彼女が自分にべた惚れの場合、ちょっと無茶な要求でも呑んでくれるため、ついつい調子に乗ってしまうもの。とはいえ、付き合いも長くなると、その積み重ねが遺恨となり、2人の将来に暗い影を落としかねません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「調子に乗るな!うっかり応じて後悔している彼氏のわがまま」をご紹介します。

【1】本当は着たくないコスプレを要求された

「いま考えたらただの変態だなって思います」(20代女性)というように、嫌がる彼女にコスプレを強要したパターンです。相手がもともとコスプレイヤーならともかく、そうでない人に無理強いするのはまずいでしょう。


【2】「いつでも会えるようにバイト辞めてくれる?」と命令された

「仕事が不規則な人だったので、自分が合わせてあげたけど…」(20代女性)というように、生活時間を自分に合わせるよう要求したパターンです。彼女から自主的に合わせてきそうになっても、「自分の時間も大事にしてよ」となだめるのが正しい対応でしょう。


【3】元カレや男友達の連絡先を全消去させられた

「ただの友達なのに…疑り深いのにもほどがあります」(10代女性)というように、男性の連絡先をすべて消去させたパターンです。せいぜい「自分といるときはほかの男と電話したりしないでほしい」くらいに留めておけば「かわいい」と思ってもらえるかもしれません。


【4】浮気を許してほしいと懇願された

「一度許すと、またくり返す。一発退場にすればよかった」(20代女性)というように、頭を下げて浮気を許してもらったパターンです。そもそも「相手が惚れているから」「いまモテモテだから」と調子に乗って浮気に走る時点で間違っているでしょう。


【5】「急に会いたくなったから」と午前2時に呼び出された

「こっちも朝から学校があったのに!今思えば応じた自分がバカでした」(20代女性)というように、真夜中に突然呼び出したパターンです。「声が聞きたくなったから」と深夜に長電話をするのも迷惑なので、どんなに恋しくてもメッセージを送る程度で我慢したいものです。


【6】料理が不得意なのにおふくろの味をリクエストされた

「しかも感想が『あんまりおいしくないね』ってひどい」(20代女性)というように、不得手な料理を無理に作らせたパターンです。せめて相手の得意料理を聞いて、それを食べさせてもらう程度に留めておきましょう。


【7】深夜、男同士の飲み会に顔だけ見せに呼ばれた

「ただの酔っ払いのネタにされたみたいで腹が立つ」(20代女性)というように、自慢するためだけに彼女をちょい見せしたパターンです。人に引き合わせたいのであれば、最初から飲み会に参加してもらうなど、彼女も楽しめるように配慮しましょう。


【8】「お金がないから」と言われたのでかなり援助してしまった

「奢るのが当たり前になってたのは本当におかしかった」(20代女性)というように、デート代を彼女にたかったパターンです。経済的に厳しいのであれば、割り勘にしたり、お金のかからないデートを考えるなど工夫したいものです。


【9】エッチな写真や動画を撮らせてしまった

「別れたら、あの写真をどうされるかわかんないから怖い」(20代女性)というように、エッチな写真や動画を撮らせてとお願いしたパターンです。嫌われたくなくてわがままを聞いてしまう女性は少なくありませんが、ほとんどの場合後悔するようなので、禍根を残したくなければリクエストすべきではないでしょう。


そのときはよくても、後々「実は本当に嫌だった」と振り返って怒りを買う原因にもなりかねないので、彼女との関係を大切にしたいのであれば、度が過ぎるわがままは慎んだほうが良いでしょう。(熊山 准)