気になる女性が5歳以上年上で、アプローチの仕方が分からず、困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。年下の男性として甘く見られないように、積極的なアプローチは必要でしょう。そこで今回は、年上女性に恋した方の参考となるように、「年上女性への口説き文句8パターン」を紹介させていただきます。

【1】「魅力的です!」

女性の見た目や振る舞いについて褒めるパターンです。魅力的であることをストレートに伝え、年上女性を喜ばせることができます。ただし、冗談として伝わらないように真剣に伝えた方が良いでしょう。


【2】「OOさんは可愛いと思います!」

年上で色気のある相手にも関わらず、敢えて「可愛い!」と表現するパターンです。年上に対して、「可愛い」という表現は伝えづらいかもしれませんが、敢えて年下の男性が表現することで、ギャップを表現することができるでしょう。


【3】「好きになってもいいですか?」

ストレートに「好き」という言葉を使い、表現するパターンです。疑問文にすることで、控え目な印象を与えますが、年下らしさを演出することができるでしょう。ただし、女性が答えに困ってしまう場合があります。


【4】「付き合ってください。僕は真剣です。」

素直に真っ直ぐな姿勢を見せるパターンです。真剣に気持ちを伝えることで、年上女性をドキッとさせ、気持ちが揺らぐキッカケとなるかもしれません。


【5】「敢えて言っておくと、俺は年の差については気にしてないです。」

年齢は関係ないことを口に出すパターンです。言葉にしていなくても、年上女性にとって、年齢差は気になってしまうものです。自分の気持ちを敢えて口にすることで、年上女性も安心するかもしれません。


【6】「俺に甘えてくださいよ。」

甘えて欲しいことを伝え、年下として扱われないようにするパターンです。「私は年上だから・・・」と遠慮しがちな女性の心を溶かすキッカケとなるかもしれません。年上女性が強がっているときに放ちたい一言ではないでしょうか。


【7】「ときには俺にリードさせてくださいよ。」

年下の男性だからといって、最初から甘えるような姿勢を見せない女性に対して、有効な一言です。頑固な年上女性に対して、自分の要望をハッキリと伝えることで、本音で話し合うことができるかもしれません。


【8】「俺のことガキだと思っているでしょ?」

年上女性の本音を見抜く一言です。このセリフの後には、手を握るなど、年下男性とは思えない積極的な態度を取ることで、年上女性を驚かせることができるでしょう。


みなさんが実際に言えそうな口説き文句はあったでしょうか。また、今回紹介した口説き文句以外に、有効なセリフがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。