プレイング・マネージャーの「人を育てる」心得5カ条/倉下忠憲

人を育てることも仕事のうち

プレイング・マネージャーは、チームで成果を挙げることが求められます。自分ひとりが頑張るのではなく、全体としてどれだけの成果を生み出せるのか。それが問われるわけです。

そのため「人を育てる」こともプレイング・マネージャーの大切な仕事になってきます。

教えるのは難しい

「教える」という仕事は簡単ではありません。なにせ、相手あっての仕事です。

こちらがコツコツ丁寧に指導したところで、それが実を結ぶ保証はありません。人と人の相性もあります。

もちろん、他の人に何かしらの情報を伝えることは簡単です。その行為は「教える」と呼べるでしょう。

しかし、「教えた」からといって、それが「伝わる」とは限りません。相手の理解の仕方に沿う形で教えられないと、なかなか知識や情報は伝わらないものです。

最終的には、どのような伝え方がもっとも効果的なのかを考えて、それぞれの人に合わせた教え方ができるのがベストです。

具体的な教え方については、それぞれの相手に合わせて考えていくのが望ましいわけですが、いくつか共通的に押さえておきたいポイントもあります。

ここからは、プレイングマネージャーが教える際に心得ておきたい5つのポイントを紹介します。

ポイント1:怒鳴って問題を解決しようとしない

一つ目は、怒鳴って問題を解決しようとしないということです。

うまく伝わっているときは、教えている方も気分が良いものです。しかし、逆になかなか伝わらないとイライラがつのってきます。

なかなか伝わらないとき、感情的に相手に怒りをぶつけ、「なぜできないんだ!」のような修辞的疑問を発するのは是非ともやめておきましょう。何も改善しないばかりか、相手との心理的な距離が広がってしまい、ますます教えるのが難しくなってしまいます。

ポイント2:人はそれぞれであることを忘れない

私自身の経験から言えることですが、人はそれぞれ違います。具体的な説明を好む人、ビジュアル的説明を好む人、文章的説明を好む人、実に多種多様です。

また、ある分野については非常に物覚えがいいのに、別の分野についてはなかなか覚えられない、ということもあります。

誰か一人をモデルケースにして、「あいつなら、これでうまくやっているのに」のような比較をするのは、非生産的なのでやめておきましょう。

ポイント3:人は失敗する・間違える・忘れる

人間はプログラミングできるロボットではないので、一度教えたからといって相手がその通りに行動できるとは限りません。覚えるまでに何度か失敗を繰り返すことは珍しくありませんし、一度覚えても時間が経てば忘れることもしょっちゅうあります。

教える人は、自分が簡単にできてしまうので、それをできるのは当たり前のことだと感じてしまいますが、それは事実とはほど遠いので注意が必要です。

ポイント4:失敗から学べるようにする

人は失敗して学びます。失敗することで、「何が失敗でないのか」(=何が成功なのか)を学びますし、そこからどうやったら失敗しないのかも学びます。

ある程度先回りして、そうした失敗に陥らないコツを教えておくことも大切ですが、それ以上に失敗から学べるようにしておくことがはるかに重要です。

失敗したら、その行為を振り返って、どうすればよかったのかを考える時間を設ける。あるいは、失敗をチームで共有して問題解決にあたる。そうしたことに時間が使えるならば、失敗は良質の経験へと変身します。

逆に、失敗したら目くじら立てて怒り、「次からは気をつけろよ」とだけ言って済ませるようでは、何の経験にもなっていません。これは是非とも避けたいところです。

ポイント5:教材やマニュアルをまとめておく

「教える」という場合、AさんがBさんに直接的に情報を伝達する、といった関係性がイメージされますが、必ずしも直接的である必要はありません。

マニュアル・虎の巻・アンチョコといった具合に、知識・情報をまとめておいて、必要に応じてそれを参照できるようにしておくことも、間接的な「教える」になります。

直接的に教える場合は、どうしても自分が動ける範囲でしか「教える」ことができません。これは、人が増えてくると大きな問題になってきます。

また、意欲のある人ならば、どんどん自分で新しいことを吸収したいでしょうが、これもやはり直接的な教授では対応に限界があります。

だからこそ、自分で学べる環境を整備しておくわけです。

もちろん、直接的に教えることは有効です。特に、現場での疑問にダイレクトにフィードバックを返せるのが大きな魅力です。

ですので、そうした直接的教えを主軸としながら、それを補佐するために間接的に学べる教材やマニュアルを作っておくことのが有効でしょう。

日常的に自分の知識や経験をノートにまとめているプレイング・マネージャーなら、それを少し改造するだけで、他人でも使える知識ブックができあがります。こうした観点からも、普段からノートをとっておくことをオススメします。

教育には一番力を入れよう

以上、プレイングマネージャーが教える際に心得ておきたい5つのポイントを紹介してきました。

「教える」というのも、コミュニケーションの一種です。一筋縄ではいきません。なかなか難しい業務ではありますが、それでも先のことを考えれば、一番力を入れて取り組んでいきたい業務ということを覚えておいてください。


文=倉下 忠憲


関連記事

おすすめ情報

StudyWalkerの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索