デートで待ち合わせたものの、実際にどこに行いけば良いのか分からない・・・と困ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなとき、女の子の要望を聞くことは手段のひとつ。ただし単純に「どこに行きたい?」と質問してしまうと女の子に判断を委ねることになり、ストレスを与えてしまうこともあるようです。では実際には、どのような質問を投げかければ良いのでしょうか。「デートする場所を決めるときの女の子への質問9パターン」を紹介させていただきます。

【1】「◯◯に行こうと思うんだけど、どうかな?」

具体的なデートプランを提示するパターンです。企画力のある男性としてアピールすることができます。女の子が喜びそうなスポットを調査して、積極的に提案したいものです。


【2】「◯◯と◎◎、どっちに行きたい?」

いくつか案を出して、女の子の希望も聞いた上で決めるパターンです。女の子に配慮し、選んでもらうことで、女の子にとって好ましいデートを実現できる可能性があります。たくさんプランがあり過ぎても、女の子が迷ってしまう恐れがあるので、3プランくらいが最適でしょう。


【3】「最近、どこに遊びに行った?」

「最近行った場所」を避けるため、参考のために聞く質問です。「そこは先週行ったぁー。」というリアクションを避けることができます。なお、この質問をした場合、「行ったことのないおもしろい場所かもしれない!」と女の子の期待が高まる可能性があるため、女の子が喜ぶようなデートプランを提案できるように、デートスポットについての情報収集を徹底する必要があります。


【4】(雑誌を取り出し)「この中から、これから行く場所を一緒に決めようか。」

女の子と一緒にデートスポットを選ぶパターンです。女の子と会う前に雑誌を用意する必要があります。ただし、事前に決めていないことを、「段取りの悪い男」とマイナスに評価する女の子もいるので、女の子に応じて使い分ける必要があります。


【5】「近場にしようか?それともちょっと遠出する?」

距離的な尺度で質問するパターンです。女の子のテンションが高ければ、ちょっと遠出することも可能となります。ただし、実際に遠出した場合には、場所の決定やスムーズな移動など、男性の企画力が問われることになります。楽しいデートを実現できれば、高評価を得ることができますが、段取りが悪かった場合には、一気にマイナスに評価される可能性があります。


【6】「絶対に行きたくない場所はある?」

女の子がデートで行きたい場所を消去法から探るパターンです。「絶対に行きたくない場所」という質問を通して、女の子の好みを把握することもできるでしょう。


【7】「『前から行きたかった・・・。』と思っていた場所ってある?」

女の子が前から「気になっていたけど、行けなかった場所」について質問するパターンです。このような質問を投げかけることで、女の子の要望を聞き出すことができるでしょう。ただし、海外など当日のデートで実現不可能な場所だった場合、会話が盛り上がらず、重苦しい空気になる可能性があるので、注意が必要です。


【8】「とりあえず、お茶をしながら決めようか?」

その場で無理に決めようとせず、カフェでお茶を飲み、雑談しながら決めるパターンです。雑談の中で、意外な発見があり、デートスポットが見つかる可能性があります。一方、行きたい場所が決まらず、グダグダな時間を過ごす可能性があるので、女の子に頼らず、自らデートプランを考え抜く力は必須と言えるでしょう。


実際のデートで活用できそうな質問はあったでしょうか。また、他にも「デートする場所を決めるときの質問」があると思います。みなさんのご意見をお待ちしております。