面倒見がよく、サバサバした性格で周りから慕われる「アネゴ肌な女子」。彼女たちは、どんなセリフにグッとくるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「アネゴ肌な先輩女子に響く絶妙な褒め言葉」をご紹介します。

【1】「憧れです!」とストレートに仕事ぶりを評価する

「男子から自分の頑張りを認めてもらえると自信になる」(20代女性)というように、アネゴ肌の女性には、飾り気のない、素直な賞賛の言葉が刺さるようです。逆に、明らかなお世辞だとわかるものは嫌われるので、ご機嫌取りのようなセリフは避けましょう。


【2】「結構乙女なんですね」と意外性を指摘する

「キュンとしちゃいそう」(20代女性)というように、サバサバとした性格から、普段はあまり女らしさに気づいてもらえないアネゴ肌の女子は、照れながらも意外な褒め言葉を歓迎するようです。ただし、失礼になる場合もあるので、ある程度親しくなってからにしたほうがいいでしょう。


【3】「○○さんのおかげ」とマメに感謝する

「努力が報われた気がする」(20代女性)というように、自らの意思で世話を焼いているアネゴ肌の女子なら、「ありがとう」と言われて悪い気はしないようです。何かしてくれることを「当たり前だ」などと思わずにいれば、自然と口をついて出るのではないでしょうか。


【4】「前向きでステキです」と性格を賞賛する

「『先輩みたいになりたい』って言われる存在でありたい」(20代女性)というように、カラリとした性格が持ち味のアネゴ肌の女子は、その特性を褒められることで自己肯定感を強めるようです。ただし「いい性格してますよね」などの言い方では嫌みともとられかねないので、気を付けましょう。


【5】「人望がありますね」と愛される人柄を認める

「仕事でもプライベートでも一番嬉しい褒め言葉かも」(20代女性)というように、アネゴ肌の女子は「周囲から好かれている自分」を実感することで満足感を得るようです。仲間思いでもあるので、「いい友達が多いですね」などと周囲の人を褒めてもいいでしょう。


【6】「こんな彼女がいたらいいのに」と恋愛対象であることを匂わせる

「ちょっとドキッとしちゃうかも(笑)」(20代女性)というように、「彼女にしたい」という言葉を使えば、女性らしさに対する評価や自分の好意をさりげなく伝えることができそうです。何度か言ってみて「まんざらでもなさそうだな」と判断したら、もうひと押ししてみてもいいかもしれません。


【7】「女子からモテたでしょう?」と男前な部分を褒める

「カッコいいって言われるほうがキャラに合ってる」(20代女性)というように、アネゴ肌の女子は自分の男らしい部分も気に入っているようです。「美人だし男前だし」などと前置きすれば、サラリと女ぶりも褒めることができるでしょう。


【8】「一緒にいるとホッとする」と安心感を伝える

「肩ひじ張らない付き合い方が好き」(20代女性)というように、アネゴ肌の女子は気取らない人間関係を好むので、相手がリラックスしていることを知って喜ぶようです。「何でも話せる」などと言って相談を持ち掛けてもいいでしょう。


【9】「いい奥さんになりそう」と家庭的な面に注目する

「いい女って言われたみたいで照れるけど(笑)」(20代女性)というように、料理や家事の能力を褒めると、アネゴ肌の女子をいい気分にさせることができそうです。自分の好意を伝えたい場合は「こんな奥さんがほしいな」と一歩踏み込んだコメントをしましょう。


アネゴ肌な女性に対してはストレートに男前な部分を褒めるか、意外性のある女性らしい部分を褒めるか。大きく分けるとこの2つが有効なようです。シーンに合わせて上手に使い分けましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から3日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査