「私に気があるの?」と女の子を意識させる質問9パターン

好きな女の子に直球のアプローチができない人は、「質問」に絡めて好意をにじませてみてはいかがでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『私に気があるの?』と女の子を意識させる質問」をご紹介します。

【1】共通の話題を探す「趣味は何?」

「私に興味あるな、とは思う」(10代女性)というように、趣味・趣向を尋ねることで、相手への関心をそれとなくアピールするパターンです。変化球として「最近何にハマっている?」「休日何してる?」などの質問を投げかけてみても、ライフスタイルを知りたがっていることが伝わるでしょう。


【2】アプローチを予感させる「LINE教えて?」

「あらたまって言われるとちょっと意識するかも」(10代女性)というように、LINEでつながりたがるだけでも、シチュエーション次第で「脈アリかも」と察してもらえる場合があるようです。いきなり「教えて」と迫るのがためらわれるなら、「LINEしてる?」と聞いてからにすると自然かもしれません。


【3】それとなく好意をにおわせる「めちゃくちゃモテるでしょ?」

「つまり、私が好みのタイプってことなのかなと…」(20代女性)というように、相手のモテ具合を確認する口ぶりで、気があることをにおわせながら、ほかの男性からのアプローチ状況も探ってしまう作戦です。ただし万人受けするモテ女子には、軽くスルーされる可能性があるので、気を付けましょう。


【4】熱い視線に気づかせる「あれ、メイク変えた?」

「ビフォアを知らないと出てこないセリフなので」(20代女性)というように、メイクや髪型の変化を目ざとく褒めれば、普段から視線を送っていることに気づいてもらえそうです。微妙すぎて自信がなければ、「今日はなんか印象が違うね」くらいの言い方にして様子を見るのが無難かもしれません。


【5】ヨメ候補として見ている「料理は好き?」

「きっと私に家庭的なところを求めているんでしょうね」(20代女性)というように、家事スキルを問う質問によって、「パートナーとして意識していること」を察してもらう手もあります。とはいえ、「女が家事担当って誰が決めた?」(20代女性)と反感を抱く人もいるので、相手を選びましょう。


【6】デートの誘いを予感させる「次の休みはいつ?」

「それ聞いてどうするの?って考えたら、やっぱりデートなのかなと」(20代女性)というように、休日を尋ねれば、「二人で会いたい」という真意が伝わるかもしれません。前向きな反応があったら、すかさず興味を持ってもらえそうなデートプランを提示しましょう。


【7】ストライクゾーンを確かめる「どんなタイプが好き?」

「気になる人にしか聞かないかなと思う」(10代女性)というように、相手の「好みのタイプ」を聞こうとするのは、脈アリの証拠だと捉えられるようです。自分とまったく違うタイプの男性を挙げられたとしても、「じゃあ俺はダメか…」と落ち込んでみせて、ここぞとばかりにアピールしましょう。


【8】そのものずばりの「彼氏いるの?」

「いなかったら…どうなの?とドキドキします」(20代女性)というように、恋人がいなければ立候補しようしていることを、女の子に予感させる質問です。彼氏がいないと分かっていても、本人の口から聞いたことがない場合は、問う価値があるかもしれません。


【9】ただの冗談とは思えない「俺のこと好きでしょ?」

「作戦?嫌いではないかも…と思ってしまった」(20代女性)というように、たとえ軽いノリだったとしても、「好きでしょ?」と聞かれれば、誰しも質問の意図を深読みしてしまうもの。お酒が入って気が大きくなったときなどに、サラッと聞いてみてはいかがでしょうか。


奥手な人は尋ねやすいものを選んで試してみるといいかもしれません。どの質問でも「自分に興味を持っている」と好意的にとらえてくれるはずです。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から2日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査

関連記事

スゴレンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索