ついつい引きずってしまいがちな「初恋のトラウマ」9パターン

初恋での経験が、「恋ってこういうもの」と、その人の恋愛に対する考えを決定づけてしまうこともあるようです。では、どのような経験が恋愛観を縛り付けてしまうのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「ついつい引きずってしまいがちな『初恋のトラウマ』」をご紹介します。

【1】ガツガツした元カレの影響で、男性はみんな下心でいっぱいだと思ってしまう

「男性に対して疑い深くなってしまいました」(20代女性)など、男性の好意にはすべて下心という名の裏があると思ってしまう女性は多いようです。安易に上っ面の言葉を信じるべきではありませんが、誠意のある男性をきちんと見極めることも大切でしょう。


【2】周囲に冷やかされた経験から、恋愛に関する気持ちを素直に表現できない

「人に相談しにくいです」(10代女性)など、他人の反応を気にしすぎるあまり、悩みや喜びを溜め込んでしまう女性もいるようです。いろんな人に認められなくても、ひとり理解者がいるだけで心が軽くなるもの。まずは親友に打ちあけるところから始めてはいかがでしょうか。


【3】心配性の元カレのせいで、恋愛が制約の多い重たいものだと感じてしまう

「毎日電話やメールするのって苦痛です…」(30代女性)など、ルールに縛られるので恋愛は面倒だと感じる女性もいるようです。しかし、はじめから恋愛を苦しいものと決めつけていては、素敵な出会いのチャンスを逃してしまうかもしれません。


【4】見た目で選んで失敗した経験から、好みのタイプと出会っても躊躇してしまう

「戸惑っているうちにチャンスを逃した…」(20代女性)など、過去の失敗によって、自分の直感を信じられなくなることもあるようです。男性に見た目で惹かれても、会話などを通じて恋愛に発展できるかどうか見極めれば問題ないのではないでしょうか。


【5】「B型の彼氏とうまくいった」という経験から、つい男性の血液型にこだわってしまう

「いい感じの男性をA型ってだけでスルーしたり…」(30代女性)など、逆に成功体験が恋愛を縛り付けてしまうこともあるようです。スペックが似ていても、男性によって恋愛の形も様々であると考えたほうがいい出会いを呼び込めそうです。


【6】亭主関白過ぎた元カレの影響で、彼氏にうまく甘えられない

「物わかりが良すぎるのかも」(10代女性)など、彼氏に合わせることに徹した結果、自分を表現できなくなる女性もいるようです。特に出会いたては、良く見られようと控えめになってしまいがちですが、そこで相手のペースに合わせすぎると、後々の関係を決定してしまうのかもしれません。


【7】浮気されたことがトラウマで、自分の時間を優先する彼氏を疑ってしまう

「彼氏の行動を把握できてないと不安になる」(20代女性)など、二度と傷つきたくないという思いから、疑心暗鬼になって彼氏を追いつめてしまうこともあるようです。無理に相手を束縛しても、結局関係性は長続きしないでしょう。


【8】普通っぽい元カレに満足できなかったため、クセのある男性に惹かれて苦労してしまう

「すごく歪んでいるのを個性だと勘違いしちゃう…」(20代女性)など、刺激を求め、自ら進んで辛い道を選んでしまう女性もいるようです。ただし、苦労している時間に充実を感じるのであれば、その人にとっては幸せと言えるのかもしれません…。


【9】大好きだった元カレと別れて以来、恋愛をどこか冷めた目で見てしまう

「永遠とか信じられなくなった」(10代女性)など、失恋の痛手から恋愛と本気で向かい合えなくなった女性もいるようです。ただ「好き」という気持ちをぶつけるだけではなく、お互いが「一緒にいたい」と思える関係を築いていけば、恋愛を末永く楽しめるのではないでしょうか。


ほかにも「ついつい引きずってしまいがちな『初恋のトラウマ』」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)


関連記事

スゴレンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る