アニメオタクの女子は、本来「モテ」とは遠い存在のように思われがちなもの。ですが、意外な部分で男性からの「引き」もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性148名に聞いたアンケートを参考に「『アニオタ女子』が魅力的に映る意外な理由」をご紹介します。

【1】自分の変わった趣味にも理解を示してくれそうだから

「自分がオタクなんだから、相手の趣味には寛容なんじゃないかな」(20代男性)というように、趣味にかける情熱への許容度が高そうだと期待されるケースです。何でも認める必要はありませんが、一度しっかり話を聞く程度のキャパの広さは示す必要があるでしょう。


【2】趣味に夢中になる姿が輝いて見えるから

「どんなことでも夢中になれる人はステキだと思う」(20代男性)というように、趣味に没頭する姿そのものが魅力的に映ることもあるようです。とはいえ、最初からアニオタっぷりを全開にするのは危険なので、徐々に素の自分を見せていってはいかがでしょうか。


【3】ピュアで初々しい恋愛ができそうだから

「恋愛初心者が多そうなイメージ。爽やかな恋愛ができそう」(10代男性)というように、恋愛経験の浅さが「逆にいい!」とされるケースです。ムリに駆け引きなどをせず、好きな人にはストレートにぶつかったほうが好印象ではないでしょうか。


【4】華美なメイクをしていないぶん、素肌がキレイだから

「『すっぴんがキレイ』という子が多いんじゃないかと思う」(20代男性)というように、一般の女性と比べて外見に手を加えていないことが功を奏したケースです。そもそも男性にはナチュラルメイク好きも多いので、「メイクは苦手でファンデも塗ってない」などとアピールしてもいいかもしれません。


【5】リアル恋愛に対してうぶなところがかわいいから

「恋愛に疎いところにキュンとします」(10代男性)というように、女性をリードしたい男性にとっては、恋愛偏差値の低さが魅力になるようです。背伸びをしたり、大人ぶったりせず、等身大の自分で勝負してはいかがでしょうか。


【6】考え方が独特で話していて面白いから

「オタク女子はいい意味でちょっと変(笑)。話していても楽しい」(20代男性)というように、「アニメに傾倒する女子」というユニークな存在として、会話の面白さから重宝されることもあるようです。ムリして一般受けする話題を探らなくても、得意分野を伸ばせばいいのかもしれません。


【7】かわいい見た目とマニアックな中身のギャップが魅力的だから

「童顔系だと、内面はアニオタなのがむしろいいと思う」(10代男性)というように、外見的にかわいい女子は「オタクである」ということが個性として光るようです。オタク道を極めながら、女子度も高めていけば、無敵なのではないでしょうか。


【8】コスプレ姿が見られるかもと期待するから

「アニメ好きといえば、コスプレ。彼女のコスプレ姿は興奮しそう(笑)」(20代男性)というように、コスプレを「アニオタ女子を彼女にする特典」と捉える男性もいるようです。恋愛関係になってから「コスプレ姿が見たい」と言われたら、少しサービスしてあげてもいいかもしれません。


【9】普通の女子と違うところが見ていて飽きないから

「『飽きない』って、恋愛を長続きさせる秘訣だと思う」(20代男性)というように、アニオタならではの独特の感性が、恋愛にプラスに作用すると考える男性もいます。多くを語らず、謎を残した状態でいれば、「ミステリアスな女」を演出できるのではないでしょうか。


アニオタならではの「普通の女子とは違う部分」をポジティブに捉える男性も少なくないようです。自分を殺して「普通の女の子」ぶるより、自分らしさを前面に出してアピールしてはいかがでしょうか。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年12月1日から8日まで
対象:合計148名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査