恋人同士が長く穏やかに付き合って行くためには、お互いに「余裕」が必要です。中でも、女性が男性に求めるのは、どのような「余裕」でしょうか。『オトメスゴレン』女性読者への調査をもとに、「女性が長く付き合いたい彼氏に求める『男の余裕』9パターン」をご紹介します。

【1】疲れたときにも優しさを忘れない「お互いを思いやる余裕」

「些細なことでケンカになるから」(20代女性)など、心の余裕が重要だと考える女性は多いようです。疲れたとき、女性は感情的な行動を取ることもありますが、「自分を信頼し甘えている」と解釈し、広い心で受け止めてあげてはいかがでしょうか。


【2】近所でのデートくらいでは気兼ねしなくてすむ「最低限の経済的余裕」

「お金がないと、一緒にいてもギスギスしてしまう」(20代女性)と、経済的余裕を挙げる女性もいました。確かに、ワリカンでもデートできない状態が続くと、お互いに窮屈な思いをしそうです。収入は変わらないとしても、普段からデート費用を確保しておくとよいかもしれません。


【3】ささいなことでやきもちをやかない「『自分は愛されている』と信じる余裕」

「仕事上の付き合いにまで干渉されると、信頼されてないと感じる」(30代女性)というように、多少のやきもちは恋愛のスパイスになりますが、度を超すと息苦しくなりかねません。自分の知らない彼女に嫉妬するより、二人でいるときの彼女の愛情を信じてはいかがでしょうか。


【4】仕事&プライベートを含めた「時間の余裕」

「会う時間が少ないと、すれ違いが生まれやすい」(10代女性)として、二人の時間を重要視する女性もいます。とはいえ、一緒に過ごすために多大な苦労を強いられると、お互いに疲弊しそうです。時間がない場合は、メールや電話で連絡を取りましょう。


【5】彼女の過去を必要以上に詮索しない「今を楽しむ余裕」

「昔にこだわり今を楽しめないと、将来も楽しくなさそう」(30代女性)というように、過去にとらわれ過ぎる男性は、未来のパートナーとして考えにくいようです。過ぎたことより、目の前の彼女を大切にするよう心がけてはいかがでしょうか。


【6】お互いに自分の時間も大切にする「距離感を保つ余裕」

「一人で過ごす時間がないと、息が詰まる」(20代女性)と、適度な距離感を保つことが重要だと考える女性もいます。いつもべったりというカップルは、あえて会わない日を設けてみてはいかがでしょうか。次に会ったとき、新鮮な気持ちになれそうです。


【7】彼女のワガママも笑って受け流す「大人の余裕」

「何でも真正直に受け取られると、衝突が増える」(30代女性)など、彼女の発言にいちいち動じない余裕を求める女性もいます。女性は不満を口にするだけで、気が晴れることもあります。身勝手な発言は単なる「ストレス発散」と考え、真に受けずに聞き流すとよいかもしれません。


【8】メールの返信が遅れても気にしない「待つ余裕 」

「催促されると、メール自体が面倒になる」(20代女性)など、待たされることへの余裕を挙げる女性もいました。女性は外出準備やトイレなど、男性より時間がかかることが多いものです。男同士の基準とは異なる「女性基準」を設け、のんびりと待ってみてはいかがでしょうか。


【9】年を取るにつれ衰えていく外見を許容できる「相手の変化に対する余裕」

「若々しさがなくなったことを指摘されると傷つく」(30代女性)など、年齢に伴う変化に対して、大きく構えていてほしいと考える女性もいます。変わった部分を知っていることこそが二人の歴史です。女性は外見の話題に敏感ですから、「老けたな」などと言わないようにしましょう。


長く付き合うために、女性が彼氏に求める「男の余裕」には、ほかにどんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(さのちあき/Office Ti+)