好きな女性に告白することは、片想いの到達点であり、恋愛の出発点でもあります。しかし、残念ながら女性に受け入れられず、振られてしまうことも少なくはありません。そこで今回は、スゴレン男性読者への調査結果をもとに、「告白して振られたことで得られた『成長』9パターン」をご紹介します。

【1】女性と会話をする度胸がついた。

「コミュニケーションや会話の経験を積んだことで、女性とも気軽に話せるようになった」(10代男性)など、ひとりの女性としっかり向きあった経験から、コミュニケーションにおける度胸が磨かれるようです。「好きな女性の前だと上がってしまう」といった悩みからも開放されそうです。


【2】「キザなセリフ」が言えるようになった。

「『かわいいね』『髪型似合うね』とか、素直に褒めたりするセリフが言えるようになった」(20代男性)など、女性の気持ちを盛り上げるような一言は、恋愛における大きな武器です。ただし、言うときはタイミングに注意し、その場の雰囲気を壊さないよう注意しましょう。


【3】自分の欠点を知り、自分を磨く気になった。

「自分の見た目のダサさが敗因だと分かり、本気でファッションを研究した」(20代男性)など、「どうして振られたのか?」と考えることで自分の欠点を見つめ直し、それを克服するモチベーションに変えることができるようです。自らの弱さを知った男は強いのです。


【4】相手の気持ちを考えて行動するようになった。

「好きな気持ちに酔って自己中になってた。今考えると、ストーカー気味だったかも」(30代男性)など、恋愛に燃え上がって冷静さを失うことは多いものです。「相手が喜ぶかどうか」を考えてから行動することで、独りよがりになるのを防ぐことができるでしょう。


【5】好意をアピールすることの大切さを知った。

「相手に自分の気持ちを知ってもらわなくちゃ、何も始まらない」(30代男性)など、自ら積極的に好意をアピールすることは、女性に恋愛を意識させる大切なポイント。恥ずかしがって相手の行動を待つのではなく、自らきっかけを作ることが恋愛の第一歩でしょう。


【6】失恋する痛みが実感として理解できた。

「振られてから3日間寝込んだ。でも落ち着いたら、自分の気持ちを伝えられた満足感が大きくなった」(20代男性)など、失恋の痛みは、経験しなければ理解できないものです。悲しみを実感することで、同じく恋に悩む他人への思いやりを持てるようになれそうです。


【7】女性に対してがっつかなくなった。

「とにかく彼女が欲しくてガツガツしていた。それじゃ女性の心は掴めないと知った」(10代男性)など、「浮ついた男性」という評判がたってしまうと、女性のガードは堅くなるようです。恋愛に対して余裕を感じさせる方が、女性からは魅力的に見えるでしょう。


【8】デートの誘い方を真面目に考えるようになった。

「先走って強引に誘うだけじゃ上手くいかない。誘うタイミングやムードも重要だった」(20代男性)など、勢いだけのアプローチは、成功率を下げてしまうようです。デートに誘う段階から女性をエスコートする意識をもち、スマートに誘う技術を身につけたいものです。


【9】失敗を引きずらず前に進む力がついた。

「失恋の辛さは、しばらくしたら良い思い出になった。これを繰り返して成長するんだと思う」(20代男性)など、過去の失敗を糧にして前に進むことは、恋愛に限らず成功の鉄則です。失敗を積み重ねることが、成功のための道のりなのでしょう。


ほかにも、「告白して振られたことで得られた『成長』」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)