友達のカップルがケンカした理由を聞かされて、内心「ベタだなー…(笑)」と思ったことはありませんか? 人のフリ見て我がフリを直すつもりで、ありきたりな理由で彼氏とモメるのを避けられる女性になりたいものです。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行ったアンケートを参考にして、「ありがちだからこそ気をつけたい『彼氏とのケンカの種』9パターン」をご紹介いたします。

【1】「言った」「言わない」と、認識がすれ違ったとき

「ムキになって反論されると腹が立つ」(10代男性)など、お互いの主張を認めないことがケンカの原因になるようです。細かいことで認識がすれ違ったときは、大人になって先に謝るなど、言い争いに発展する前に火種を消したいところです。


【2】異性の友達との付き合い方に疑問を感じたとき

「価値観が合わなくてケンカになる」(10代男性)など、溝が深まって爆発するパターンです。相手の異性との付き合い方に疑問を感じたときは、早めに自分の意見を言うなど、お互いにストレスを感じないように認識を共有しておきましょう。


【3】自分には理解できないお金の使い道をされたとき

「好きなお金の使い方を、やめさせようとしないでほしい」(20代男性)など、強引に相手を変えようとするせいでケンカになるパターンです。相手がお金の使い道を否定されたと思わないように、遠回しに自分の意見を言いたいところです。


【4】メールを返し忘れるなど、連絡を怠ったとき

「こっちの事情も理解しないで『返事が遅い』とか言うな!」(30代男性)など、相手の事情を無視した苦情をきっかけにケンカに発展するパターンです。相手のメールの対応に不満を感じたときは、文句を言う前に「何かあったの?」と聞きましょう。


【5】優しさを感じられない無神経な言葉遣いをされたとき

「『はぁ?』とか言われるとケンカを売られているのかと思う」(20代男性)など、ささいな言葉遣いがケンカの火種になるパターンです。日頃から「ありがとう」や「ごめんね」を言うのを忘れずに、交際期間が長くなっても思いやりのある言葉遣いを意識しましょう。


【6】ささいなことでも、嘘や隠し事をされたとき

「相手にとってはアリな範囲でも、嘘や隠し事は許せない」(10代男性)など、冗談の許容範囲の違いがケンカを引き起こすパターンです。たとえ悪気がなかったとしても、結果的に彼氏に嘘をついてしまったときは、言い訳をせずに誠実に謝った方が良いでしょう。


【7】会いたいのに会えなかったとき

「いつのまにか言い争いになってる…」(20代男性)など、お互いにストレスをぶつけ合ってモメるパターンです。どうしても会えないことがわかっているときは、あえて「会いたい」という言葉を禁句にするなど、会話を悲しい流れに持っていかないようにしましょう。


【8】時間を守らないなど、約束を破られたとき

「彼女が素直に謝らないと、こちらも許せなくなる」(10代男性)など、約束を破ったことよりもその後の対応のせいでケンカに発展するパターンです。自分に少しでも非があるときは先に一言謝るのが人付き合いのルールだと心得ましょう。


【9】彼女が結婚を迫ってくるなど、重要な選択の答えを急かされたとき

「迫られても答えを出せないこともある!」(30代男性)など、相手にプレッシャーを与えることで反発されるパターンです。重要な選択を迫るときは、即答を求めるのではなく、答えを出す期間を二人で決めるなど、彼氏に猶予を与えた方が良いでしょう。


「ありがちだからこそ気をつけたい『彼氏とのケンカの種』」には、他にどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)