気になる男性にデートに誘われて、待ち合わせ早々に「どこに行きたい?」と聞かれたら、戸惑ってしまうもの。当然ながら、そのときのリアクションによって、相手に与える印象は大きく変わってくるので、無難な応答をいくつか用意しておくといいでしょう。そこで今回は、『オトメスゴレン』読者の独身女性に聞いた意見を参考に、「デートで『どこに行きたい?』と聞かれたときのリアクション」をご紹介いたします。

【1】「どこでもいいよ。任せるよ」

相手に決めてもらうパターンです。ただし、決断力のない男性の場合、「どうしよう…」とオロオロするだけかもしれないので、その場合は「じゃあ二人で3つずつ希望を言ってみようか」などと控えめにアシストしてあげたほうがいいでしょう。


【2】「あなたの好きなところでいいよ」

男性にプランをお任せするパターンです。自分で考える必要がないのでラクではありますが、完全に相手にゆだねるため、思い通りの行き先にならなくても文句は言えないでしょう。


【3】「一緒にいられるならどこでもいいよ」

男心をくすぐる一言で相手のテンションを上げるパターンです。「とにかくデートを盛り上げなきゃ…」と焦っている場合には、男性にとって救いの言葉となるでしょう。ただし、「それなら適当でいいや」と解釈されてしまうおそれもあるので気を付けましょう。


【4】「候補はどんなところがあるの?」

相手が考えている行き先候補について聞くパターンです。自分の考えがあっても、女性のことを気遣って、言い出せない男性もいます。「実は…」と切り出しやすいように、あえてこちらから投げかけてもいいでしょう。


【5】「◯◯以外の場所がいい」

「最近、海に行ったので、海以外がいいかも」など、消去法で返答するパターンです。もし本当に気が進まない行き先があるのなら、あらかじめ告げて回避するのがお互いのためでしょう。


【6】「じゃあ、○○に行ってみない?」

具体的なデートプランを提示するパターンです。希望の場所に行けるのがメリットですが、現地までの交通手段を調べたり、時間管理などを主導しなくてはならないので、リーダーシップをとることが苦痛なタイプには荷が重いかもしれません。


【7】「私が行ったことないところ!」

ワガママな女性を演出するパターンです。とはいえ、「そんな場所、思いつかないよ…」と相手を困らせてしまうだけかもしれないので、ノリのいい男性限定で使える手でしょう。


【8】「え?そんなこと私に聞くの?」

「『どこに行きたい?』なんて、聞かないで!」と不思議そうに切り返すパターンです。ノープランで当日を迎えた男性の反省を促すことができますが、場合によっては険悪なムードを招く場合もあるので、「仕方ないなあ。じゃあ○○に行こうか?」などとフォローを添えたいところです。


【9】「自分の意思はないの?」

男性を厳しく叱責するパターンです。「なに食べたい?」「どこ行きたい?」などと質問するばかりで、自分の意見をまったく言わない相手に苛立ったときは、このくらい毅然とした態度を取ってもいいかもしれません。


いかがでしたか?ほかにはどんなリアクションが存在するのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(山場ヤスヒロ)