片思いの女性への誕生日LINEに様々な工夫を凝らしている方も多いのではないでしょうか。文面の工夫に加えて、LINEの送信時間が重要なポイントでしょう。では一体、LINEを送信する時間にはどのようなパターンが存在するのでしょうか。そこで今回、ベストな送信時間を検討していただくため「片思いしている女性への誕生日LINEの送信タイミング9パターン」を紹介させていただきます。

【1】「誕生日の前日」の先手必勝型

誕生日の前日に、「あした、誕生日だよね!」と送るパターンです。他の人が誕生日LINEを送っていない可能性が高く、女の子から返信をもらえるかもしれません。


【2】「日付が変わった直後」のスタートダッシュ型

日付が変わった瞬間にLINEを送信するパターンです。誕生日を迎えた直後は、テンションも高く、誰かにお祝いしてほしいものです。ただし、他の男性が同じ時間に送信する可能性があるので、内容についての工夫も必要となるでしょう。


【3】「通勤通学の時間帯」の朝礼型

朝の通勤通学時間にLINEを送信するパターンです。一日が始まる朝に受信するLINEによって、テンションは変わるもの。朝に祝福されることで、女の子に幸せな気分で一日過ごしてもらえる可能性があります。


【4】「お昼休み」のランチサービス型

ランチタイムを狙って送信するパターンです。ランチ休憩中にLINEをすることで、返信してもらえる可能性が高まります。ただし、ランチで会話が盛り上がり、スマホを見ていない恐れがあるので、過度に期待しない方が良いかもしれません。


【5】「ちょっと休憩している夕方」のゆったり型

勉強や仕事が一段落したかもしれない、夕方に送るパターンです。慌ただしく活動する午前中に送るよりも、精神的な余裕が出てくる夕方の方が、返信をもらえる可能性があるでしょう。


【6】「9月23日の誕生日だった場合、9時23分に送る」受信時刻と誕生日の連動型

LINEの受信時間を誕生日の日付にピッタリと合わせるパターンです。ピッタリと受信できるとは限りませんが、成功すればインパクトの大きいLINEとなるでしょう。ただし、受信時間までは確認していない女の子が多いと思われるので、文面で送信時間について記載するなどの配慮があると良いでしょう。


【7】「会う直前に送る。そして、会ってからも祝う。」ダブルお祝い型

学校や職場などで実際に会える状況のとき、会う直前に誕生日LINEを送り、会ったときも、改めて「誕生日、おめでとう!」と祝うパターンです。誕生日当日は、「おめでとう!」という言葉はたくさんほしいものなので、女の子に喜んでもらえる可能性があります。


【8】「帰宅しているだろう時間」帰り時間アプローチ型

女の子の誕生日イベントの帰り時間を狙ってLINEをするパターンです。友達に祝ってもらい、幸せな気分のときにLINEを送信することで、さらに女の子のテンションをあげることができるかもしれません。ただし、女の子の予定を把握できないことが多いので、帰り時間をピンポイントで狙うことは至難の業となります。


【9】「日付が変わる直前」駆け込み型

日付が変わるギリギリに送るパターンです。誕生日における「最後のLINE」となる可能性があります。最後に読むものは今までのLINEよりも記憶に残りやすく、好印象を残すことができるかもしれません。ただし、既に寝ており、迷惑なLINEとなる可能性もあるので、女の子のライフスタイルを考慮する必要があります。


みなさんのキャラクターに合致した送信タイミングはあったでしょうか。また、もっと効果的な誕生日LINEの送信タイミングがあれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。