ミスは「秒で謝る」。キャバ嬢は謝ることで新たな人間関係を築く/億稼ぐ技術(13)

「人間関係が悪くなったら、早めに立て直して。夜ぐっすり眠るためにも大事」

秒で稼ぎたいなら、ミスったら秒で謝る。

時間の無駄と、睡眠不足を防げます。

◇ ◇ ◇

先日、同じ仕事場で働くスタッフとモメてしまいました。仕事が終わってからみんなとご飯に行ったのですが、その場でお互い酔っていたこともあって、ささいなことから口ゲンカになりました。お互いに虫の居所が悪かったのか、かなりの言い合いになり、彼は最後には、

「だったら、お店を辞めます、もういっしょに仕事ができません」

みたいなことまで言い出してしまいました。

「困ったなあ」と思って翌日、謝ろうと思ったのですが、そういうときに限って彼の連絡先を知らないことに気がつきました。雰囲気が悪いまま、お店で顔を合わせていましたが、数日後に、彼がSNSを通じて謝ってきました。彼も私の連絡先を知らずに困っていたみたいです。

これでトラブルは終了して、彼は元のように働いています。

今回は彼に先に謝らせてしまいましたが、何かトラブルがあったら、それが後輩やスタッフでも先に謝ったほうがいいと私は思っています。お互いのプライドよりも仕事場の雰囲気をよくすることを優先させるためです。

謝るのはとても勇気がいることです。

しかし、謝って新しく人間関係が築ける場合もあります。

他店で働いている後輩のキャバ嬢がいます。

ある日、ラインで、

「エンリケさん、もうすぐ私のバースデーなので来てくださいね」

と連絡がありました。

後輩なのにラインでお願いごとをすませるなんて少し雑だと思ったので、

「そういうお願いごとは、直接来て言ってね」

と返しました。

するとすぐに来店してきて、謝ってくれました。

素直にすぐに謝ってくれたので、その後も何かと仲良くしています。彼女にしてみたら、ミスはあったけれど謝ったことでいい方向に向かったことになります。

このように謝るのは早いほうがいいのです。

なぜなら、謝らなくてはと思い悩む時間がもったいないと思うからです。

〝秒で稼ぐ〟のがエンリケ流だとしたら、〝秒で謝る〟のも私流です。

その日のミスはその日のうちに解決して、なるべく翌日に持ち越さないのもポイントです。そのほうが、よく眠れます。

夜の仕事をしている人は睡眠不足になりがちなので、私はよく寝ることを生活ルールにしていますが、いやなことがあっておちおち眠れずにいたら、身体に悪影響を及ぼすので、美と健康のためにも、謝るのです。

だれかとトラブルがあったときは、こちらが悪い場合は謝り、そうでない場合もお互いに歩み寄って解決して、スッキリしましょう。そうしたら、また前に進むことができます。


著=小川 えり


関連記事

おすすめ情報

StudyWalkerの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る