恋のチャンスを前に、もう一押しできなかった自分を悔やむ男性は意外と多いようです。男性がどんなときに行動を起こせずモタついてしまうのかわかれば、勇気を出せるように後押ししてあげることもできるのではないでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに、「『あのとき動いていれば…!』と気弱な自分を後悔したこと」をご紹介します。

【1】相手の好意を知っていたのに、告白を先延ばしにしてしまった

「なんかビビっちゃったんですよね…」(10代男性)など、告白する気はあるのに、つい気後れしたり、もったいぶったりしてしまう男性もいるようです。じれったい距離感が続くようなら、「待つのに疲れちゃいそう」などと相手を焦らせるのも手かもしれません。


【2】片思い相手に「好きな人いるの?」と聞かれて、あいまいな返事でごまかしてしまった

「なんて答えればいいのかわからなくなって…」(20代男性)など、ストレートに恋をしているのか聞かれると、「ここで告白すべきか…!?」と男性がプレッシャーを感じてしまうこともあるようです。気になる男性に不用意に探りを入れてみても、あまり期待した結果にはならなそうです。


【3】デートはできたのに、決定的な一言を出せず疎遠になってしまった

「もうちょっと強引に行っていれば…」(30代男性)など、一歩踏み出すタイミングを逃して悔やむ男性は多いようです。デート中に女性側から「楽しい!」といった気持ちをストレートに表現するだけでも、男性の背中を押すことができるでしょう。


【4】イベントの打ち上げで意気投合したのに、そのままメルアドも聞かずに別れた

「後になってチャンスだったと気づくんですよね」(20代男性)など、その場の楽しさに満足して行動を起こさない男性もいるようです。「また飲もうよ」といった一言があれば、鈍感な男性に対しての助け舟になるかもしれません。


【5】シチュエーションにこだわりすぎて、告白するチャンスをスルーしてしまった

「タイミングはいくらでもあったのに…」(20代男性)など、完璧を求めるあまり、告白するのに時間がかかってしまう男性もいるようです。ロマンチストの男性に対しては、キザに感じることも茶化したりせず、一度相手のやりたいようにやらせてあげることも大切なのかもしれません。


【6】飲み会の帰りに「もうちょっと飲みたいな」と言っていたのに「明日早いんじゃないの」といなしてしまった

「良識をかざす必要なんてなかったのに!」(30代男性)など、ついカッコつけて大人な態度をとってしまうという男性もいるようです。とはいえ、女性からさらに甘えてお願いすれば、案外コロッと態度を変えてしまいそうです。


【7】何度もメールのやりとりが続いたのに、デートに誘うことができなかった

「逆にきっかけがつかみにくかったというか…」(10代男性)など、自然なお誘いを意識しすぎて何もできなかったという男性もいるようです。「○○行きたい」など、雑談の中にきっかけを忍ばせてあげることができたら男性も行動を起こしやすくなるでしょう。


【8】「他の男性のことが好きらしい」という噂を鵜呑みにして身を引いてしまった

「直接確かめておくべきだった」(20代男性)など、勝手に身を引き自分でけじめをつけなかったために思いを引きずってしまう男性もいるようです。気になる男性から急に距離を置かれたとしても、相手に彼女ができたとは限らないのかもしれません。


【9】同じ女性を好きになった友人に遠慮して、つかず離れずの距離のままでいた

「ちゃんと勝負して負けたほうが清々しかったと思う」(20代男性)など、友人に遠慮してしまう男性もいるようです。グループ交際などで煮え切らない態度をとる男性に対しては、「私のこと好きじゃないかも」と不安がらずに、たくさん質問したり、褒めてみたりと、好意をアピールすることが大切でしょう。


ほかにも「『あのとき動いていれば…!』と気弱な自分を後悔したこと」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)