自分ではそんなつもりがなくても、やたらナンパのターゲットにされたり、強引に迫られた経験がある女の子は少なくないと思います。そこで今回は、「軽い女」だと見くびられるのはどのような女の子なのか、考えてみたいと思います。

【1】肌を露出しすぎる。

ファッションとして肩や脚を出すのはひとつのスタイルではありますが、「ちょっとやりすぎ」というレベルだと、「そこまでして男性の気を引きたいのか」思われてしまうおそれがあります。下品にならない程度に留め、TPOや全体のバランスを考慮した装いを心がけましょう。


【2】異様にノリが良い。

明るく元気な女の子は、いるだけでその場が華やぎ、男性にも女性にも好かれます。しかしあまりにもノリが良すぎると、男性に都合良く解釈されてしまう可能性があります。初対面の男性の前で泥酔したり、盛り上がっているからといって、終電をまったく気にしないようなそぶりを見せると、隙アリと判断されるおそれがあるので、気をつけましょう。


【3】スキンシップが過剰。

ボディタッチは、恋のかけひきの技巧のひとつかもしれませんが、感じ方は人それぞれです。ほんの少し指先が触れただけなのに、すっかり自分に気があると思われて偉そうにされたり、スキンシップを愛情と誤解してストーカー化するなど、不本意な事態を招きかねないので、ほどほどにしておきましょう。


【4】知り合って間もない男性に、すぐ心を開く。

「打ち明け話をする」というのは、気になる男性の気を引くテクニックではありますが、知り合って間もなかったり、どんな人物なのかまだ理解していない相手に対して、プライベートなことをさらけ出すのはやめましょう。男性が勘違いして、付け上がるおそれがあります。「そこまで気を許したつもりはない。」と言ったところで後の祭りです。


【5】「マジで。」「ウザい。」「かわいい。」など、ワンパターンな表現ばかり使う。

「マジで。」も「ウザい。」も、時と場合によってはぴったりの言い回しだったりしますが、言葉の使い方がワンパターンで、いつも同じ表現しか出てこない女の子は、引き出しが少なく、奥行きのない人間だと、ある種の男性からは下に見られる可能性があります。相手や話題に応じて語彙を考慮しましょう。


【6】下ネタに乗っかりすぎる。

会話を回すのがうまいと自負している女の子は、周囲の期待に応えようとするあまり、どんな話題にも乗っかりすぎて、必要以上に下ネタに反応してしまうことがあります。「彼女がいると、いつも盛り上がるね。」というキャラクターは、非常にいい持ち味なのに、「下ネタをノリノリで話す人だ。」と思われては、軽い印象になってしまうので注意しましょう。


【7】恋愛経験の豊富さを自慢する。

「恋愛経験の豊富さ」を、魅力だと感じる男性ばかりではありません。なかには、「飽きっぽいのではないか。」「だらしないのではないか。」「真剣な恋を知らないのではないか。」など、邪推する人もいるでしょう。たとえ「たくさんの恋を経てきた」のだとしても、それをわざわざ周囲に知らせるのは、様子を見てからにしたほうが無難です。


【8】「運命の出会い」を連呼する。

「運命の出会い」は、もしかしたら本当に存在するのかもしれません。しかし、あまり何度も「運命の出会い」の話ばかりしていると、本人にそのつもりがなくても「思慮が浅そう。」という印象を与えかねません。本当は含蓄のあることをしゃべっているにもかかわらず、「また言ってるよ。」と軽んじられては損なので、発言の内容はよく考えましょう。


【9】YES、NOをあいまいにする。

風貌が派手だったり、しゃべりかたがうるさかったり、ぱっと見、チャラチャラとした印象でも、ここぞというときに、真顔でビシッと「YES」「NO」を言える人であれば、「普段は軽そうだけど、一本筋が通っている女」として、周囲から一目置かれるに違いありません。結局のところ、言うべきときは言う、という態度が重要なのです。


いかがでしたか?皆さんの経験から、心当たりのあるようなものは挙がっていましたか?ほかにも女の子の見た目や性格によって、「こんなことをすると『軽い女』だと思われてしまう」といった行動があると思います。ご意見をお待ちしております。(松田久美子)