「めんどくさい男」とレッテルを貼られるメール9パターン

最近、女性からのメールの返信が遅いなと感じたことはありませんか? ひょっとしたらそれは、あなたが「めんどくさい男」と思われているからかもしれません。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに、どんなメールに対して、「めんどくさい男」と感じるのかを聞いてみました。

【1】フラれたときなどに、自作ポエムを勝手に送ってくる。

「正直、気持ち悪いし返信に困ります。」(20代女性)のように、気持ちがこもったポエムでも、送られた女性は迷惑しているかもしれません。ポエムはメールで送るのは控え、心の中にしまっておいた方がよさそうです。


【2】「またね!」とメールを終えようとしているのに、しつこく返信してくる。

「こっちはもう寝たいのに!って思う。」(20代女性)のように、空気を読んでいない返信を嫌がる女性もいます。メールを続けたくても、女性のメールの文面から引き際を判断するようにした方がよさそうです。


【3】少し返信が遅れただけで「なんで返信してくれないの?」と送ってくる。

「返信しにくいメールが来たから困っているのに、追い打ちをかけられてウンザリ。」(20代女性)のように、返信を急かされると嫌気がさす女性もいます。女性から返信が来ないときは、気長に待つのが賢明と言えそうです。


【4】「俺って○○日ヒマなんだよね。」と一方的に予定を伝えてくる。

「彼氏でもない人なら、『そうなんだ』としか答えようがない。」(20代女性)のように、一方的にヒマな日を伝えられて困っている女性もいます。断られるのが嫌で遠まわしな表現をするのかもしれませんが、素直にデートに誘った方がよさそうです。


【5】自分の体調の悪さをえんえんと送ってくる。

「最初は心配するけど、しつこい場合はスルー。」(20代女性)のように、しつこい体調不良アピールも女性に敬遠されるようです。何度も送ると、同情してほしいだけの頼りない男性に見えてしまうかもしれません。


【6】「自分なんて…。」とネガティブなメールを送り、なぐさめてもらおうとする。

「最初は励ますけど、何度も続いたら『かまってちゃん』と判断して無視。」(20代女性)のように、落ち込んだときのメールは回数を重ねるとただの迷惑になってしまうようです。また、男らしくない印象を与える恐れもあるので、ネガティブなメールは控えましょう。


【7】自分の自慢話ばかり送ってくる。

「自慢話は基本無視します。」(20代女性)のように、自分を良く見せるためのアピールも、女性にはただの自慢話に見えるようです。メールでは自己アピールより、女性との言葉のキャッチボールを意識した方がいいかもしれません。


【8】「最後に一つだけ聞いていい?」と何度も質問をしてくる。

「たくさんの質問に答えるのは疲れます。」(20代女性)のように、質問攻撃を嫌がる女性もいます。いくつも質問を送ってメールを続けるのではなく、一つの質問でどこまで話を膨らませることができるかが仲良くなるカギになりそうです。


【9】改行の多い長い文章を送ってくる。

「スクロールが面倒で、結論が待ち遠しい。でも大したオチじゃないことが多い。」(20代女性)のように、改行が多く長い文章は読む方としても面倒なようです。短いメールのやり取りに伝えたいことを盛り込む方が、結果的に伝わりやすいのかもしれません。


女性にメールを送る前に、受け取る立場になって文章を読み返せば避けられるケースも多そうです。また、他にはどんなメールを送ると女性に「めんどくさい男」と思われてしまうのでしょうか。ご意見をお待ちしております。(外山武史)


関連記事

スゴレンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索