「早くお母さんになりたいな」と家庭的な面を強調する女性が、必ずしも「子ども好き」であるとは限りません。結婚を意識した嘘の可能性もあるので、慎重に見極めたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼女の『子ども大好き!』が嘘だとわかった決定的なシーン」をご紹介します。

【1】「抱っこさせてー」と言いながら赤ちゃんに手を伸ばそうとしなかったとき

「よだれがつくのがイヤだったみたいです」(20代男性)というように、子ども好きがポーズだけなのは、スキンシップの取り方から即座にバレてしまうようです。「あくしゅしてもいい?」と控えめに赤ちゃんの手だけを握る程度が無難かもしれません。


【2】「いくつ?」と立ったまましゃがまずに子どもに話しかけていたとき

「目線を合わせるのは子どもを相手にするときの基本なのに」(20代男性)など、子どもの身になってコミュニケーションを図れないところに、男性は嘘を感じるようです。面倒でも、しゃがんで子どもと同じ目線で会話したいところです。


【3】「騒がれそう」とレストランで子ども連れの近くの席を避けたとき

「『うるさいのはパス!』と、迷惑そうにしてた」(20代男性)というように、子連れ客に対してあからさまに嫌な顔をするのも、「子ども嫌い」の疑惑を深めてしまうようです。本音はともかく、露骨に子連れを避けるのはご法度でしょう。


【4】「ちっ」と電車でギャン泣きしている子どもに舌打ちしたとき

「自分の子にも同じことをしそうで怖くなった」(10代男性)など、苛立ちのあまり、つい本音が態度に出てしまうパターンです。「あなたの声が聞こえないから、隣の車両に移ろうか」などと提案すれば、子どもを邪魔にしているようには映らないかもしれません。


【5】「おばちゃんじゃなくてお姉ちゃんでしょ!」と本気で怒ったとき

「小さな子から見れば、『おばさん』に違いないのに」(20代男性)というように、子ども相手に怒りをあらわにして、子ども好き云々以前に、大人げないと非難されてしまうケースです。「お姉ちゃんって呼んでくれるとうれしいなあ」などと大人の対応を心がけたいものです。


【6】「おりこうさんだね」と言いながら子どもの目を見ていなかったとき

「『適当に褒めとけばいいや』的な態度に見えた」(20代男性)など、子どもに正面から向き合っていない姿勢から、関心のなさを読み取られることもあります。大人じゃないからと手を抜かずに、それなりに誠意のある対応を心掛けましょう。


【7】「〇〇くんっていうんだ。どんな字?」と子どもが話しかけてきているのに大人に話を振ったとき

「本人との会話を避けているのがバレバレ(笑)」(20代男性)というように、子どもとの会話に苦手意識があることは、周囲におのずと伝わるものです。せめて一言は、子どもに返してあげるのが大人の務めでしょう。


【8】「こっちにおいで」と彼女が呼んだのに、子どもが警戒して近づかなかったとき

「本能で子どもが彼女を避けるのを見て『えっ?』と思った」(10代男性)など、なぜか子どもに嫌われる彼女の様子から「子ども好きは嘘?」と疑念を抱いたケースです。とりあえず「あれ…私、変な臭いでもするかな?」などと不思議そうな顔をしてその場をしのぐしかないでしょう。


【9】「邪魔だよね」と電車内のベビーカーに苛立っていたとき

「上の子を抱いて、下の子をベビーカーに乗せてクタクタなお母さんに、ひどすぎる」(20代男性)というように、母子連れを非難するようなスタンスは、良いお母さんになりそうなイメージとは正反対の印象を与えてしまうようです。「大変そうだね」とねぎらいの気持ちを表すくらい大らかに構えたいものです。


現時点で子どもをかわいいと思えないのであれば、嘘をつくより「自分の子どもって特別な存在なんだろうね」などとお茶を濁すのが無難かもしれません。(倉田さとみ)