃げられるか?

それが生死を分ける。だけど、そこまで深刻な状態でなければ、上司は「そういう人」と割り切って、つき合うことをおススメします。

先ほど言ったように人間社会にはいろんな人が混在しています。

良い人から悪い人まで、それはもう幅広く。そして、その上司もその中の一人にすぎません。

もし、この上司が改心したり、他の部署に異動しても、次の上司が素晴らしい人格者かどうかはわかりません。

下手をしたらもっとヒドイ性格の人かもしれません。

何も死ぬまでつき合うわけではないんです。

そう割り切るのが一番シンプルではないでしょうか?

時には同じ思いをしている同僚と話をするだけでも、気持ちは楽になるものですしね。

◇ ◇ ◇



死ぬまで一緒にいるわけではないのだ。

もっと気楽に考えるがね。


著=小野寺 S 一貴、イラスト=高田真弓