多少強引でも、恋焦がれている女性となんとか近づきたい…。片思い中の男性は、そんな衝動に駆られることが多々あるようです。とはいえ、身勝手なアプローチは「ストーカー同然」と思われてしまう危険性もあるため、注意が必要でしょう。そこで今回は、10代から30代の独身女性181名に聞いたアンケートを参考に、「『ストーカーみたい!』と警戒される、片思い男性の暴走9パターン」をご紹介します。

【1】偶然を装って、女性の最寄り駅や自宅付近で待ち伏せする

「あまりに不自然。身の危険を感じる」(20代女性)など、「たまたま近所を通りかかったふり」をして女性の前に現れると、恐怖心を与えてしまうようです。顔をひと目見たいだけだとしても、アポなしの接触は相手を警戒させるだけと心得るべきでしょう。


【2】返信もないのに、一方的に何通もメールを送りまくる

「あえて無視してるの、気付いて!」(10代女性)など、女性からメールの返信が来なければ、それは「拒絶の意志表示」と捉えるべきでしょう。しつこくメールして悪印象を与えるより、別の角度から親しくなる方法を探すのが得策かもしれません。


【3】女性のSNSをくまなくチェックして、逐一コメントを付ける

「監視されてるような気分」(20代女性)など、SNSの投稿に対して過剰な反応を重ねると、「ネットストーカー」の疑いをかけられてしまいそうです。顔の見えないネット上では、しつこいアプローチは違和感が際立つもの。まずは現実世界で親しくなることを優先しましょう。


【4】女性の自宅ポストに、メッセージを書いた手紙を直接投函する

「いきなり自宅まで来られた事実が怖すぎる」(30代女性)など、どんなに誠実な内容の手紙であっても、「自宅ポストに投函」する行為は女性に不安を与えるようです。よほど親しい間柄でない限り、手紙は切手を貼って郵送しましょう。


【5】理由もないのに、やたらと高価なプレゼントを頻繁に贈りつける

「ただただ困る。捨てたいけど処分したら恨まれそう」(20代女性)など、強引なプレゼント攻勢も、女性を困惑させるようです。さりげなく渡したいなら高価なものは避け、ちょっとしたお菓子や花束のような「消えもの」を選べばスマートでしょう。


【6】携帯の留守番電話に無言のメッセージを何件も吹き込む

「怖くてスマホを触れなくなった」(20代女性)など、携帯電話を通じた「無言のアピール」も、非常に迷惑な行為のようです。不在着信や留守電の蓄積は女性の恐怖心を煽るだけ。電話をかけるのは正当な用件があるときだけに限りましょう。


【7】「昨日どこに行った?」「誰と遊んだ?」など、女性の行動をしつこく聞く

「脳内で勝手に彼女扱いされていそう」(10代女性)というように、プライベートを詮索したがるのも、女性に嫌悪されるようです。彼氏でもない相手に行動を報告する義務はありません。「友達」の距離感を一方的に踏み越えないよう注意しましょう。


【8】外食先で、女性が使った食器をこっそり持ち帰る

「気持ち悪くて鳥肌。何に使うつもり?」(20代女性)というように、女性が使用したものを密かに持ち帰るのは、いくら片思いが高じてもやりすぎでしょう。思い出を形に残したいなら、相手の許可を取った上で「一緒に写真を撮る」など、常識的な範囲に留めるのがよさそうです。


【9】約束していないのに「今、近くにいるんだけど」と突然連絡する

「私は会いたくないんだけど…」(10代女性)というように、特別親しい間柄でもない限り、アポなしで押しかけても喜んでもらえる可能性は低そうです。デートに誘うなら、きちんとアプローチの手順を踏むのが成功への近道でしょう。


恋愛における「強引さ」は男性の魅力のひとつにもなり得ますが、それは相手から好意を寄せられていることが大前提。ひとりよがりなアプローチは、女性を怖がらせてしまうことを肝に銘じましょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計181名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査